nostalgia

43 祈りの夜

「本当に、夢のようだわ」
 30代くらいに見える、ストレートな長い金髪の女の人が、優雅な手つきでフォークを扱いながら微笑んだ。彼女の視線は、テーブルの正面、私の隣に座るノストさんに向けられている。
「ディアノストとまた、食事をともにすることができるなんて」
「……大げさだろ」
 女の人……お母さんであるアリシア様の、本当に嬉しそうな言葉に、すでに食べ終わっていたノストさんは、ジャーロンティーの入ったカップを持ち上げて言う。さすがにご両親には、普通の受け答えらしい。
 ……っていうか、今気付いたけど、もしかしてこの人の毒舌が発動する対象って、私だけ?! そうかも……!
 白いテーブルクロスのかけられたこのテーブルの上座には、短い銀髪の40代くらいの男の人が座っている。その人が、ノストさんのお父さんで、レミエッタ公爵家の現当主ラスタ=アラン=レミエッタ様だ。
 彼もすでに完食していて、食後の紅茶を飲んでいる。……ノストさんの早食いぶりは、遺伝みたいです。貴族って、ゆっくりお食事を楽しむイメージがあったんだけど……この家が特殊なだけかな。
 カルマさんから、3年前の事件を聞いた後。
 私とノストさんは、帰ってきたラスタ様、アリシア様と一緒に夕食を食べてます。私はお客さんだからここにいられるけど、カルマさんはこの屋敷に雇われる身だから、一緒に食事することってできないらしい。うーん……なんだか難しいね、貴族って。
 夕食のメニューは、よく知らないお魚さんのムニエルと、野菜がいろいろ入ってるグラタン、鶏ガラのポトフ。多分、お魚好きなノストさんに合わせたんだろう。
 で、私はグラタンを食べている最中。きっと、ピアノ部屋にいた時に来た、あの例のおばさんコックが作ったんだろう。おいしいっちゃ、おいしいけど……何て言うか、ちょっと寂しい味。こう……お袋の味!って感じじゃない。うん。って、なに贅沢言ってるんだ、私……。
「………………」
 フォークでとった一欠けらのグラタンを口に運んで、私はふと、カルマさんの話を思い出した。
 ……聞いて、よかったのかな。
 3年前の事件を聞いて、ずっとそんなことを思ってる。
 お父さんは、スロウさんに殺された。そしてノストさんは、スロウさんを殺したがっている。……やっぱり仇だから、だと思う。
 あの時に、ノストさんは「剣聖」の名を受け継……がされた。それに対して、同じ『剣』を継ぐ者のスロウさんは、自分を「剣魔」って名乗り出したらしい。
 本当は、剣術で師のお父さんに勝った方が「剣聖」を継ぐはずだったそうだ。だけど、お父さんは、スロウさんの死光の力で死んでしまった。……だから結局、本質的にはどっちが「剣聖」に近いのか、わからず終いなんだそうだ。
 想像以上に、ノストさんとスロウさんの関係は、濃くて、黒くて……。
 私なんかが、知ってよかったのかな……。
 私がそんなことを考えつつ、グラタンの表面がまだある部分にフォークで刺した、その瞬間!

 ズギュゥッ!!

