restructure

99 polaris 星は巡る

 ―――その昔、神が死んだ。

 

 神の死とともに、世界も滅んだ。
 そこには、何もなくなった。

 その虚無に残った、神の子がいた。
 神の子は、自らを代償に、世界を同じ形に復活させた。

 この世界は、神の子によって生かされた、新世界である。

 

 

 

  /////////////////////////////////////

 

 

 

「またそれ読んでるのか?」
 声をかけられて、自分の世界から帰ってくる。
 振り向くと、10代半ばの男の子が呆れた顔でこっちを見ていた。
「お前が読んでばかりいるから、その本の角がへたれてきたぞ」
「えっ!? ご、ごめん! 」
「……冗談だって。お前、俺より熱心だし、俺の代わりに神官やらないか?」
「あはは……まだまだ、アテル君の方が詳しいよ」
「詳しいだけで信仰しているわけじゃない。昔の人の作り話としか思ってないぞ。それに、教団内に昔からある伝説では、一般の剣士が神を倒したとも言われてる。どっちも眉唾ものだけどな」
 エメラルドグリーンの短髪を掻いて、アテル君は嘆息混じりに言う。
 思わず、聞いた。
「……アテル君は、作り話だと思う?」
「そう言われても……真実だったところで、それは千年前の話だ。今の時代の俺には信じる証拠が……って、な、なんでそんな寂しそうなんだよ?お前は笑ってた方が……あああなんでもない!!」
「えっ?あ、ごめんごめん、なんでもないよ!」
 アテル君が戸惑った反応の後、なぜか顔を真っ赤にして言った。ぼんやりしてて後ろの方は聞いてなかったけど、気を遣わせたらしいから慌てて笑ってみせた。ど、どうかしたのかな……。
 手に持っていた本を閉じて、『私』は話題転換を兼ねて、うんっとひとつ頷いた。
「お昼ごはんにしよっか!パスタでいい?」
「すっかり台所の主だな……いいよ。いつも悪いな、ステラ」
「ううん!こちらこそ、ここに置いてもらってて、ありがとう!」
「お、おう」
 私が感謝の気持ちいっぱいで笑いかけると、アテル君はちょっと恥ずかしそうに顔を背けた。
 ……アテル君、たまに顔が赤くなるけど、大丈夫かな?持病?なわけないか……。

 

 目の前の本棚に本を戻す。本棚には、教団関連の本がたくさん詰め込まれていた。
 ちょっと見渡すと、この一軒家のあちらこちらにも本棚があって、そのどれもがこんなふうな有様だ。全部、アテル君のお母さんのものらしい。
 台所に行く途中、壁掛けの鏡の前を通りかかった。立ち止まって覗くと、淡い茶色の髪の女の子が、山吹色の瞳でこちらを見ていた。うん、いつもの私だ。
 淡い水色のワンピースに、青緑のマント。マントはアテル君の古着だ。
 ぺちんと顔を両手で叩いた。
「さてと、がんばりますかっ!」
 台所に立って、パスタを作り始める。
 最初、この家に来た時、ほぼ一人暮らしのアテル君のご飯は……こう言っちゃなんだけど、ご飯じゃなかった。素材をボリボリ食べてる感じ。
 栄養が〜!とか、もっと人らしいご飯を〜!とか思ったから、私が自分から作り始めた。前よりご飯らしいものは食べてるはず!料理は得意な方!
 段取りよく作り終えて、ほかほかなカルボナーラが完成。うむ、いつもより盛り付けが綺麗にできたぞっ!
 それを居間のテーブルに置いて、ふと顔を上げると、壁に貼られた世界地図が目に入った。
 私は、フォークを持ってきてくれたアテル君に聞いた。
「アテル君のお母さんが務めてるのは、何処だっけ?セントラクス……じゃなくて、えーっと……」
「……ダオールだ」
「あっ、そうそれ!ここだね!」
 地図上で、『つい探した場所』にその地名があったから、すぐ見つけられた。
 思わず地図に駆け寄って地名を指差し、ちょっとホッとして笑うと、席に座ったアテル君が吐息混じりに言う。
「そんなんで大丈夫かよ……前も言ったけど、セントラクスは、ダオールの前身だ。それも500年前のな」
「そ、そうだっけ……なんか、つい最近、変わった気がして……」
「何言ってんだ……前も、千年前の剣豪が父親だとか言い出すし……お前、『千年前から飛んで来た』みたいだぞ」
「え、えへへ……私すごいね!」
「呆れてんだよ!」
「ほ、ほら冷めないうちに食べちゃおう!」
 アテル君から冷静なツッコミをもらってから、私も席についた。
 熱々のパスタを二人で食べ始める。う〜ん、たまには具材変えてみようかな?いつも同じ材料になっちゃうんだよね……。
 とか思いながら食べてると、アテル君が眉間にしわを寄せていた。えっ、口に合わなかったかな!?
「……ステラ、本当に行くのか?」
「あ……うん。ずっとここにお世話になるわけにもいかないし」
「お前の生活能力が高いのはわかった。けど、また追いかけられでもしたら……」
「大丈夫だよ、私、結構逃げ足速いんだから!いつもアテル君が助けてくれてたから、見たことないと思うけど!」
 本気で心配してくれているアテル君に、私はぐっと拳を握って見せた。
 ……そう。私は今日、3ヶ月、お世話になったアテル君の家から、旅立つんだ。
 見たいもの、知りたいことがたくさんあって……、それに……。
「まぁ、確かにお前の身体能力は意外と高いと思ってるが……」
「でしょ?大丈夫大丈夫!さ、ご飯食べたら旅立つよ!」
「ああ……」
 私が話を打ち切ると、アテル君は歯切れの悪い返事をして、食べる手を再開させた。
 ……私のことを案じてくれながらも、アテル君がついて行くと言い出さないのには、理由がある。彼には彼の人生があるから、それでいいんだ。

