raison d'etre

64 この先にあるもの

「あっ、ご飯できたんだ。そうそう、お腹ペコペコだったんだよ~」
「ちょっと待て、盛ってやる」
 ふと、ルナさんは私の手元のお皿を見て、思い出したようにお腹を押さえた。イソナさんが仕方なさそうに笑って、新しいお皿にゆであがっていたパスタを盛っていく。
 ルナさんは立ち尽くしているノストさんと、唖然としている私をよそに、私の正面の席……さっきまでイソナさんがいたイスに座る。すぐに彼女の前に、イソナさんがスパゲティを差し出した。
「わ~、パスタ久しぶり!やっぱり食べ物の中だと、パスタが一番おいしいよね!」
「……え、あ……そ、そう……ですね」
 フォークを握って嬉しそうに笑い、私に同意を求めてきたルナさんに、私はぼんやりしながら頷いた。ルナさんも、パスタ好きなんだ……あれ、もしかしてイソナさんが私の好きなもの当てたのって、ルナさんがパスタ好きだから?
 くるくる麺を絡めながら、ルナさんは目をノストさんに向け、そこで彼の右手に握られている物に気が付いた。
「あれ……それ、ジクルド?話に聞いてた特徴が一致するし……ってことは、君がノスト?」
 名前を当てられたノストさんが、ジクルドを消しながら、少し怖い目でルナさんを振り返る。ルナさんはモグモグ食べながら1つ頷き、パスタを飲み込むと。
「じゃあ、初めまして。同じ師匠の弟子だったけど、会ったことなかったよね。よろしくねっ」
「………………」
 優しい笑顔で挨拶をするルナさんを、ノストさんは何処か警戒したような目で見返した。もちろん返事もしない。
 その様子に、ルナさんは少し不思議そうな顔をしてから、「あー、なるほど」と一人で納得した。
「そっか。君にとっては、ステラの方が『先』なんだもんね。ステラと似た顔がこんなこと言ってたら、そりゃ変な感じするよね~」
「ルナ、生まれたのは……」
「生まれた順番とか、人間だとか人間じゃないとか、そんなの関係ないよ。大事なのは、その人がどっちに先に会って、どんなふうに過ごしてきたかだよ」
 後ろからのイソナさんの言葉にきっぱりそう返し、ルナさんはのん気にパスタを食べる。ずっと呆然と彼女を凝視していた私にようやく気付き、ルナさんは私に笑いかけた。
 綺麗で、優しい笑顔。……私とは、大違いな。

「……ルナ……さんは……」
 私とは、大違いすぎて。
「ルナさんは……私が……嫌じゃ、ないんですか……?」
「ん?どうして?」
 掠れる声でかろうじて、そう聞くと。ルナさんは目を瞬いて、私を見つめてきた。
 まるで、私が、自分と同じ顔をしているってことに、気付いていないみたいに。
「……どうして」
 ……私は、こんなにも動揺してるのに。
 どうして、貴方は……

「―――なんで、そんな平然としてるんですかッ!!!」

 ダンッ!!と、乱暴な音がして腕が痺れた。手に持ったままだったフォークがお皿の縁に当たって、高い音が鳴る。
 テーブルを叩きつけて立ち上がった私は、驚いた顔をしている正面のルナさんに言いつめる。
「なんでっ、どうしてなんですか!! どうして貴方は、私を見ても、怒らないんですかっ!!」
「ステラ」
「ノストさんは黙ってて下さいッ!!」
 横からかけられたノストさんの声を乱暴な言葉で押さえ込み、私はまっすぐルナさんを見据えて……ううん、睨みつけて言う。
「私は、貴方と同じ顔してるんですよっ!? 貴方の記憶も少し受け継いでるんですよ!? なのにっ、どうして……どうして……!」
 ……どうして、怖がらないの。

 自分が嫌だ。こんなに優しい人の複写だなんて。
 そんな人と、同じ顔をしてるなんて。
 ルナさんは、私とは、大違いなんだ。眩しすぎて。
 それなのに、同じ顔をしてるなんて。
 自分が劣ってるって、突きつけられた気がして。