「っ~~~!!!??」
 突然、左足の足の甲を誰かに思いっきり踏まれた!しかも、ついでと言わんばかりに、ぎゅう~っと踏みにじって!振動でフォークの先が揺れ、グラタンの表面が破れてがばっと大きな穴ができた。もわっと湯気が立つ。
 やったら痛くて叫びたかったけど、ラスタ様とアリシア様の前だってことを思い出して、うつむいてプルプル震えながら、かろうじて声だけは押さえた。その分、顔に熱が走って熱くなる。
 そんなことやらかす人なんて、一人しかいない!そりゃもう手加減のない一撃に、私は涙目で左側をキッと睨みつけた。そこには、涼しい顔でジャーロンティーを飲んでいるノストさん。
「ディアノスト、そういうことは後でしろ」
 ジャーロンティーのカップを片手に持ったまま、ラスタ様が言う。うっわ、ノストさんがさり気なく注意されてるよ……!
 っていうかラスタ様、テーブルクロスで見えないはずなのに、何が起きたかわかったんだ!? アリシア様もなんだかわかってるみたいだし!ま、まさか、アリシア様もブリジッテ様みたいに、意外と強いとか!?
「の、の……の、ノストさんっ?な、ナンデスカ~?何か恨みでもアルンデスカー?」
 まだヒリヒリと痛むを足をイスの下に引っ込めて、私は叫びたい衝動を押さえながら、できるだけ笑顔でノストさんに訳を聞いてみた。ぼ、棒読み……多分、口元が引き攣ってるに違いない。
 ノストさんは、こういうところだけ貴族っぽく、ゆっくり紅茶を飲みながら答えた。
「馬鹿がもっともらしく悩んでも、馬鹿な結論しか出ねぇ」
「うっ……そ、それは、確かにそうかもしれませんがっ!馬鹿だって考える時があるんですー!」
「例えば?」
「……きょ、今日の夕飯、何にしようかな~……とか……」
「所詮凡人か」
「所詮凡人ですよぉ……」
 と、普段通りそう言ってしまってから、はっと慌てて口を押さえた。前を見ると……何も聞いていないような、目を閉じて紅茶を飲むラスタ様と、驚いたような顔でこちらを見るアリシア様。……う、うう、この二人の前だって忘れてた!なんか恥ずかしい!
 私が赤くなる顔を隠すのも兼ねて、うつむく感じでグラタンに再び視線を落とした時。
「……事情は、カルマからすべて聞いている」
「………………」
 ジャーロンティーを飲み終わったらしく、ラスタ様はカップをソーサーに無音で置き、その紫紺の鋭い瞳でノストさんを見て言った。うむ、やっぱり親子、目つきが似てる。
「アリシアも言っただろうが、お前がどうなろうと、ここがお前の家であることには変わりない。慣れない遠慮など今更してどうする」
 厳しい口調だったけど、私には、ノストさんのこと、やっぱり心配してるんだっていうのがよくわかった。っていうかノストさん、これでも遠慮してたんだ……!き、気付かなかった……さすが、親はよく見てるね!
 でもノストさんは、その優しさが逆に苦しいみたいな感じだった。不老……ただそれだけなのに、とっても重い理由で。
 黙り込んでしまったノストさん。カップをソーサーに置くそんな彼に、ラスタ様はわかっていたような口調で言った。
「永久の栄光よ」
 永久の……栄光?何だろ……肩書き?ノストさんに向かって言ってるけど………………って、あ、あぁああーーっ!!?
 ほ、ホントだ!気付かなかったけど、ディアノスト=ハーメルって混沌神語で<永久の栄光>だ!うわぁ……なんかカッコいい名前……!言われてみれば、ラスタ様も、高潔なる域ラスタ=アラン=レミエッタ様だ!
「出ていくのだろう、この家を」
「えっ?」
「…………あぁ」
 思わず、私が声を上げてしまった。私がでしゃばっていいシーンじゃないって、慌てて口を押さえる。
 隣のノストさんを横目で見ると、彼は父であるラスタ様の紫紺の眼を無言で見返していた。
「……え……?そんな……嘘よね?ねぇ、嘘でしょう?」