 

 ご飯を食べ終わって、いつも通り片付けをして。
 私は、ちょっと隣町に出かけるような気軽さで、玄関のドアを開けた。
 アテル君の家は、ハリマという村の奥にあって、玄関を出ると村全体が見渡せるいい場所だ。アルフィン村みたいな、そんなのどかさがあって、私はこの村が好き。
 いつも通り、鶏さんや牛さんが普通に歩いてる村の景色が見えると思ったら、家の前に人が立っていた。
 薄いピンクのロングヘアーの女の子だった。
「あれっ、ミリエちゃんっ?!」
「ミリエ!? お前、なんでここに……」
 私が驚いて声を出すと、私の後ろからアテル君が飛び出して、女の子の傍に駆け寄った。
 ……素早い行動。アテル君の気がかりは、この子だ。
 いつもきょとんとした顔をしているミリエちゃんは、ぽやんとした目でアテル君を一瞥して言った。
「今日は……調子が良いから。ステラ君が……アテルの毒牙にかかってないか、心配で……」
「ばっ……!!!」
「アテル君の毒ガニ……?アテル君、そんなもの持ってるの?」
「お……お前もなぁ……」
 あわあわ慌てた様子のアテル君に聞いたら、なせか盛大に呆れられた。な、何か変なこと言ったかな?
 ミリエちゃんは、私の前まで来て、不意にふわっと微笑んだ。う〜ん、ほんと、お人形さんみたいに綺麗で可愛い!
「……ステラ君の旅立つ日だから……間に合ってよかった」
「あっ、見送りに来てくれたの?ありがとう!」
 ミリエレーナちゃんは、ハリマ村の地主さんの子なんだけど、生まれつき少し体が弱いそうだ。アテル君とは幼馴染。
 アテル君は昔からミリエちゃんの面倒を見ていたそうで、妹みたいなものらしい。いつもおかしなやりとりをしてるけど、とても大事なのは聞かなくても伝わってきた。
 ふと、ミリエちゃんが私の両手をとった。ぎゅっと握って、私の目を見て言う。
「ステラ君……道中、気を付けてね。遊びに来るの、ミリエレーナは……待ってるから」
「うん、もちろん!アテル君、ミリエちゃんをよろしくね?」
「あぁ。ステラも、本当に気を付けろよ?」
「はーい。アテル君、3ヶ月間、本当にありがとう!また来るね!」
 アテル君からもらったお古のかばんを背負い直し、私は二人に大きく手を振って歩き出した。
 すれ違うお兄さんや、家の窓際にいるおばあさんにも手を振って、陽気にハリマ村を出る。うーん、すっかり馴染んじゃったなぁ。
 ハリマ村は、ナシア=パント樹海の中にある。鳥や動物の声が響き、さわさわと枝葉が太陽と風と踊る森だ。樹海を貫く土の道を、私はウキウキしながら進む。
 いい天気だな〜、ピクニックでもしたい気分!ご飯持ってきてないけど!
 とか思いながら歩いていくと、森の出口辺りに、見知らぬ男の人が木に寄りかかって立っていた。
 彼は私を見て、はっと身を起こした。……う、いやな予感……。
「お前は……ルナ!? この辺りで目撃されたと聞いて張っていたが、まさか……」
「あ、あはは……やっぱり……」
 驚いた顔で言う男の人。予感的中で、苦笑いするしかなかった。
 私はキリッと顔を引き締めて、一足先に行動に出た。先手必勝!
「だから、私はルナさんじゃないですっ!!」

 

 ―――拡いて、クロムエラト。
 私は、捕まるわけにはいかないのっ!