 その嘆きをルナさんにぶつけるのはお門違いだって、ちゃんとわかってた。
 でも、目の前にそう思わせた本人がいると、あふれ出した気持ちは収まらなくて。
 ルナさんは、思いを吐き出し肩で息をする私を、静かに見据えて……不思議そうに言った。
「うーん……じゃあ、私が怒ればいいのかな?」
「……!!」
 ……それを聞いて、自分のゴチャゴチャした気持ちの中身を知った。
 要するに……私は、非難されたかったんだ。こんな凄い人と同じ顔をしてる自分は、いけない存在なんじゃないかって思って。
 だけど、ルナさんのその言葉を聞いて、私はドキっとした。
 ルナさんが、フォークを置いて席を立つ。誰も動かない中、テーブルの回りを回ってきて、彼女は私の傍で立ち止まった。
「……あ……」
 ……ルナさんは、もう笑っていなかった。見上げたワインレッドの双眸が、私をまっすぐ射抜いていた。
 体が、震えてた。
 ……怖い。怒ってほしいって言ったのは、自分だけど……こうして前にすると、怖い。
 だって、自分の存在が否定されるようなものだから。
 声が出ない。足が震えて、立っているのがやっとだ。
 ただ、目をぎゅっと瞑ることしかできなかった。
 ルナさんの声を、じっと待つ。

 ふわっと、温かい風を感じた。
 えっ?と目を開くと、視界はオレンジ色に染まっていた。
 それから、温かい何かに包まれている感覚に気付く。
 ……え……?な、なに……どういう……こと……?
「怒らないよ」
 何が起きてるのかわかってるから、わけがわからなくて混乱する私の頭の横で、ルナさんの声がした。
 突然、私をぎゅっと抱きしめたルナさんは、柔らかい声で言う。
「そんな悲しいこと言わないで。君は君。私は私。どうして怒らなきゃならないの?私と君、違うから、こうして会えたんだよ」
 ……あったかい。
 そういえば私……誰かに抱きしめてもらったの、初めてだ。記憶にあるだけで。
 ……すごく……安心する……。
「……で、でも……私のこと、嫌じゃ……ないんですか……?」
「嫌じゃないよ。言ったでしょ?私は、ずっと君に会いたかったんだよ。いつか私に会いに来てくれるのかなって、待ってたんだ」
 腕を緩めて少し離れたルナさんを、私が不安を隠し切れていない顔で見上げて問うと、ルナさんは当然のように、私と似た顔で微笑んで言った。
 大人っぽくて、優しくて、柔らかくて、あたたかな笑顔。
 ……私を、待ってた。
 「私」を。
 「ステラ」を。
 複写じゃなくて、私を。

 ……何かが、込み上げてきた。
 喉がつかえて、息ができなくなる。
 声を出そうとしても、掠れた声しか出なくて。
 熱い目の奥から、熱い雫が溢れ出すのがわかった。
「………………、うっ……わぁぁああぁあああ―――っっ!!!!」
「ありゃりゃ、泣かせちゃった」
 いきなり自分の腕の中で泣き出した私の頭を、ルナさんは言葉とは反対に困ったふうでもなく、子供をあやすように撫でてくれる。その手が優しくて、また泣きそうになる。
 私はお母さんに泣きつく子供みたいに、ルナさんに抱きついて泣いた。

 ルナさんに抱きしめられたまま、私は周囲も気にせず、ただずっと、声が嗄れるまで泣きじゃくった。
 ただ、ずっと胸の奥に張りつめていた不安が、急激に溶けていくのを感じていた。

 

 

 

  //////////////////

 

 

 