 そのラスタ様の言葉に遅れて反応したアリシア様。フォークとナイフを置いたところだったアリシア様は、縋るような表情で、ラスタ様とノストさんを交互に見ながら言う。
 アリシア様だって、嘘じゃないってわかっているんだ。ただ、認めてしまうのが嫌で。
「また、一緒に暮らしましょう?それとも、何か不満なの?」
「……アリシア、お前も聞いている通り、ディアノストは今、不老の体だ」
「それがどうしたというのです?わたくしは、ディアノストが不老でも構いませんわ!」
「お前はいいだろう。だが、ここにいて、それを一番苦に病むのはディアノストだ」
「……!!」
 ラスタ様にはっきり言われて、アリシア様は、ようやくそのことに気付いたようだった。私も、ノストさんに言われて気付いたから、人のこと言えないけど……。
 アリシア様は少しの間、言葉を失っていたけど、そのうち悲しげな表情をして、ゆっくりと言葉を紡いだ。
「……そう、ですね……わたくしは……自分のことばかり……」
「アリシア様……」
 ……そりゃ、つらい……よね。やっと会えた息子さんと、また一緒に暮らせると思ったのに、また別れちゃうなんて。しかも、二度と帰ってこないなんて。
 寂しいけど、ノストさんのためだって、納得してくれたアリシア様を見て、ラスタ様が話を元に戻した。
「……そういうことだ。出ていくのなら、出ていくがいい。止めはしない」
「ええ……ディアノスト、好きになさい。ですが……貴方の家がここにあったこと、わたくし達がいたことを……どうか、忘れないで」
「………………」
「あっ、ノストさん……!」
 ラスタ様とアリシア様のその言葉を聞くなり、ノストさんは席を立ち、部屋から出ていこうと扉の方へ歩いていく。グラタンを食べ終えて、あとちょっと残っているポトフを飲もうとしていた私は、ノストさんを追おうと腰を浮かしかけ。
「あ、待ってステラちゃん。ちょっといいかしら」
「は、はい?」
 アリシア様に呼び止められた。思わずアリシア様に顔を向けてから、はっとノストさんを振り返ったけど、その頃には、すでに彼は扉の向こうへと消えていた。
 ……とりあえず、再びイスに落ち着く。大体、ノストさんを追いかけてどうするつもりだ私。ちょっと冷静になった私は、さっき伸ばしかけた手を、またポトフの皿に伸ばす。
 ジャーロンティーを優雅に飲むアリシア様は、ノストさんと同じ色で、でもノストさんと違って優しげなダークブルーの瞳を私に向けて言った。
「貴方は、ディアノストのお客様となっているけれど……本当は、どういう関係なの?」
「え、えっ?ど、どういう関係って……」
 ……私が聞きたいよ。
 私と、ノストさん。どういう関係なの?
 庶民と貴族。凡人と剣士。それとも賞金首仲間?
 ……うーん。
「えっと……私もよくわかんないんですが。とりあえず……旅仲間ではあるんじゃないかなーとは思います……」
 返答に困った私は、一番無難かと思う関係を言った。するとアリシア様は、「そうなの?」と意外そうな顔。
 え?と私が逆に首を傾げると、ジャーロンティーも飲み終わったのに席についたままだったラスタ様が口を開いた。
「ディアノストのことだ。何も言っていないのだろう」
「ふふ……そうかもしれませんね」
「あの……??」
 ポトフを完食した私が、スープ皿をできるだけ静かに置きながら、わけがわかりませんって顔で聞いてみると、上品に笑っていたアリシア様が答えてくれた。
「大丈夫。貴方が思っている以上に、ディアノストは貴方のことを認めているわ。あの子にとって貴方は、きっと旅仲間なんて些細な関係じゃないはずよ」
「えッ!ま、まさかっ!有り得ないです!」
「そう?貴方に対する時と、わたくし達と対する時、口数が違うもの。あんなディアノスト、ヒースさん以来よ」
「お、お父さん以来……ですか?で、でも……本当に、そうでしょうか……」
 嬉しそうなアリシア様の言葉に、私は、ごもごもと自信なさげにそうしか言えなくて。

