monophobia

13 破壊者

 最初、目を開いた時、真っ白が見えた。
 ボーっとそれを眺めていると、だんだんと視界がはっきりしてきて、凹凸がわかるようになる。視覚的にも、感覚的にも、多分これは……ベッドだ。それもかなりフカフカの。どうやら自分は、そんな高級ベッドの上にうつ伏せで寝ているらしい。
 わわ、天国!気持ちい~♪ ……じゃなくて。
 何で私、高級ベッドに寝てるの?っていうか、このフカフカ感、その辺りの宿屋さんにもない。ここ、何処だろう……?

 なんとなくだるい体をのそのそと動かして、私はベッドの上に座り込んだ。かけられていた布団が背後に落ちる。
 真横を見ると、細かな意匠がされた窓があった。きっとお城とかの窓は、全部こういう造りに違いない。近付いて窓の外を見てみると、綺麗に整備された庭園が見えた。……多分、ノストさんと地下牢から脱出する時に出た庭園だ。
 壁には上品なランプがさがっていたり、女性の小さめの肖像画がかかっている。ベッドの脇にある机には、高級そうな花瓶に生けられた盛花。……どうやら何処かの客室らしい。それも超豪華な。
 ふと自分の状況を見ると、私は神官服を着たままだった。とりあえず着替えようと、のろのろ神官服を脱ぎ出す。普段着の上にそのまま神官服を着たから、脱げばいいだけ。
「う……あたたっ……」
 脱いだ神官服をベッドの上に畳んで置いた時、不意に、お腹の……上?辺りが少し痛んだ。そこを摩りながら、私ははて、と記憶を手繰る。
 何だろ……?この痛さ、外から殴られた……って………………、
「………………あ、ああぁッ!!!」
 なぜか肖像画の女の人をびしぃ!と指差して、私は悲鳴に近い声を上げた。
 そ、そうだよ!全部思い出した!私は、セル君にお城に連れてってほしいって頼んだんだ!それでセル君が変なことしようとして、私が思わず抵抗しちゃったら、鳩尾を殴られて昏倒されちゃったんだ!
 と、ということは……ここは、イクスキュリア城~~っ!!? これからスロウさんに会うの!? ちょ……こ、心の準備がぁあ!
「……やっと起きたか」
 私が頭を抱えて悶えていると、部屋のドアが開く音がした。それから聞き覚えのある声。振り返ると、やっぱり真っ黒な男の子……セル君。
 彼は呆れた顔で、肩で溜息を吐いた。
「お前、2日間丸々寝てたぞ?」
「え、えぇ!? そ、そうなの?!」
「昏倒慣れでもしてなきゃ、確かに1日寝込むかもしんねぇけど……2日は寝過ぎだぞ」
「そ、そういえば……なんか……物凄く、お腹空いてるような……」
 お腹がぐるぐる鳴りかけて、私は慌ててお腹を抱えた。う、うあ……意識したら、さらに空いてきた……し、死ぬぅう~!
 セル君は「だと思った」と言って、私に背中を向けて言った。
「メシ出すように言っといたから、ついてこいよ」
「えっ、本当!? ありがとうセル君!命の恩人だよ!」
 さっきまで燃料切れで動けなかった私。その言葉を聞いた途端、ベッドから飛び降りて、我ながらすっごく嬉しそうな顔で言った。お腹空いてる時のご飯の味は格別だよね!
 するとセル君は、一瞬ギクッとしたような顔をして、慌てて私から距離をとった。
「さ、さっさと行くぞ!」
 カランコロン下駄を鳴らして部屋から出ていきながら、妙に動揺した声で言い捨てていった。両手の拳を握り締めて立つ私は、首を傾げる。
 セントラクスでもそうだったけど、一体何なんだろ?もしかして、結構照れ屋さんなのかな?それか、もしかしてちょっと嫌われてる……?うーん……。