 

 私の背に、透明な蒼い翼が生えた。
 ぽかんとしている男の人の前で、氷の粒で構成された羽をはためかせて、私は一気に空高く飛翔する。肌に触れる大気が、暖かな春風からひんやりとした冷風へと変わる。
 彼が米粒みたいな大きさになってから、私はやっと息を吐いた。
 はぁ〜、危ない危ない……でも空の上って寒いから、早くどこかに降りよう……。
≪派手な逃げ方ね。もっと自然にかわせたでしょう?≫
「と、とっさに浮かばなかったんですもん!でもでも、絶対あとで何処かで噂されちゃいますよね……」
 真横から、女の子の声が呆れ気味に言う。ほんと言う通りすぎて、私はうう~っと頭を抱えた。やっちゃった〜!!
≪噂されたところで、人間が飛んだなんて誰も相手にしないわよ。けれど、しばらくは控えた方が賢明ね≫
「うう、気を付けます……」
 横を見て、私は反省いっぱいに言った。
 空の青が透ける金髪。なだらかに波打つ髪を飾りのようにまとう女の子が、そこに浮いていた。淡い桃色のワンピース姿も、幽霊のように透けていた。
 彼女の山吹色の双眸を見つめて、私はふと聞いてみた。
「そういやカノンさんは、半実体ですけど、寒いとか感じるんですか?」
≪何も感じないわ。そこにいるのは、私の影みたいなものだもの≫
「へ、へぇ……わかったような、わからないような……」
 影ということは、自分であって自分ではないってことかな……確かに影を踏まれても痛くないもんね。
 そんな雑談をしながら、私は降下して、広い平原の小高い丘に降り立った。蒼い羽は幻のようにさあっと消えていく。
 顔を上げて、太陽の眩しさに目を細めた。手で日差しを避けて、眼前に広がる景色に声をのみ込んだ。
 何処までも真っ青な空の下、地平線に霞む遠くの街の影。点在する森には、遠目からでもわかるほど花が咲き乱れ、その間を埋めるように存在する村々からは、鶏の鳴き声や焚き木の煙が上がっている。少し遠くの湖はキラキラと水面が輝いて、さざ波ひとつひとつが宝石のようだった。
「うん……世界って、綺麗だなぁ……」
 そして、広いなぁ。そんな当たり前のことを、私はしみじみと思った。
 かばんから地図を取り出し、太陽で方角を確認してから、私は風渡る爽やかな平原を進む。

 千年前、神様が死んだ。
 世界も滅んだけど、神の子が復活させた。
 神の子は消えたけど、いつの日か再臨し、世界を祝福する。
 この国で今、信仰されているアテルト教は、そう、かく語る。
 ……ちなみに、アテル君の名前の由来は、その教団名から来てるらしい。信仰心が薄い本人は複雑そうだったけど、古い言語で<祝福>って意味なんだよって言っておいた。

 

 で。
 私がその、神の子なんだって。
 ……全っ然、覚えてないけど。

 

 私は、3ヶ月前、ナシア=パント樹海の中で目が覚めた。……らしい。
 そこを、通りかかったアテル君が拾ってくれたんだけど……どうも私の記憶と、今の世界が一致しない。
 私の記憶では、私はシャルティアという国のアルフィン村で生活してて、ヒースというお父さんがいるはずだった。
 でも、ここは、テルメアという国で、アルフィン村は存在しない。お父さんは、千年前に亡くなった剣豪とされている。
 ……どうやらここは、私が知るより千年あとの世界らしい。ところどころに知っている地名や名残もあるけど、知らないものも多い。
 なんだか、自分の知る世界と、少しズレた世界に迷い込んだ気分だった。少しずつ覚えているけど、やっぱり千年前の知識は抜けない。

 

「そういえば……」
 ふと、あることに気が付いて、私は背後に浮くカノンさんに声をかけた。この人、たまに本当に幽霊みたいなんだよね……。
「アテル君のお母さんは教団の大司教らしいですけど、アテルト教団には、グレイヴ教団と違って教皇様はいないんですかね?」
≪いるわよ。シャンティエと呼ばれるけど、永久空位らしいわ≫
「シャンティエ……混沌神語で≪従者≫?うーん、でもちょっと意味が違うような……その場合は、どっちかというと、人を意味する『シル』がついてシャンティシルですかね?」
≪そうね。『イエ』は人というより、物に使われる言葉ね≫
「そうですよね……っていうか、カノンさん、なんでアテルト教団について詳しいんですか!? 私以外とはリンクできないんじゃなかったですっけ?」
≪これでも、アンタ以外にも話し相手がいるのよ。そいつが教団所属だから≫
 私が知らないことを知っていたからか、なんとなく得意げな態度でカノンさんは言った。だ、誰だろう……気になるじゃん!?
 ……この、不思議少女カノンさんは、私より先に生まれた神子らしい。つまり、私のお姉さんだ。
 アテル君がいなくなった時に現れて、私が千年間眠っていたこと、私が教団に伝えられる神子であることを教えてくれた。ちなみに彼女の本体は、このエオスにはなくて、ユグドラシルにあるそうだ。まぁ、本体は意識体で、実体は持ってないらしいけど……。
 彼女が言うには……私の記憶は、生まれた頃……千年前の出来事のちょっと前に生まれたそうだけど、その頃に戻っているらしい。だから、自分が世界を救ったとか、いろんな人と旅をしたとか、そんな覚えもない。