 ドアを開いて、硬直した。
 どうやら今、入ろうとしたところだったらしく、すぐ目の前にノストさんが立っていた。
 ノストさんは、私の顔を見下ろして。
「なな何も言わないで下さいぃいいっっ!!!!」
 何か言われる前に、私はばっと飛び退き顔を両手で覆って後ろを向いた。すばらしい反応速度!すっごく恥ずかしくて、顔が真っ赤になるのがわかった。
 う、うう……!凄く泣いたから、目が腫れてるんだよ!! 顔を洗って、鏡を見て、うわぁひどい顔……って思って、部屋を出ようとしたらこれだ!み、見られた……い、いやこういうの何度も見られてるんだけど、やっぱり見られたくないよー!!
「ひゃっ!?」
 不意に、頬に凄く冷たいものが当たった。びっくりして横を見ると、ご丁寧に手頃な布に包んだ氷を、ノストさんが後ろから差し出していた。
「あ、ありがとうございます……前から思ってたんですけど、ノストさんって、気が利きますよね……」
「確かに、馬鹿には考えつかねぇか」
「う……」
 振り向かないままそれを受け取って、私が思ったことを言うと、後ろの方からノストさんがそう言ってきた。思わず言葉に詰まる。う、う~ん……確かに私は、あんまり気配り上手ではないかも……自分のことで精一杯だし。
 今、ノストさんが私の顔を覗き込んでこないのもまた、彼の気遣いなんだろう……何気なく、冗談とマジメをちゃんと区別してるんだよね。
 氷を、熱を持っている瞼に当てる。あー、気持ちいい……。
 さっきのことを思い返す。怒ってって喚き散らしてた、さっきのこと。我ながら、嫌な奴だったなぁ……と、小さく苦笑いする。
「なんだか……スッキリしました」
「凡人の分際で俺の干渉を跳ね除けてやかましく騒いでたからな」
「あっ、え、えと……あ、あはは…………ごめんなさい……」
 そういえば私、声をかけてきたノストさんに黙ってて下さい!!って言ったんだ。うわあ……ひどいこと言っちゃったなぁ。ノストさんは、私を心配して声をかけてくれたんだろうに。
 いつもみたいに嫌味っぽく言ってきたから、私は声だけで背後の彼に謝った。いつもならそこで終わるけど、今日は続きがあった。
 ぽん、と頭の上に何かが置かれた。
「え?」
 何だろうと、上を見上げると……手があった。傍には、ノストさんが立っているのが見えた。
 ノストさんは、私をただ見下ろしていた。私も、ただ彼を見上げて……はっと、目の腫れのことを思い出してうつむいた。その頃には、頭の上から彼の手は消えていた。
 な、なんだろう……頭ポンってされた。というか撫でられた?なんで?
 うーん……今までノストさんのわかりづらい言葉とか、頑張って理解してきたけど、今回は何も言わないしお手上げかも……。
「用は済んだのか」
「あ……イソナさんと話すって用ですか。そうですね、大体は……でも、あははっ……私が立ち向かってイソナさんと仲良くなるはずだったのに、私の方がルナさんに諭されちゃいました」
 すぐ後ろから聞いてくるノストさん。私は頷いてから、それに気付き、おかしくなって笑った。
 私が喚き散らしても、怒らず、抱きしめてくれたルナさん。微笑んで、自然体で私を受け入れてくれるルナさん。そんなこと……きっと、普通はできないよ。
「ルナさんって……本当に、素敵な人です。だから……」
 私は、ノストさんを振り返って。それから……微笑った。

「……だから、ノストさんにも、ルナさんのこと、ちゃんと見てほしいです」

「………………」
「私、ずっとノストさんに助けられてきました。みんなが私にルナさんを見る中、貴方だけは、ずっと『私』を見てくれた。ルナさんじゃなくて、馬鹿な私を。それに気付いた時、私、凄く嬉しかったんですよ。『私』を、ちゃんと見ていてくれた人がいたことが」
 ノストさんは、きっとそんなつもりなかったんだろうけど、それでも、凄く嬉しかったんだ。今も、まだ覚えてる。
 ちゃんと言っておきたい。気持ちは言葉に出すと軽くなるけど、でも私は、こんなに感謝してるんだよって。
 きっと、ここに私がいるのは、全部、貴方のおかげなんだよって。
「ここまで来るまでに、いろんなことで助けられました。私、すっごく手のかかる奴だったと思います。だから……ノストさんには、ルナさんが、『私』に見えるんですね」
「………………」
「他の人は、逆だから……凄く、嬉しいです。だから、ルナさんのことも、ちゃんと見るようにしてほしいです。……あ、別に自分を卑下して言ってるわけじゃないですよ?私は知っての通りのお馬鹿、ルナさんは優しい人って、それだけでいいんです」
 そう、それだけでいいんだ。
 私を、「ルナさん」じゃなくて、「馬鹿」って見てくれるだけで。
 それと同じように、ルナさんを、「私」じゃなくて、「優しい人」って、見てくれるだけで。
 そうやって、区別つけてくれるだけで……私は、嬉しいから。
「………………」
 ……ノストさんは、何も言わなかった。