『アイツ、倒れたキミのとこに、真っ先に走っていったんだよ。何食わぬ顔してたけど、ちょっと心配してたみたい』

 マオ山道で、シャルさんに言われた言葉。そして今、アリシア様に言われた言葉。
 本当だったら嬉しいって素直に思うけど……やっぱり、どっちも、すぐに信じられなくて。どうしてもそんな思いが前に立っちゃって、喜べない。
 どうしてすぐに、信じられないんだろう?
「貴方はさっき、出ていったディアノストのことを、とっさに追おうとした。……貴方は……ディアノストのことを、信じているのね。だから、少しでも力になれるのなら、なりたいと思っている」
「………………」
「でも貴方は……彼から何も聞いていないから、自分が信用されているかわからない。私がこう言っても、貴方がすぐに信じられないのは、証拠がないからでしょう?ディアノストは、人を頼らないものね。あの子がそういう子だと言うのはわかっているけれど……貴方は、不安なのね」
「…………は、い……」
 いつの間にかうつむいていた私の耳に、アリシア様の優しい声が響く。言い当てられたその気持ちに、私はコクンと頷いた。
 ノストさんは、人を頼ろうとしない。それは、今までの付き合いからわかってるんだ。
 だけど……なんだか、寂しくて。信用されてるのか、されてないのか、いまだにわからない。
 ただ自分が許せないから頼ってくれないのか、私を信用してないから頼ってくれないのか。何も言ってくれないから、不安なんだ。
 もし、信用してるなら……もっと、頼ってほしい。って言っても、私にできることなんて限られてるけど……。
 言い表せないほど小さな、羽音のような音。多分……カップをソーサーに置いた時の、かすかな振動。私がゆっくり顔を上げてみると、カップを置いたアリシア様は私を見て言った。
「なら、証拠を掴んでみたらどうかしら?」
「……え……?」
「ディアノストに聞いてみなさい。本人の語ることが、何よりの証拠になるわ。単刀直入に、自分のことをどう思っているのか。あの子のことだから、はぐらかすかもしれないけれど……貴方が不安に思っていることを正直に喋れば、ディアノストも、思っていることをちゃんと喋ってくれるはずよ。あの子は、そういう子だから。ラスタ様によく似て、ね」
「……アリシア」
「ふふ、事実ですもの」
 少し照れ臭かったのか、最後の言葉を咎めるように、ラスタ様が口を挟んだ。アリシア様はおかしそうに、口元を覆って微笑む。
 ……アリシア様の言う通り、私が素直に話せば、ノストさんはちゃんと答えてくれる。そんな気がする。
 でも……あいにくと、私には勇気がなくて。
 私はいつも、彼に助けてもらっている。外敵からはもちろん、私が落ち込んでいたりすると、たった一言だけど言葉をくれる。その言葉から何かを導き出して、私は立ち直ることができた。
 だから……本心では、本当に感謝してる。お礼は言ってるけど、どうしても安っぽく聞こえちゃうから。だから私は、彼のことを信じてる。
 だけど……彼が私を信じてくれているのか、認めてくれているのかと思うと、自信がない。
 どうしても、アルフィン村のみんなの無表情が過ぎる。私は信じてたのに、彼らは信じてなかった。私は……同じ村の人間でも、結局は他人同士だって、そういうことに気付いてしまった。
 だから、要するに……聞かなきゃよかったって、後悔するような言葉だったら、怖い。
 それに……私は、それを知りたいのか知りたくないのかって聞かれたら……迷ってしまうと思う。
 私は、今の関係を壊したくない。「ステラ」として存在を認められているのなら、それでいいかなって。
 何よりも、彼の心の内に踏み込んでしまうような、そんな行為が……怖い。
 でもやっぱり、知りたいとも思う。自分の立場を明らかにするためにも。
 いろいろな気持ちがごちゃ混ぜで、自分の中で矛盾が起きてる……そんな感じ。自分がどうしたいのか、よくわからない。
 お父さんが、何も知らないことを幸せの定義にした理由……少し、わかる気がする。
 今までのすべてが壊れてしまうことが……変化が、怖いんだ。
「………………」

 ―――――私は……

 

 

 

  //////////////////

 

 

 