 

 地図とにらめっこしながら、私はうーんと唸った。
「さすがに徒歩だと、セントラクス……違った、ダオールまで5日はかかりそうですね……飛んで行こうかな?」
≪クロムエラトを便利な道具のように使うのは控えなさいよ……オースがまったく存在しない現世界では、アンタは自分の力しか頼れないんだから、使いたい時に使えなくなるわよ?≫
「……確かに。逃げなきゃいけない時にヘロヘロなのはまずいですね!」
 私は自分のボルテオースしか知らなくて、オースを見たことないけど……そのオースが溢れてる世界だったら、使い放題だったのかな?ちょっと残念……。
「ところで、カノンさんもクロムエラトって使えるんですか?」
≪そうね。アンタより、構築速度は早くないけれど。こうしてエオスに干渉しているのも、自分で術式を編んだからよ≫
「あ、そういうことか……クロムエラトって便利ですね!」
≪だから便利な道具のように……まぁ、前向きなだけマシね。今のアンタは神として完成されてるから、暴発もないでしょうし≫
 脳天気な発言をする私に、額を押さえて呆れ気味のカノンさん。たわいない雑談しながら、私たちは平原を往く。
 やがて夜になって、私たちは川辺で一晩越すことにした。……カノンさんは寝ないから、正確には私だけだけど!
 さらさらと流れる水の音を聞きながら、昼間の温かさも抜け切ってひんやりした原っぱに寝転ぶ。
 視界を埋め尽くす煌めく星々が、透きとおった夜天に敷きつめられていた。
「うわぁ……この辺は明かりがないから、星がよく見えますね〜……」
≪……そうね。ユグドラシルも綺麗だけれど、エオスも美しいわ≫
 思わず手を伸ばしてみる。指と指の隙間に、一際目立つ星が見えた。


 ……星は……星空の夜色は、好きだ。アテル君の家にいる間も、一人で夜に見上げていた。
 なんだか……見上げていると、懐かしい気持ちになるんだ。
 何が懐かしいのかわからないけれど……その想いが行く先に、『探しているもの』がある気がして。
 私が知らない「千年前」に、手が届く気がして。

 

「………………」
 ……アテル君が、教団の教典を事実だと思わないのも無理もないよね。私だってカノンさんから聞いただけで、実感ないもん。ちょっと不思議な力が使えるって感じしかしない。
 でも……今の私には、これしか『手がかり』がないから。
「……おやすみなさい、カノンさん」
≪ええ……おやすみなさい、ステラ≫
 ふわりと霧散して姿を消すカノンさんを見届けて、私はそっと目を閉じた。
 今夜もまた、同じ夢を見た。

 

 

 

  /////////////////////////////////////

 

 

 

「あたし前、夜に見たのよ!月夜を歩くすっごく美形の方が!美しすぎて見惚れてたら、いなくなっちゃったの!!」
「やだそれ、ここに昔からある怪談話よ!本当にいるのね!?」
「ええ〜〜っ、幽霊でもいいからお近づきに……」

 

「ご、ごめんなさーい!!! どいてくださーいっ!!」

 