 

 

 

  //////////////////

 

 

 

 不思議だよね。
 立って見上げる空と、寝転んで見上げる空。寝転んで見た方が、空は近く見えるんだから。
 夜空に煌く光。不意に流れていった星が、本当に掴めそうで。思わず手を伸ばし、そして小さく笑って下ろす。
 【真実】もわかったし、ルナさんにも会えたし。心が凄くスッキリしてるからか、気分がいい。最近、ゆっくり星空を見上げてる暇もなかったくらいだもんね。

「あれっ、ステラ?」
「ルナさん?」
 それほど高くない教会の平たい屋根の上に寝転んでいた私の耳に、私とよく似た声が聞こえた。体を起こすと、掛かっているはしごからルナさんが上ってきていた。
 そう、なんか屋根にはしごが掛かってたから、おおっ!と思って勝手に上がっちゃったんだけど……ルナさんがはしご掛けたのかな?
 屋根の上に上ってきたルナさんは、起き上がった私の隣に座り、星空を見上げて聞いてきた。
「随分、遅くまで起きてるね。寝ないの?」
「えへへ……なんか、わくわくして眠れなくて」
「あははっ、まるで明日、冒険に出るみたいな口ぶりだね」
「あ、本当ですね!」
 あははっと、似た声を合わせて笑う。不思議と今、彼女と似た声なのが、嬉しかった。
 すべてを知って、すべてを受け入れて、今、ここにいる私。なんだか明日から、違う日々が待っているような気がして、わくわくするんだ。
 星空を見上げて、ユグドラシルの情景を思い出す。
 白い光は、無数の魂。
 その中にあった、ヒースさんの魂。

 ……ねぇ、ヒースさん。
 私は、「不変」も、確かに1つの幸せだと思いますよ。
 私も、【真実】を知りたいと思う反面、心の何処かではそう思ってました。
 ずっと、こうしてノストさんと旅できたらいいなって。
 でも、私もノストさんと同じで、【真実】を乗り越えたその先にあるものが、幸せだと思いました。
 それを信じて、ここまでやって来ました。貴方が描いた想い通りに。

 【真実】は……確かに残酷でした。本当に、本当に……残酷でした。
 でも私は、みんなのおかげで、それすらも乗り越えて、今、ここにいます。
 私は今、この先にあるものが、凄く楽しみです。
 貴方には見られなかったものが……見えるかもしれません。

 心の中で、遠く遠く、そう語りかけて。私は小さく微笑んだ。
 私は……本当に、幸せ者だ。今更だけど、そう思った。
 とりあえず一晩ここで過ごしたら、セントラクス方面に戻ろうと思ってる。あとはウォムストラル探しだけだもんね!よっし、気合入れるぞー!
「ところでルナさんは、こんな夜遅くまで何してたんですか?」
「あー、ほら。壁壊しちゃったから、即席で直してたんだ」
「あ……そういえば、何で壁壊しちゃったんですか??」
 なんか、結構凄い音だったような……まさか、部屋でトレ~ニング~!とか言って暴れてたとか!? ……なわけないよね、ルナさんだし。
 頭を掻いて苦笑するルナさんに、首を傾げて聞いてみると、彼女はジャケットの右ポケットから何かを取り出した。それが目に入った途端、ぞっと寒気がした。
 それは、全長15センチくらいの、全体が紫で染まった短剣だった。や、短剣というか、ナイフというか……柄の先から細くて長いチェーンが伸びていた。
 けど、わかった。これ……アルカだ。
「イソナ姉から聞いて、回収してきたアルカなんだ。あ、そういえばステラ達もアルカ回収してくれたんだってね。ありがと、仕事減ったよ」
「ってことは、今、この教会に臨時でいるゲブラーって……」
「そ、私のこと」
 その紫の短剣を逆手に持って、ルナさんは頷いた。なるほど、そうだったんだ……。
「このアルカ、こんなナリしてるけど、結構凶悪みたいでさ……」
 と言って、ルナさんは短剣の切っ先を、屋根にツンッと突いた。

 ガ ンッ !!