 ピアノ弾きたいなんて、初めて思ったかもしれない。
「………………」
 昼間とはまた違った顔をしている、真っ白でピアノしかないあの部屋。
 ここには照明がないらしく、ガラス張りの面から差し込む月の光が床を反射し、普通なら暗闇になるこの部屋の闇を緩めていた。
 月明かりに照らされながら、貸してもらっているネグリジェ姿の私は、目の前の白い鍵盤を見下ろした。そして、片手をのせて、昼間と同じ曲……『祈りの夜』を弾き始める。
 『祈りの夜』っていうタイトルの通り、夜に弾くと違う印象を受けた。広がる音達は、月光の中、幻想的に響いて、部屋の静かな空気に吸い込まれていく。
 ピアノはあんまり触ったことがないから、当然だけど得意じゃない。だけど、なんだかまた、この世界に浸りたくなった。
 ノストさんが思いつめた時、ここでピアノを弾いていた気持ちが、なんとなくわかる。……実際に今、いろいろと思い悩んでいる私は、ここでピアノを弾きたいって思ったから。
 そして、『祈りの夜』が、最後の音を紡いで消えていき……この部屋に、静寂が戻る。
「ヘタクソ」
「……でも、お昼より少しマシですよ」
 その静寂は、本当に、一瞬だけだった。音が消え切ってからすぐにかけられた、昼間と同じ背後からの一言に、私は前を向いたままそう答えた。
 全然、驚かなかった。なんとなく、そこにいるような気がしてた。
 ううん……逆、かな。私はきっと、彼を待っていたんだ。このヘタクソな音色を聞きつけて、彼が来てくれるのを。
「……ノストさん」
「……何だ」
「ノストさんにとって……お父さんって、どういう存在だったんですか?」
 ピアノの白い鍵盤を見つめて、私は、そこにいるだろうノストさんに、そう聞いた。私が興味本位で聞いているわけじゃないと感じたのか、薄闇の中、少しの間があって、ノストさんは口を開いた。
「……出会った人間の中で、ヒースは唯一、父上以外で、俺より強かった。俺は、アイツを負かすことだけ考えていた」
「でも……その前に、お父さんは、死んでしまった……」
「………………」
「ノストさんは……スロウさんを、殺したいんですよね。……お父さんの、仇……だからですか?」
 耳に届く、ノストさんの声。顔を見ないでの会話。……なんだか、ノストさんと初めて会った、イクスキュリア城の地下牢を思い出す。
 あの時は、誰もいないと思った場所に、たまたまノストさんがいただけで、嬉しかった。一人じゃないって。
 だけど、今は……あの時、隣にいたのがノストさんだったっていうことが、嬉しい。他の誰かじゃなくてよかったって。
「……それもあるが、アイツを殺せば、すべて終わる」
「お父さんと、スロウさんがやり始めた……ゲーム、ですか?」
「あぁ。……ヒースは結局、何も言わないまま死んだ。はっきりしていることは、アイツがグレイヴ=ジクルドを破壊しようとしていたことだけだ」
 ……グレイヴ=ジクルドを、破壊。一体、お父さんは、どうやって壊そうとしてたんだろう。
「じゃあ……その遺志を継ぐんですか?」
「……いや。何も知らない以上、俺にはできねぇ」
「あ……そうですね」
「できるのは、敵を潰す程度だ」
「だから、スロウさんを殺そうとしている……ってことですか」
 ノストさんは……仇がどうのって話以上に、スロウさんは倒さなきゃならないって思ってるんだ。
 ……何て言うか……ノストさんらしい。あまりはっきりとは言わないけど、彼にとって、ヒース=モノルヴィーという人は、目標そのものであり、剣の師であり……憧れで。とにかく、大事な人で。
 そんな人が誰かに殺されたら、やっぱりその誰かを恨まずにはいられない。ノストさんだって、そうだ。お城でスロウさんと戦って膝をついた時の、ノストさんの感情的な瞳を、私はまだ覚えてる。
 だけど彼は、事実だけを受け止めている。
 スロウさんを倒せば、そのゲームが終わるということ。
 グレイヴ=ジクルドを破壊すれば、お父さんの望みが叶えられるということ。
 だけど、何も知らない自分に、グレイヴ=ジクルドを破壊することはできないということ。
 そこまで考えた上で、自分が何をすればいいか、ちゃんとわきまえている。感情は……そのまた次なんだ。
 ……少しだけ、憧れる。私は、ほとんど気持ちで動くから。
 オルセスで、何も明かしてくれないノストさんとサリカさんに、不安が溢れてひどいことを言った。言いたくないんだろうなってわかってたのに、自分で感情をコントロールできなくて、言ってしまった。あの出来事は、未だに私の心に陰を落としてる。
 あんな出来事、もう繰り返したくない。だから……少しだけ、憧れる。
 でも、憧れているだけじゃダメだから……ほんのちょっとだけ、踏み出してみるよ。

 鍵盤から目を外し、楽譜を置くところに視線を上げる。
 一度、目を閉じて……目を開いた時には、迷いはすべて断ち切っていた。
「ノストさん」
「………………」
「前に、オルセスで……私が、どうして守ってくれるんですか?って聞いたら……罪滅ぼしだろうなって、そう言いましたよね。それは……近くにいたのに、お父さんを助けられなかったってことでしょう?だから……残された娘の、私を守ってくれた」
「………………」
 できるだけ、はっきりした口調で。私は背筋をピンと伸ばして、振り返らずに言う。
 カルマさんの話を聞いてから、その言葉の意味がわかった。だから……わかってしまったから、怖い。
 でも、事実を。事実を……知りたいから。
 きゅっと膝の上で両手を握り締め、私は……聞いた。