 後を追って部屋の外に出ると、モフッとした感触が靴の裏からした。足元を見ると、床に敷かれてる赤い絨毯がすっごくモフモフいってる!わわっ、面白い!すごい田舎者!
 城内はとても大きかった。天井が物凄く高くて、比例して壁も物凄く縦に長い。その長い壁には、主に大きめの絵画やレリーフが飾られていた。王様とかの趣味なのかな?
 セル君と二人、広い通路を歩いて行くと、城の入り口付近らしい大広間に出た。その真ん中を、奥へと続く階段が縦断していた。その前を通りすぎ、さっき私達がいた棟と反対側にあった棟へ歩いて行く。
 その間、使用人らしい女性や男性、そのほか軍人さんとすれ違った。思ったより城内にはいろんな人がいる。彼らは私を物珍しげに一瞥するけど、セル君がいるからか何も言ってこない。中には、セル君に簡単な挨拶をしてくる人もいる。やっぱセル君、お城の人なんだ。
「……そういやお前」
「え?」
「アイツはどうした?一緒じゃないのか?」
「アイツ……?」
 私の前を歩きながら、セル君が聞いてきた。絨毯の上を歩いているから、下駄の良い音は鳴らない……残念。なるべく隣に並ぶように努力しながら、私がオウム返しに聞くと、セル君は一言添えた。
「ディアノストだよ」
「……あ、ノストさん?」
 今、すぐにピンと来なかった。そうだよね、あの人、本名はディアノストだよね……ノストさんはノストさんだったから忘れてた。
 私はちょっと悩んで、自分で首を傾げながら答えた。
「えっと……アスラで、別れた……?」
「別れたぁ?」
「私が夜中に勝手に出てきた……っていうか……」
「はぁ?! お、お前なぁ……それ、狙って下さいって言ってるようなもんだぞ?」
「そ、そうだけど……」
 セル君の言い分はもっともだ。サリカさんにも似たようなこと言われたし。
 でも、やっぱり……ノストさんに迷惑かけたくなかった。今思えばあの時、サリカさんに会わなかったら……私、どうなってたんだろ。別のルートでこの場にいたのかな。
 ……と思っていたら、なんだかいい匂いがしてきた。ふわぁ……空腹の今は毒ガスみたいだ……つ、つらい。ご飯食べたいーー!!
 立ち止まった部屋のドアに手をかけて、セル君が言う。
「ということは、ディアノストが今、何処にいるかはわからない……か」
「うん……」
「……まぁ、探す必要もないだろうが」
「え?っていうかセル君、ノストさん知ってるの?」
 なんだか親しげにも聞こえる、セル君の口調。さっきから気になっていたことを聞くと、彼は「いや」と否定した。
「話で聞いていただけで面識はない。お前から見てどういう奴?」
「えっと……悪魔の化身?」
「は?」

 

 

 

  //////////////////

 

 

 