「……へ??」
 ……今、変な音しなかった?しかも、なんか今、振動が……誰かが床を殴ったみたいな。あれ、もしかしてこれの音じゃ、ない?
 呆然と目を瞬いてから、首を傾げて辺りを見渡す私に、ルナさんは短剣を持ち上げて言う。
「コイツ、働いた力を何百倍とかに増幅するみたいなんだよね。今も、ちょっと突いただけなのに、ぶん殴ったみたいな振動したでしょ?」
「え、えと……?」
「……うーん、そうだなぁ……あ、あれなんかいいかな。つまりね……」
 軽く説明してくれたけど、よくわかんなかった。その様子を察してくれたルナさんは、キョロキョロ周囲を見渡して、この近くに生える一本の太い樹に目を留めた。
 それに向かって、短剣を放つ。ダーツをするような、そんな軽い手つき。銀のチェーンがその木に向かってまっすぐ伸びていったと思うと、
 ドゴォッ!!と、力強い幹が陥没した。しかも、樹はそのせいで上の方を支えきれなくなって、先端の方が真ん中から前にズゥゥン……と倒れてしまう。多分、寝ていたんだろう鳥達が慌ただしく飛び去っていった。

「………………」
「あちゃー……そうだよね、鳥達も寝てたんだよね。結構大きい音出しちゃったし、悪いことしちゃったなぁ……とにかく、こういうわけ」
 声もなく、目を見開いたまま固まる私に、チェーンを引っ張って短剣を回収するルナさんが『やっちゃった』と言わんばかりに言った。
 ……な……な、何あれ!? ルナさん、力一杯投げたわけじゃないのに、でっかい岩をぶん投げたみたいな感じだったよ?! な、なるほどね……力が何百倍にも増幅される、か……!
「あっぶなかしいよね~、さっさとフィアのとこに持っていかなきゃ」
「じゃあ、ミディアに行くんですか?」
「うーん……私は行けない、かな。行きたいけどね。ちょうどいいし、サリカに持ってってもらおうかな……」
「行けない……?どうしてですか?」
 困った顔で言うルナさんの横顔に、私は問い掛けた。道がわからないってわけじゃないだろうし、どうしてだろ?まさか、ミディアがスロウさんの手によって陥落したとか!? うわああ現実じみてて怖い!こういう想像やめよう!
 短剣をポケットにしまい直し、ルナさんはぴっと人差し指を立てて言った。
「ほら、私、指名手配されてるでしょ?」
「あっ……」
「……っていうかステラ、君、ルナだ~捕まえろー!って、間違えられなかった?! 大丈夫!?」
「あ、あはは……日常茶飯事でした……」
 ルナさんが、はっと気が付いて心配してくれる。私は過去のいろんなことを思い出しながら苦笑した。
「あちゃー……ごめんね、私のせいで」
「いいえっ、全然そんなことないです。そのおかげでルナさんのことも知ったんですし、ノストさんやみんなにも会えたんですからっ」
 申し訳なさそうな顔で謝るルナさんに、私は自然と笑って、そう言っていた。
 確かに、いろいろ大変だったり、つらかったこともあったけど……でも、そういうことも欠けちゃいけない。そういう悲しいことやつらいこと、楽しいことや嬉しいこと、全部あって、私はここにいる。
 与えられた記憶じゃなく、私自身が歩いてきた道。