「―――――私は……ノストさんにとって……罪滅ぼしの相手でしか、ないんですか……?」

 声に出して……自分の言葉に、ショックを受けた。
 言葉は、自分の気持ちを伝えるためにある。言葉がなければ、気持ちを伝え合うことはできない。
 だけど、それと同時に……どんなに些細で、どんなに繊細な思いでさえも、言葉ははっきりと象る。だから、輪郭がはっきりしない本当に小さな不安も、言葉にすると、そう認めざるを得なくて。……それは、時として残酷で。

 ……静かだった。
 返答も、物音も、ピアノの音もしない、無音の世界。
 惜しみなく降り注ぐ月の光だけが、私とピアノと……多分ノストさんを、優しく照らしている。

 ……ノストさん……どうして、答えてくれないんだろう。何も言ってくれないんだろう。
 やっぱり、それが……本当のこと、だから……?事実、だから?
 ……うん……そう、そうだよね。その程度でしかないって、最初からわかってた。わかってた、けど……何処かで、やっぱり期待してた。
 甘い。……昔、ノストさんにも言われた。考え方が甘いって。
 私は……罪滅ぼしの相手でしか、ないんだ……。
 ………………その瞬間!!

 ガッ!!

「ひゃっ!?」

 がだんッ!!

「~~~っったぁー……!!」
 イスを揺さ振られたのかと思ったら、違った。イスの背もたれが、強い力で引っ張られたんだ!そりゃもう、イスがぶっ倒れちゃうくらいに!
 イスと一緒に背中から床に着地した私は、腰をちょっとばかし打って思わず声を上げた。う、うう……こ、腰があぁあ。前からはともかく、後ろからなんて初めてだよ……!耐性なんてあるわけないじゃん!
 イスの背もたれを下敷きにする形で仰向けになった私の瞳に、初めてノストさんの顔が映り込んだ。
 ノストさんは、私の頭の天辺の方にしゃがみ込んでいるらしく、彼の顔は、私の視界に逆さまに映っていた。もう寝る時間だからか、いつもは結っている髪が下ろされていて。仄暗い中でも、やっぱりその白貌はよく見える。
 床にぶつかる直前、一瞬背もたれを支えて少し衝撃を緩めたのは、この人なりの気遣いというか。そうするくらいなら、最初からしなきゃいいのに……もしかして、返答がなかったのは、ただ単に、私の背後に忍び寄っていたから!? そ、そうかも……!
「な、何するんですかッ!! 今、がっぽり年単位で寿命縮まりましたよ!何か恨みでもあるんですかっ!!」
 い、いや、あるかもしれないけど!私がノストさん働かせちゃってることとか、ご飯食べるの遅いのとか! ……か、関係ないか!
 いつもなら、何か一言二言返ってきてもよさそうな、そんな言葉だった。だけどノストさんは、私をじーっと見たまま無反応。
 何だろ?って思ったら、視界がちょっとだけ滲んでいることに気付いた。私ははっとして目を裾で覆い、少しだけ浮いていた涙を拭く。
「……まだ何も言ってねぇぞ」
「そ、そうですけど……返事、ないから……」
 そうなのかなって……思って。ちょっとだけ……ううん、凄く、悲しくなって。知らないうちに、涙目になっていたみたい。ノストさんはそれに目を留めていたらしい。
 涙を拭くために手で目を覆ったんだけど、ノストさんと目を合わせるのがなんだか気まずくて、私はそのまま目を隠した格好で小さくそう言った。
 視界が真っ暗で、何も見えない。そのくらいがちょうどいい。……今は、特に。

「―――――俺は……ここには、二度と帰ってこないつもりだった」

 すぐ上から、ノストさんがぽつりとそう言うのが聞こえた。
 ……私の問いの答えじゃ、なかった。なんとなく安心して、瞼の裏の世界に身を委ねた私は、静かに彼の声に耳を傾ける。
「不老だっつーことを除いても、3年前、ここから出た時点で、俺はもう帰らないつもりだった。どちらにせよ、不老になった以上、ここには帰れない」
「………………」
「……お前に世話焼いたのは、確かにそうだ。お前からウォムストラルを奪わなかったのも、寄ってくる奴ら無償で潰していたのも」
「っ……」
 ……やっぱ……り。ぐっと、目を押さえる手に少し力が入る。
「……だが……」
 『だが』……?まだ……続きが、あるの?
 ノストさんは何かを言いかけて、やっぱりやめたように、そこで言葉を止めた。私が不思議に思って、指の隙間から、ちょっとだけノストさんの表情を窺ったら、彼のダークブルーの瞳とばっちり目が合って、

≪最初は、本当にそれだけだった≫

 ………………え?
 目が合った瞬間、頭に流れ込んできた声。

≪だがそのうち、コイツについて歩くのが当然のようになっていて≫

 これ、は……まさか……、
 ……ノストさんの、心の声……?