 きゃーきゃー楽しそうな女性神官さん達に、声を張り上げた。
 彼女たちがきょとんとした隙に、私はその間を全速力で駆け抜ける。私の全速力なんてたかが知れてるけど!なんなら今、クロムエラトのルードシェオで少し力を増幅させてるけど!!
「……今の、ルナ?」
「ルナだったわ!!」
「ルナはそっちか!?」
 女性たちの声と、さらに遠くから男性の声が真後ろから響いてくる。肩越しに後ろを確認すると、こっちを指差してるさっきの女性たちと、追いかけてくる男性神官さんが見えた。
「も、もう勘弁してくださいぃ〜〜!!! 肉体的にもクロムエラト的にも、もう疲れ切ってて無理だってば~!!」
≪それだけ叫べるならまだ大丈夫ね。次の突き当たりは、右の方が空いているわ≫
「カノンさんスパルタすぎませんかっ!?」
 声だけ響いてきたカノンさんの声に言い返して、半泣きで駆ける私。
 隠れて走って、私はなんとか追っ手を巻いた。我ながらすごいぞ! ……カノンさんの指示通りに走っただけだけど!!
「はぁ、はぁ……つ、疲れた……うう、やっぱ無謀だったかも……」
 角の壁に張りついて、私はちょっと自分の無計画さを後悔した。神子だとか聞いて浮かれてたかも……。
 角から通路に顔を出すと、誰かの走ってくる音が響いてきて、慌てて頭を引っ込めた。
「いたか?」
「いや、こっちには見なかった」
「何処行ったんだ……」
 二人の男の人の声が近付いてくる!慌てて静かに奥へ移動して、私は忍び足で駆け出した。い、いつまで逃げればいいの〜!
 ――アテルト教団総本山、ダオール。その中心に立つ大聖堂の前に立った途端、番兵の神官さん達がはっと目を見開いた。

  『る、ルナ!?』

 だよねー!って思って、私は逃げ出した。
 大聖堂の周りを走り、裏口があったのでそこから入り込んで、中で別の神官さんとばったり会い、同じような反応をされたからさらに逃げて……大聖堂の中をひた走ってるのが今。もう大聖堂は大騒ぎだよ……。
 ……よく知らないけど、教団では、「ルナ」っていう人を探しているらしい。その人は、私にそっくりらしくて、神官さんに会うといつもこんな反応をされる。
 追われる理由がわからないし、捕まって神子だとかバレたら、申し訳ないけどちょっと面倒くさそうだから、いつもこうして逃げてる。ってゆーか、私ルナさんじゃないし!!

 

「……ルナさん、か」
 ぽつりとその名を呟いた。姿を見たわけじゃないし、どんな人かは知らない。
 カノンさんが言うには、私は千年前も同じように間違われて、襲われていたらしい。
 私の複写元になった「ルナ」って人と。
 ……今の時代、ルナさんはすでにいないはず。いても子孫とかだろうし。
 だから……きっと、これは、「私」を探してる。

 

 私が、千年前に生きたルナさんとそっくりなことを知ってる人が、教団にいる。

 

 千年前のことを知っている人なら、『私の探し物』についても、知ってるんじゃないかって。
 ……まぁ、千年間を生きているカノンさんは、たぶん全部知ってると思うけど。彼女は、あまり千年前のことを話そうとしない。
 前に、過去の私について聞いてみたら、≪今のアンタには関係ない昔話よ。そんなことより今を生きなさい≫って言われた。確かに昔の自分を聞いたところで、私は全然覚えてないし、ふーんってしかならないなって思って、それ以来聞いてない。
 それに……これは私の旅だし、自分で探したいんだ。

 

≪ステラ、この通路の先にも神官がいるわ。後ろも厳しいわね≫
「ええっ?! ど、どうしよう……!」
 私は控えた声で言って、わたわた立ち止まった。
 ど、どうしよう、挟み撃ちにされちゃう……!ど、何処か隠れるところは……!?
 きょろきょろ周りを見渡すと、手前に、左に伸びる薄暗い通路が見えた。
 急いで駆け寄ると、所狭しと箱や物が置かれていて、私が隠れるにはちょうどよさそうな隙間があった。
 神官さん達の声をかわすように通路に飛び込んで、なんとなくフードをかぶりつつ、私は息を殺して、物陰にしゃがみ込んだ。
 ばたばたと、さっきまで私が走っていた通路を人が通っていく。
「おい、この通路はもう少し静かに……怒られるぞ?」
「ああ……そういや、大司教にそう言われてたな。なんでだっけ……?」
「よく知らないが、物凄く怒るから……」
 神官さんたちの声が遠ざかっていく。
 大司教って……アテル君のお母さんだ。せっかくだから、何処かで会えるといいな。にしても、このあたりは静かにしないと怒られるんだ……隠れるにはちょうどいいかも。
 いつの間にか息も止めていた私は、ぷぱっと息を吐き出した。
「はあ……大人しく連れられていったほうが楽かなぁ……」
 けど、一応私は、教団の教典に載ってる神子なわけで……一目でバレたりしないとは思うけど、何かの拍子でバレたら……うう、ちょっと想像するの怖い!取って食われはしないと思うけど怖い!
 それにしても……ずっと走ってたし、クロムエラトもずっと使ってたから、さすがに疲れたよ……。
≪しばらく人気がなさそうだから、ここで少し休んだ方がよさそうね≫
「ちょうどよかったです、ヘトヘトでしたもん……しばらく誰も来ないといいなぁ……」
 やっと腰を下ろして休憩できたから、少し元気になってきた。帰る時にまた、同じようにルードシェオ全力疾走はできそう……も、もっと気軽に帰りたい……。
 壁に寄りかかって目を閉じると、まぶたの裏に星がきらめいた気がした。