「とにかく……下手に出歩いて目撃されて、スロウに知られたら面倒だからね。指名手配されてからはずっと、この村に隠れて住んでるから、見つかるわけにはいかないんだ。この屋根の上とか、はしご倒しちゃえば絶好の隠れ家なんだよ」
 話を少し戻してから、ルナさんはイタズラっぽく笑ってそう言った。
 ルナさんは、ずっとタミア村にいたんだ……だからこの半年間、誰にも見つからなかったんだ。隠れて住んでるってことは、村人さん達にも気付かれてないんだろう。ルナさんだし、なんとなくそれくらいやっちゃいそう。
 ……あれ?? そういえば……、
「そういえば……ルナさんって、どうして指名手配されてるんですか?」
 よく考えてみれば……知らない。知っていたのは、スロウさんがルナさんを探してるってことだけだ。
 半年前に指名手配にされたルナさん。どうしてスロウさんは、ルナさんを探してたんだろう……?
 ルナさんは「あ~、それね」と言ってから、今度はジャケットの左ポケットに手を突っ込んだ。何が出てくるのかなって見ていたら、そのポケットから、何処かで見た光があふれた。
「これのせい」
 親指と人差し指で持って、ルナさんが見せてくるそれは、周囲に虹色の環を描いていた。
 ……4分の1の、透明な石。ウォムストラルだ!
 慌てて私もスカートのポケットから、4分の3のウォムストラルを取り出す。2つの石が出揃った瞬間、ラルさんの歌が響いた。

壊れし我が身ロアンマーストソダン 祝福されし希望よアテルト=ステラ どうか再構築をヨル=イニエータ 再生の歌をラシュファストサイア

 歌に呼応するように、私とルナさん、それぞれが持つウォムストラルが輝き出した。ふわりと私の手のひらから浮かび上がった石に、ルナさんの石がふわふわ近付いてきて、2つの光が重なっていく。
 ……そして。光を失い、私の手の上に落下してきたのは、完全に六角形の形を取り戻したウォムストラルだった。
「ウォムストラルが……」
「やっぱり、残りは君が持ってたんだね。よかった」
「あの……どうしてルナさんが、ウォムストラルを持ってるんですか?それに、これのせいで指名手配されてるって……」
 3年前の話では、ウォムストラルはカルマさんによって半分にされて、半分をカルマさん、もう半分をスロウさんが持っていったはず。だけど今、最初、半分は私が持っていて、それからフィアちゃんとルナさんが4分の1クオーターを1つずつ持っていた。どうなってるんだろ?
 わけわかんないって顔をしてるだろう私を見て、ルナさんは小さく笑って。さらっと、とんでもないことを明かし始めた。
「私、半年前に、お城からウォムストラルを盗んだんだ。スロウが持っていったヤツをね」
「……え、えええッ?! だ、大丈夫だったんですか!?」
「あはは、そりゃもう超警備頑丈で、さすがに諦めそうになったけどね。ばっちりスロウに見つかっちゃったから、あんなふうに指名手配されちゃったわけ。見つかるのも時間の問題かな~って思って、それで万が一、見つかった時に備えて、その半分をさらに割ったの」
「わ、割っちゃったんですか……」
「うーん、まぁ、ちょっと可哀想だったけどね……それで、半分をフィアに預けた。あの子に預けたら、もう心配いらないよね。フィアはほら、リュオスアランで誰も近付けないから」
「な、なるほど……」
 ルナさんの陽気な口調だと、大したことじゃないように聞こえるけど、話の内容は凄すぎる……!だってお城に忍び込んだなんて、普通できるはずないよ!っていうか普通は考えないか!
 でも、無茶やってるようなのに、ちゃんと考えてるところは考えてる。やっぱりしっかり者なんだなぁ、ルナさん……。