≪コイツの隣が、居場所のようになっていた≫

「……おい」
「え……あ、……その」
「?」
 ノストさんに声をかけられて、はっと我に返った。
 大きく目を見開いて、指の間から見つめてくる私を訝しがったらしい。声をかけられた私は、慌てて指を閉じて再び目を隠した。だけど、どうしたらいいのかわからなくて、手の下で顔が熱くなるのがわかった。
 ………………どうしよう。涙、出てくる。
 バレないように目は押さえていたけど、鼻水がやばくて鼻をすすったら、すぐバレた。
「……何だ、さっきから」
「…………あ、あの……さっき……目、合ったら……っ、ノストさん、思ってること……聞こえ、ちゃってっ……」
「………………」
「ごめん、なさい……っ」
 ……正直に、話した。しゃっくり混じりの私の言葉に、ノストさんは、何でわかったんだとか、突っ込まなかった。それ以上に、自分の内が覗かれたっていうのが不愉快だったのかもしれない。
 私も、ノストさんの思ってることを聞いちゃったなんて、なんだかノストさんの心の内に土足で踏み込んだような気分で、嫌だった。
 ……でも、聞こえてきた言葉が、凄く嬉しい言葉であったのも確かで。
「でも……嬉しい、ですっ……」
 だから、ボロボロ涙が出てきて、ボロボロ泣いた。こんなに泣いたの、久しぶりかもしれない。
 喉がつっかえる。仰向けだから尚更だ。そのせいで喉が詰まって、視界を閉ざしたまま咳がしたら、ぐっと体が起き上がった。ノストさんがイスを起こしてくれたらしい。イスの前足が床につく感覚がして、ようやく私は元の体勢に戻る。
 私は……居場所って、思われてるんだ。
 ……嬉しかった。嬉しくて、涙が溢れてくる。胸が熱い。
 ノストさんには、帰る家がない。居場所がなかったんだ。だから……いつの間にか、私の隣にいるのが当たり前になっていて。そこが、居場所のようになっていて。
 ……それは、私だって同じだ。
 それで、私は気付いた。
 ブリジッテ様と、ノストさんが並んで歩いていた光景。私は寒気まで感じて、それが嫌だと思った。
 私は……ブリジッテ様に、居場所をとられてしまうみたいで、嫌だったんだ。自分の唯一の居場所を、とられてしまうのが……怖かったんだ。
「じゃあ……ノスト、さん……」
「……何だ」
 しばらく経ってから落ち着いてきた私は、涙をずっと拭っていた手を静かに下ろして、後ろにいるだろうノストさんに声をかけた。
 そこで、私は初めて、自分から振り返った。青白い月光に照らされた、2歩くらい後ろに立っているノストさん。相変わらずの無表情。他人には無関心だし、態度はデカイわ口は悪いわ、いろいろ振り回されっぱなしだけど……妙な場面で意外と優しかったり、物事をしっかり考えていたりするのを、私は知っている。

 本当に、本当に。お世話になりっぱなしの、そんな彼に。
 私は、これ以上ないくらいの……安心しきった笑顔を浮かべて、言った。
「これからも……隣に、いて下さい。私も……村から追放されてて、居場所なんて、なくて……ノストさんと、同じですから」
「………………」
「つらくなったら……いつでも、いなくなっちゃって構いませんから」
 今はまだ、居場所として見られているけど……ノストさんは……いつか、そう遠くないうちにいなくなる。
 だって彼は、不老。私は、普通の人間。この家にいるのがつらくなるように、私の隣にいるのも、そのうちつらくなる。
 その時が来るまでで、いいから。

 この人の隣にいたいって……そう、祈っててもいいかな?