 

 

 ……毎日のように、夢を見るんだ。
 誰かの隣で、星空を見上げている夢。
 繋いだ手があたたかくて……

 

 私の作り出した夢なのか、生まれた時からあるものなのか、それとも……失われた記憶で、唯一残ったものなのか。今の私にはわからないけど。
 もし唯一残った記憶だったとしても、その人にはもう会えない。……だって千年前だし。
 でも、その人の顔も、声も……何も知らないことに、切なくて、悲しくて、胸が苦しくなる。
 宝物のような……とても、大事な人だった気がするんだ。
 この気持ちだけは、今ここにいる私だけのものだから。

 

 ……その人を知りたい。
 あなたは、誰?

 

 千年前を知る人が、教団にいるなら。
 もしかしたら、夢のあの人のことも、知ってるんじゃないかって……。

 

 

 目を開くと、心身が落ち着いてきたからか、やっと周囲の様子が目に入った。
 私が逃げ込んだこの通路は、どうやら倉庫の前だったらしい。埃っぽくて薄暗くて、私が隠れている木箱をはじめ、たくさんの物が奥のドアだけ避けて置かれていた。
 積み上げられた木箱を覗くと、白いキャンバスやたくさんの筆、難しそうな分厚い本などなど、いろんなものが綺麗に整頓されて詰め込まれていた。木箱の隣には、大きな笛らしい楽器もある。教団の聖歌隊とか、画家さんが使うのかな……?
「……外が落ち着くまで暇だし、大聖堂見学でもしようかな?」
≪大聖堂の倉庫を?≫
「そ、そうですけど……暇なんですもんっ!」
 呆れた声でカノンさんに言われた。ま、まぁそうだけど!暇なんです!!
 とりあえず、ドアに近寄って開けてみた。

 

 中は、思っていたより……というか、かなり明るかった。外の乱雑さを見て倉庫だと思ってたら、どうやら普通の部屋だったらしい。
 大きめの窓から差す淡い日光が、部屋をまんべんなく照らす。部屋の中は……外の様子と同じく物が多かったけど、通路と違って散乱していた。
 自立するイーゼル、床に置かれたパレット、積み上げられた書物や紙の束、壁に立てかけられた楽器。白壁や床のあちこちに乾いた絵の具が貼りついていて、汚れた布や紙が無造作に置かれていた。
 ……なんだか独特の空気が漂う、芸術的な部屋だった。私は嫌いじゃないけど……綺麗好きの人が見たら卒倒しそう。ミリエちゃんとか。
 そんなふうに、密度が濃くて賑やかそうに見えるのに……それらを、窓から差す日光が真っ白に照らしあげるからか、音も空気も、何もかもが凍りついたような静けさだけが支配する。水中を歩くような、何処となく息苦しくて、ねっとりとした空気が漂っていた。
 同じ大聖堂内なのに、喧騒は、遥か遠くのようで。
 部屋の真ん中に立つイーゼルには、キャンバスが立て掛けられていた。
 そこに鮮やかな色彩で描かれているのは、一面の花畑と、そこに立つ女の子……なんだけど……、
「……顔がない」
 その子の顔には、目も鼻も口も描かれていなかった。
 描きかけなのかと思ったけど、背景や手前の花や、女の子の服などは丁寧に描き込まれていて、本当に顔のパーツだけが描かれていなかった。
 コツンと、爪先に何かが当たった。
 見ると、イーゼルの周りに、丸まった厚手の紙がたくさん転がっていた。手にとって開いてみると、風景は違えど、同じように、顔のない女の子が描かれた絵画だった。ほかの紙も拾って開いだけど同じだった。
 ……ちょっと、並べて見るとホラーな感じだけど……、
「……描けなかった……のかな」
 その女の子だけが、どうしても描けなかったように見えて。
 描けなくて、諦めて、捨てて、また筆をとって、描けなくて、捨てて……
 だって、画中の女の子は、みんな同じ特徴だ。淡い茶色のセミロング。……あれ、偶然だけど私と似てるや。
 これを描いた人は……なんで描けなかったんだろう?