 一通り説明し終えると、ルナさんはうーんと伸びて、大の字に寝転がった。視界いっぱいに広がった星空を見つめて、柔らかく微笑んだ。
「君がちゃんと、ここまで来てくれてよかった。師匠にも見せたかったなぁ……」
「……ヒースさん……ですか」
 その名前を唇に乗せると……なんだか切ない。記憶上では、私のお父さんである人なのに……『お父さん』じゃないってことが。
 もし、彼が生きていたら。【真実】を知った私は……彼を、どう見たんだろう。今まで通り、「お父さん」って見れるのかな。……ううん、絶対、「他人」って見ちゃうと思う。
 だから、少し申し訳ないけど……彼が生きていない現実は、少しだけ気が楽。あぁ、本当のお父さんじゃなかったんだって……それだけだから。
「『お父さん』って、呼んでよ」
「え……?」
「師匠は、君のこと、ホントに可愛がってたから。君は眠ったままだったけど……それでも、エリナさんと一緒に、自分の娘みたいに可愛がってたんだ。君が目覚めるのを……誰よりも、楽しみしてたはずだから」
「………………」
 ルナさんの優しい声が、耳朶に触れる。だけど私は……その言葉に答えられず、膝を抱いて正面を見つめた。
 ……ヒースさん。写真と記憶でしか見たことのない顔。
 本当の親子じゃないし、それに私には、あんな凄い人を「お父さん」なんて呼べない。
 ルナさんは、私は私でいいって、そう言ってくれた。だけど……自分が人間じゃないって、知ってるから。ヒースさんやルナさんは……私には、眩しいんだ。
 でも、いつかもう一度……「お父さん」って、当然のように彼を呼べる日が来たら……いいな。
 ノストさんは、遠回しな言葉で背中を押してくれる。そしてルナさんは、優しくて直接的な言葉で包み込んでくれる。
 私は隣で寝転がるルナさんを見て、笑って言った。
「ルナさんって、なんだか、お姉さんみたいです」
「あははっ、実は私も、妹みたいだって思った」
 よく似た顔を見合わせて、二人で笑い合う。初めてルナさんの写真を見た時は、寒気すら感じたのに、今、彼女といるのは凄く心地がよかった。
 ルナさんがお姉さんだったら、凄く素敵だ。絶対、憧れで自慢のお姉さんになると思う。
 ずっと握っていたウォムストラルを見て、私は微笑んだ。
「あとは……ジクルドとくっつければ、グレイヴ=ジクルドに」
「ならねぇよ」

「……え?」
 断ち切るような鋭さのその言葉は、もちろんルナさんの声じゃない。でも……知っている声だ。
 その声が聞こえた瞬間、跳ね起きて背後を向き、構えていたルナさんにかなり遅れて、私も後ろを振り返った。
 ……普通、暗いところに黒いものがあったら、すぐに見失ってしまうはず。
 だけどそれはむしろその逆で、不思議と周囲の闇から浮き上がって見えた。
 黒の中、目立つ黒は。
「……セル君?」
「……よ。久しぶりだな」
「あ……うん、久しぶり……」
 屋根の頂点に立つ黒は、セル君だった。私が呼ぶと、静かにそう返してくれたけど……なんだかいつもと違って、冷ややかな印象を受けた。自然と私の声も弱々しくなる。
 セル君……何処となく、様子がおかしいような……それに、いつの間にいたんだろう。ルナさんも気付かなかったみたいだし。
「君達は……!」
「……うん。ルナ君、あの時以来だね」
「えっ?」
 ルナさんがはっと上げた声に、また知っている声がした。セル君の隣からだ。思わず見てみると、いつからそこにいたのか、セル君の隣にはミカちゃんが浮いていた。だけど……その姿は、妙におぼろげで。
 なんだろう……ミカちゃんは、セル君とは逆だ。黒いセル君は、この黒の中なのによく目立つ。でも普通なら、黒の中でよく目立つはずの白いミカちゃんは、不思議と周りの暗さに溶けていた。「そこにいる」って意識していないと、すぐに見失ってしまいそうで。
 ルナさんが、ズボンのポケットからはみ出ていたものを抜いて、二人に向かって突きつけた。暗くてよく見えなかったけど、不意にそれが金色の光を灯し、その明かりで輪郭が見えた。琥珀色の石みたいなものが埋め込まれた銃だ。
 ルナさんは、さっきとは別人のような厳しい目で二人を見つめて言う。
「……そっか、迂闊うかつだったよ。君達には、わかるんだもんね」
「あれ……ルナさん、二人のこと知ってるんですか?」
 ミカちゃんも、「あの時以来」とか言ってるし、やっぱり昔に会ったことがあるんだろう。だけど……ルナさんのその声は、全然フレンドリーじゃなくて、むしろ警戒してるような響きだ。
 私が立ち上がりながら聞いてみると、セル君が「まぁ、ちょっとな」と曖昧に答えた。
 っていうか……これ、どういう状況?セル君とミカちゃんが現れて、ルナさんが二人に銃口を向けてて……一体、どういうこと?