「ごちそうさまでした♪ 凄くおいしかったです!」
「そうかい?ははは、なんだか嬉しいな」
 両手を揃えて、私は上機嫌の満面の笑みでそう言った。コック帽をかぶったおじさんが、少し照れ臭そうに頬を掻く。
 セル君に連れて来られた厨房には、コックのおじさんと、見習いらしい若い男の人がいた。私達が着いた頃には、すでにテーブルにはおいしそうな食事が並んでいた。賄いとかじゃなく、ちゃんとした一式メニューだった!びっくり!!
「私なんかのために、ありがとうございます!」
「そんなに喜んでもらえたら嬉しいよ。最初は彼の依頼だからって作ったけど、いやぁ、作ってよかったよ」
 私の隣に立つセル君を目で示しながら、おじさんは嬉しそうに言う。
 ふわぁ、本当においしかった~♪ やっぱりお城の料理人さんは違うね!オムレツのふわふわとした食感……うーん、凡人にはマネできないよ。
 厨房の二人に別れを告げ、部屋を出る。ほわほわ満足げな私に、セル君が声をかけた。
「メシ食ったんなら、次行くぞ?」
「へ?」
「……スロウんとこだっつの!」
「あっ」
 ……本来の目的、忘れてた。
 セル君に一喝されて、私は一度目を閉じた。
 おいしいご飯を食べて人とお話したせいか、さっきより落ち着いていた。心の準備を整えるのと、考えを整理していく。
 スロウさんに会って、何から聞こう。答えてくれるかくれないかは、とりあえず考えない。
 ルナさんのこと。お父さんのこと。私を投獄した理由。……聞きたいことはたくさんある。
「………………よし」
 目を開いて、私はぐっと拳を握った。よし……思う存分、食らいつくぞっ!
「いいよ、セル君。スロウさんのところに連れてって」
「……本当にいいんだな?」
「うん。聞きたいこと、たくさんあるから」
 やっぱり心配してくれるのか、念押ししてくるセル君。私がはっきり言うと、セル君は深い溜息を吐いて歩き出した。さっきの広間の方へ向かう。
 その広間の中心にあった階段を上りながら、彼は言う。
「スロウに気を許すなよ。アイツに情は通じない。事実のみで対抗した方がいい」
「うん。……えへへ、心配してくれてありがと、セル君っ」
「ばっ……そ、そういうんじゃ……!」
 セル君は赤い顔で言い返してきたけど、しどろもどろになって結局ぷいっとそっぽを向いた。なんだか可愛い!
 階段を上り切ると、正面に大きな扉が鎮座していた。大きさだけで威圧感を覚えるそれは、きっと、謁見の間の扉だ。
 思わず、ごくりと唾を呑み込んだ。そこを通るのかと思ったら、セル君はその扉を無視して左の方に曲がった。……あ、あれれ??
 そちらを見ると、その謁見の間の扉と比べると小柄なドアがあった。まるで舞台の控室みたいだ。
「スロウは参謀だから、ここで仕事してることが多い」
「あ、そっか……」
 簡単な説明をして、セル君が、控えめに装飾がされたそのドアレバーを掴む。私は今更緊張してきて、強く拳を握り締めていた。
 押し開かれるドア。息を吸い込んで、私もセル君の後に続……
「わっぷ!」
 ……こうとしたら、ぶつかった。進んだと思ったセル君が立ち止まっていて、その背中に思いっきり顔面から激突した。
 鼻を擦りながら様子を窺うと、セル君は肩で大きく息を吐きだした。
「いねぇ……」
「……え? い、いないの??」
 え、ええー?? 肩透かし食らった気分!セル君の後ろから、そろーりと室内を覗いてみるけど、確かに人の気配はない。
「仕方ねぇな、ったくあの野郎……探してくるから、ここで待ってろ」
「わっ!? ちょ、ちょっとセル君!?」
 彼は面倒臭そうに頭を掻きながら、私を避けて部屋から出た。かと思うと、私をどんっと室内の方に突き飛ばして、ばんっとドアを閉めてしまった。
 たたらを踏んで勢いを殺してから、私は慌ててドアに駆け寄った。こんな広い城の中で一人にされるのは不安だ!追いすがって文句を言おうとドアを開く。
 けど……、
「あ……あれ……??」
 セル君は、もうそこにいなかった。部屋を出てキョロキョロと人影を探すけど、あの真っ黒で目立つ姿は何処にもない。は、速っ……もう階段下りたのかな?見失った……。
 いろいろ不安でいっぱいだったけど、一人で城内を歩き回るのも怖いし、言われた通り部屋で待つことにした。ドアを閉じて中に戻る。
 事務室内は、わりかし綺麗に整頓されていた。採光窓で明るいデスク周りは、書類や本、ランプが置いてあるくらいで無駄なものはない。
「あれ……」
 ふと、整頓されたデスクの隅に、伏せられた写真立てがぽつんと置いてあることに気付いた。興味半分でそれを立ててみる。
 三人の人が映った、少し古ぼけた写真だった。間に立った大柄な男の人が、両側の二人の肩に腕を回して笑っている、微笑ましい光景。ちょっと長い灰色の髪を結ったその男の人は……お父さんだ!記憶の中、そのままの。
 その二人の、私から見て右側に立っているのは、20代くらいの男の人。暗めの青髪と紫の瞳。静かに笑って、お父さんの馴れ馴れしい行為を許している。
 もう一人の、男の人は……、
「気になるか?」
「っ!?」
 私が息を呑んだ瞬間、耳元で声がした。反射的に写真立てを倒し、ばっと振り返っていた。
「これは失礼」
 いつの間にか、すぐ横に人がいた。驚きと警戒で素早かった私の行動を見て小さく笑み、その人は少し離れる。
 長身の男の人だった。まっすぐな暗めの青髪、細められた紫の瞳。既視感のある容貌。
「………………貴方が……スロウさん……?」
「いかにも」
 声を絞り出して聞いた私に、彼は何処となく妖しい笑みを浮かべた。