 

「……あれ?」
 ふと、イーゼルの向こうに重そうな書斎机があることに気付いた。
 その机に、人がいた。
 右手に羽ペンを持ったまま、机に伏せている。たぶん男の人。室内なのに旅装のようなローブを羽織っていた。銀の髪が、開かれて置かれた分厚い本の上に突っ伏していた。
 近付いてみると、イスの上で丸まった背中が、規則的にかすかに上下してて……倒れたんじゃなくて、寝ちゃったのかな?
 とか思ってたら、この静寂を破るように、部屋の外から大きなヒールの音が響いてきた!
「シャンティエ!!! 起きてるか!?」
「わっ、わっ?!」
 逃げなきゃ!って思った瞬間に、低めの女性の声とともにドアが開いた。に、逃げる暇もなかった!!
 ……あれ?シャンティエって、どこかで聞いたような……。
 現れたのは、やっぱり白い神官服を着た女性だった。30代くらいの、お母さんって感じのベテランっぽい人。
 エメラルドグリーンの髪の彼女は、綺麗な眉を困ったように寄せた。
「ああ、ったくまた机で寝落ちして……ベッドで寝なって何度も…………おや」
 気付かなかったらしく、喋ってる途中で、女性のワインレッドの双眸が私を向いた。
「えっと……あ、あはは……お、お騒がせしてます……」
 正直、絶体絶命な私は、乾いた笑いしかできなかった。ど、どうしよう……出口はあそこしかないよ!
 私が内心びくびくしていると、神官さんは突然大笑いしはじめた。
「あはは!! なんだ、ここにいたのか。なら、もうお役目御免だな。先祖の肖像画が役に立ったよ。騒動を早く鎮めてこないとね」
「えっ?えっと……?」
「ああ、疲れただろ?ゆっくりしていきなよ。もう君を追いかけ回さないからさ。そいつ、起こしていいよ」
 神官さんはそれだけ言うと、私を捕まえずに部屋から立ち去った。な、なんだったの……?嵐のような人だったな……。
 私が目を白黒させて突っ立っていると、すぐ後ろで物音がした。
 振り返ると、机の上で寝てた……「シャンティエ」っていうらしい男の人が、起き上がるところだった。
 ……そういえば、シャンティエって、カノンさんが言ってた……永久空位だっていう、アテルト教団教皇のことだ。私はその言葉の意味を噛み砕くのに、もやもやしてて……、
 今、不意に、しっくり来る言葉が浮かんだ。
 「シャンティエ」は……≪従者≫というより、≪部下≫というより……≪下僕≫だ。

 

 彼が振り返る。
 至近距離で、寝起きのダークブルーの瞳と目があった。
 その目が見開かれるのには、そう時間はかからなかった。
 ……そして私も。

 

「……あ……」

 

 その目を見た途端、動けなくなった。
 心を絡めとられたみたいに、何も考えられなくなって。
 星空のような深い藍色から、目が離せなかった。
 なんで?
 わからないけど、わかる。
 私は……この色を、この瞳を、探していたんだって。

 

 銀色の髪が、柔らかな陽に煌く。
 至高の美術彫刻のような、とても綺麗な顔立ちの男の人だった。私より少し年上に見える。
 私が見入ったダークブルーの両目に、間抜けな顔をした自分が映り込んでいた。
 ……知らない人だ。
 でも、知ってる。
 奇妙な既視感。
「あ……あの……あなた、は……」
 なぜか喉が震えていた。私がやっとのことで一声発すると、彼は静かに手を伸ばして、いつの間にか私の目尻に浮いていた涙をそっと拭ってくれた。……私、泣いてた……?
 男の人が口を開いた。
「……先に名乗れ」
「はっ!そ、そうですよね、すみませんっ!私はステラといいます!」
「……ステラ」
「は、はいっ」
 落ち着いたトーンの声が、確かめるように復唱する。……私を凝視したまま。な、なんか恥ずかしい!目を逸らしたい!!
 私がどぎまぎしていると、彼はすっと立ち上がった。
 イーゼルの前の丸イスに移動し、横の小さなテーブルに置いてあった筆とパレットを手に取った。
 ぽかんとしている私をよそに、キャンバスに筆をのせ始める。
「えっ?あ、あの……お、お名前……」
「動くな。座れ」
「は、はあ……」
 よくわからないけど、ぶっきらぼうにそう言われて、さっきまで彼がいた書斎机の革イスに座る。いかついイスだと思ってたけど、思ったよりふわふわしてて座りやすかった。
 ……静かだ。外からの鳥の鳴き声と、彼のローブが擦れる音、筆がキャンバスを叩く音しか聞こえない。
 時折、彼の目がこちらを向いて緊張するくらいで、ずっと過ごせそうなほど落ち着く空間だった。

 