 一人、状況に置いていかれている私に、ルナさんが銃を構えたまま言った。
「ごめんステラ……さすがにこの二人相手じゃ、あんまり長くは持たせられないよ……とにかくっ、逃げて!!」
「えっ?!」
 そう言うなり、ルナさんは、突っ立っていた私に横から体当たりしてきた!完全に不意を突かれた私は、横にたたらを踏んで、そして最後に屋根の外へ大きく跳び出るっ!!
「きゃぁああーーッ!!?」
 ガクンっと重力に引かれて落ちる私!地面に叩きつけられる!と思って、私がとっさに頭をかばうと、ガサガサガサっと言う音が耳元を掠めた。
 やがて、閉じていた目を開くと、目の前にあったのは……木の枝だ。もしかしてルナさん、さっき倒した木をクッション代わりにしたっ?枝が擦れてちょっと痛かったけど、叩きつけられるよりはずっとマシだ。
 とにかく、よくわかんないけど、逃げなきゃ!なんだか、嫌な予感がする……!
 半ば木の枝に埋もれるようにして受け止められていた私は、ガサガサとなんとかそこから這い出して、走り出した。ひとまずは、ナシア=パント内に向かって。
 パァン!と、後ろの方から発砲音がして、ドキッとしながらも、私は必死で駆ける。

 真夜中の閑静な村の中を、闇に紛れて急ぐ。
 自分の足音と鼓動、息づかいだけが私の耳に届く。

 土を踏む足音を、暗闇が吸っていく。
 耳の奥を、自分の大きな心拍音だけが支配する。
 喉を通る空気が、異常なほど冷たくて。

 ……なんだろう。悪寒がする。
 凄く、凄く、嫌な予感。

 ガッと、手首を掴まれた。
「ッッ……!!」
 強制的に止められた私は、緊張で息が止まった。振り向かされたそこにいたのは、黒の中でもやけに目立つ、セル君。
「悪ぃけど、逃がさねぇよ」
 ぞっとした。
 私を見据える紺色の眼が、いつもと違って冷酷な光を宿していて。私は、背筋を凍らせた。
 ……怖い。
 セル君が、怖い。
 なんで。
 この人は、誰?

 怖いっ―――!!!

キンッ―――

 見開いていた視界の中に、周囲の大気が凍てついたのが映った。……私の中にあるカノンフィリカが、発動する直前に発する、冷気。
 あふれんばかりの恐怖が引き金を引き、カノンフィリカの冷気が、私の手を掴んでいるセル君の腕に絡まるようにまとわりつき、
 四散した。
「……え……?!」
 普段なら慌てていたはずの力の発動をぼんやり見つめていた私は、思いもしなかった結果に思わず声を上げた。
 いつか、マオ山道で山賊のおっさんの手首を凍らせたように、セル君の手首が凍ると思った。だけどカノンフィリカは、なぜか寸前でするりと退いた。どうして……!?
 自分の腕にまとわりついて消えた冷気を一瞥して、セル君は確かめるように呟いた。
「……今の、アルカか。つーことは、途中で結合しちまったのかよ。で、お前自身の力と連携して、気持ち次第で発動するわけか」
「でも……アルカは、アルカを支配できないから」
 ミカちゃんの声とともに、セル君の後ろの方に白い少女が現れる。目を逸らせば見えなくなると思うのに、愕然と開かれた目はミカちゃんの水色の眼を向いて動かない。
 闇に溶ける長い白髪が揺れ、ミカちゃんはほんの少しだけ、悲しそうな顔をした。
「……ごめん、ステラ君。友達、なのに……ボクらは、裏切り者だ……」
 そう言って瞼を閉ざしたと思うと、その周囲に細かな光の粒が浮かび始める。青白いそれは、私とセル君も囲い込む。
 これって、確か……ヴィエルっていうワープっ……!
 とっさに抵抗した私の前に、ふわりと近付いてきたミカちゃんが、すっと手を上げた。
「ごめん……」
 すとん、と。その手刀が、軽い動作で私の首筋を叩いて……
 そこまでだった。

 ……………………