 まるで神官服を真っ黒にしたような服だった。肩には灰色の羽毛の飾りがついている。ちなみに、セル君とは違って変な模様はない。腰には、白い柄と黒い柄の刀が左右に一本ずつ刺さっていた。この人……双刀使いなんだ。
 ……なんだか息苦しい。目の前にいるだけなのに、圧倒されてるのか、緊張してるのか、体が強張る。なんとなく、サリカさんやセル君が危険と言ってた意味がわかった。
「一度、上手いこと籠から逃げ出した鳥が、わざわざ舞い戻ってくるとはな。さらには、私に会いたいと来た。愚かだな」
「き……危険は承知の上です!」
「それもそうか。村を焼かれてしまえば、帰る家もないだろうからな」
「!? どうしてそれを……」
 ぞっとした。どうしてこの人がそんなこと知ってるの……!?
 直後、脳裏に閃いた言葉があった。

『国の兵士達が来て、村に火の矢を降り注がせたんだよ!!』
  『シャルティア参謀のスロウ=エルセーラ。シャルティアを……こう言っちゃなんだけど、愚鈍な王を操って牛耳ってる黒幕だ。3年前に職についてからずっとさ。ルナの指名手配をしているのも奴だ』

 村でのクレアさんの言葉と、セントラクスでのサリカさんの言葉。
 それらが組み合わさって浮かび上がってきた、1つの可能性。私は気付かないうちに、拳を強く握り締めていた。
「………………まさか……貴方が……!!!」
「思ったより察しが良いな」
 私の言わんとしていることを先読みして、スロウさんは意外そうに言った。
 その瞬間、私の中で何かが弾けた。
「何で!? 何でですかっ!! どうしてっ、村を焼いたんですかっ!!!」
 無意識に身を引いていた分の距離を一気に詰めて、私はスロウさんに荒い語気で問い詰めていた。
 この人が……この人がっ、いい加減なこと言って、国の軍を動かしたんだ!そして、村を焼いたっ……!!
 しかしスロウさんは、動揺も後悔も表情に浮かべることなく、淡々と返してきた。
「何に怒っている?」
「それは、貴方が村をっ……!」
「お前は村人達を信用していた。お前は村人達に信用されていなかった。ただそれだけのこと。やつあたりは醜いぞ」
「……っ……!」
 ……認めたくなかったことをはっきり言い当てられて。今までそうして自分を支えてきた私は、崩れるように動揺した。