「……ディアノスト」
 ぼーっと空気を堪能してたら、不意に、男の人が手を休めないまま言った。
 聞き流しかけて、はっと私は我に返る。
「えっ?<永久の……>? ……あっ、お名前ですか?ってことは、ディアノスト様?」
「ノストだ」
「……略れってことですか。じゃ、ノスト様?」
「様もいらねぇ。教皇命令だ」
「職権濫用ですよっ!?」
 教皇様だから様付けって思ってたのがバレてたらしく、私が言い返す前にそれを潰してきた。
 こ、この人……できる!でもやっぱり教皇様だし……それに、言いなりになってるのが悔しい!せ、せめて……、
「えーっと、じゃあ……ノストさん」
 私が悪あがきで「さん」付けで呼んでみると、ぴたっと彼の筆の動きが止まった。えっ?何か悪かった?
「………………」
「な、なんですか?」
 ノストさんは、少ししてすぐ動き始めた。筆だけを動かしながら言う。
「……馬鹿は死んでも変わらねぇな」
「た、確かに馬鹿ですけど、なんですかそれ?!」
「寝起きの順応性の高さも馬鹿だからか。勝手に再構築して消える迷惑女は気楽だな。てめぇの思い通りにはならねぇ。詰めが甘い」
「え、えっと、あの……」
 さっきまで口数が少なかったのに、ノストさんは途端に饒舌に、嫌味と皮肉を喋り出した。
 これは、初対面でもさすがに勘付くけど……もしかして……怒ってる?

 

「……お前は真性の馬鹿だ」
 満足したように、ノストさんはそっと筆を置いた。
 もう動いても良さそうだったから、私は近寄って、彼の横からキャンバスを覗いてみた。
 未完成だった、少女の絵。そこに、さっきまではなかった表情が描き加えられていた。
 花畑にたたずむ、笑顔の私だった。
「……ずっと、ここで?」
「千年だ。寝坊が過ぎる」
 彼の胸元で、何かが白い光を反射した。大振りな首飾りだった。繊細な意匠の枠に囲まれた、虹色にきらめく石。
 ……きっと、この部屋の密度が高く感じられるのは、物の多さだけじゃない。
 ずっと、ここで待っていたんだ。
 千年という時間は、言葉以上に濃密だ。
 千年あれば、千通りの年があって、その一年の毎日毎日に彼の心はある。
 日々、ここで過ごした彼の時の重さも、澱のように沈殿しているんだ。
 いっそすべて忘れて、何も感じずに生きた方が楽だっただろうに。
 だけど……千年経っても、目の前のこの人は、ずっと、一点だけを見つめているんだ。
「……理由を探している。お前のためじゃねぇ」
 私の思考を読んだように、ノストさんはぶっきらぼうに言った。乾いた声音には何の感情も含まれてなくて、だからこそ真実を言ってると伝わってきた。
「それは……見つかりそうですか?」
「お前次第だ」
「わたし、次第……」
「気にかけるな」
 私次第で見つかるかもしれない、彼が探している理由。それがなんなのか、私にはよくわからなかった。
 でも、気にしなくていいなら……私が思うことは、ひとつ。

 

「……なら、ノストさん」
 私は、ノストさんに手を差し出した。
 なぜか彼の瞳が、ほんの少し震えたように見えた。
 今、私が思うのは……私が願うのは、たったひとつだ。
「私、旅を始めたばかりなんです。千年前のこと、昔と違う世界、まだ見たことない景色とか……見たいもの、知りたいことが、たくさんあるんです。一人より、二人の方がもっと素敵な旅になると思うんです。だから……」
 失った記憶を取り戻すためじゃない。そんなものに、今は意味はない。
 もっと、いろんなものを、この人と一緒に見たい。
 この人と、同じ時を過ごしたい。
 今ここにいる「私」は、今ここにいる「彼」と、思い出を作りたいんだ。

 

「―――私の隣に、いてくれますか?」

 

 きっと、千年前のあなたが、千年前の私の隣にいてくれたように。
 彼のダークブルーの目が、私を見つめていた。
 長い間、私たちは見つめあっていた。
 ……やがて、ノストさんが目を閉ざした。
 小さく、息を吐いた。
 ずっと張っていたものが、緩やかにほどけていくようだった。
「……馬鹿が」
 差し出した私の手に、彼の手が触れた。
 ぎゅっと握りしめた手は、あたたかかった。
 私の瞼の裏に広がる、何度も見た星空の情景。
 ずっとずっと、このあたたかさに出会えるのを、待っていた気がした。
 気が付いたら、私はまた、ぽろぽろ涙をこぼしていて。

 

 この気持ちを、ちゃんと伝えたい。
 ううん、伝えなきゃいけないんだ。
 これはきっと……千年前の私の心残り。
 今の私も、昔の私も、この気持ちだけは同じだ。

 

「ノストさんが――いてくれて、よかった」

 

 私は、笑った。
 自然と、何もかも手放せられた無防備な笑顔ができた。
 キャンバスに描かれた、透き通るような優しい笑顔と並んで、私は心からの笑みで彼に笑いかけた。

 

 ―――はじめまして、私の大切なひと。