 そう……スロウさんの言う通りだ。
 私は、みんなを信じてた。温かく迎えてくれるって信じてたんだ。
 でも、みんなは……私を、信じていなかった。ずっと信じていたのに、村から追放された。私は、裏切られた気持ちでいっぱいで……私が怒っているのは、信じてもらえてなかったことに対する、やつあたりなんだ……。
 きっと、村のみんなみたいに、お互いに信じあえてたら……こんなことがあっても、みんな、あんなに冷たい目をしないよね。やっぱり私は……信用されてなかったんだ……。
 何も言い返せなくてうつむいた私に、彼は静かに語る。
「村を焼いたのは、表面上は、ルナ=B=ゾークを匿った罪に対する村への処罰だ。だが本当の目的は、お前を村から放つため」
「私を、村から放つ……?」
「お前がルナに似ていたせいで処罰を受けた村は、当然お前を追放する。お前には、帰る場所がなくなる……」
「………………やめて……下さい……っ」
「するとお前は、自分に似ているルナに興味を抱く。帰る場所もない、当てもないなら……ルナを探した方が、まだ自分を保てるだろう?」
「やめて下さい……っ!!!」
 それ以上、聞きたくなかった。耳を目を塞ぎ、数歩後ろに下がってデスクにぶつかったところで、私は縮こまった。
 知ってるよ、これは私が、自分のためにしていることだって。哀しいことを思い出したくないから、ルナさんを追いかけているんだって。自我を保つために、していることなんだって。
 閉じた瞼の裏で、クスクスとスロウさんの笑いが響き渡る。
「だが、まさか私を訪ねてくるとはな。なぜ私を訪ねた?」
「………………牢屋から出て……貴方のことを知って、戻ってきたんです」
 少し落ち着いてきた私は、うっすらと目を開いて小さく答えた。耳を塞いでいた手を下ろし、さっきより少し離れたスロウさんを、できるだけ強い目で見上げる。
「……貴方に、聞きたいことがあります」
「ほう?」
 スロウさんはそこに立ったまま、興味深そうに私の言葉を待つ。恐怖を感じる自分を、大丈夫だと宥めながら、私は声を開いた。
「昔……貴方は、おと……剣豪ヒースの弟子だったって聞きました。それから……ルナさんも」
「フ……懐かしい話だ。確かにそうだ」
「ならっ……貴方は、お……ヒースとルナさんを身近に知っているはずです。私は……ルナさんのことを知りませんでした。でもルナさんは、貴方の言う通り、赤の他人には思えないくらい、私にそっくりで……」
 怖い……というより、何でって気持ちの方が強かった。
 何で知らない人が、私と同じ顔なんだろうって。
 知りたいけど、知りたくない、でも知らなくちゃ。

「ルナさんは……一体、何者なんですか?!」

 心の準備をした時に、話す順序を決めたはずだった。でもまだ完全に冷静じゃないせいか、その順序を思い出せなかった。
 とっさに口を突いて出たのは、一番聞きたかったこと。
 ……言ってしまってから、「私にとって」という言葉が足りなかったと思った。スロウさんにとってルナさんは同門くらいの存在だろう。完璧に自分視点の言い方だった。
 スロウさんは考えるような間を置いてから、私の警戒した目を見下ろして言った。
 紫の瞳を、楽しそうに笑わせながら。

「聞いてどうする?破壊者ステラよ」

「……え?」
 その先を問おうとしたけど、できなかった。
 突然、慌ただしく部屋のドアが開け放たれたからだ。私とスロウさんが振り向くと、一人の軍人さんらしき男の人がいた。敬礼をしたその人が口を開くより前に、スロウさんは身を翻していた。
「客だ。お前も来るといい。いい物が見られる」
「客……?」
 身を引いた軍人さんに続き、スロウさんもそう言い残して部屋を出ていった。ちょっと悩んだけど、私も後を追った。
 スロウさんは、軍人さんと手短に話をしながら階段を下りていく。付かず離れず、私は二人の後ろを行く。
 大広間まで下りてくると、軍服を着た人達が足早に歩きまわっていた。それぞれが剣や槍など武器を持って、城の大きな扉を睨み据えるように陣を敷いている。緊迫した空気が漂う。
 スロウさんはその軍人さんたちを掻き分けて進み、最前線へと出る。そのままついてきちゃった私もその横にいたけど、よく考えたら私……とっても場違いじゃ!?
 だって何か、物々しい雰囲気だ。まるで、何かが攻めてきたみたいな……。
 途端に緊張してきた。軍人さんにつられて、私も扉を凝視する。

 やがて――
 その大きな扉は、思いのほか静かに開かれた。
 向こうに、ひとつの人影が見えた。