fragment

55 Ash 03 作り物と想い

―――見ていてイライラするわ―――

 波紋のように、部屋に響いた――声と呼べるかわからない、透明な「声」。
「っ……?」
「誰だ!?」
 ミカユがキョトンとした顔で周囲を見渡し、セルクが鋭い声を上げる。しかし、部屋を見渡しても、声の主はいない。自分達の他に、この部屋にいるのは、ベッドの上のステラだけだ。

―――警戒する必要はないわ 私は敵じゃない―――
―――まぁ 味方でもないけれど―――

「……ノスト、この声……」
「………………」
 サリカも気付いたらしい。ドア近くにいるノストは振り向く彼を見ず、ただ自分の耳が確かであったことを知った。
 この声……聞き覚えがある。
 しかし、なぜ彼女が?それに、一体、何処から話しかけてきている?
 窓の外は、相変わらず雨だ。外には、特に何も見えない。
 部屋に視線を戻したら、ふと、ミカユが目に入った。彼女も、こちらの視線に気付いて振り向き……そして、少し驚いたように水色の瞳を見開いた。
「……ノスト君、後ろ……」
 ぼんやりとだが驚いた口調で、ミカユがノストの後ろを指差した。セルクとサリカもこちらを向き、目を見張る。
 言われるまま、ノストは背後を肩越しに振り返り。……いつも揺るぎないその無表情に、少しばかり、驚きが生まれた。
 自分の背後の、板張りの壁。そこに、自分の影が見えた。
 ――自分と同じ背丈を持つその影が。

 素早く、他のメンバーの足元に目を落とす。自分とは違って、三人の影は、それぞれ彼らの足元で丸く縮こまっている。
 ――そう、それが普通だ。灯りはつけてない上に、雨降りで太陽もロクに出ていない今、光源らしい光源はない。それなのに……寄り添うように立っている、真っ黒な自分。
≪借りるわよ。仮にでも姿があった方が話しやすいわ≫
 体が一応できたからか、声は先ほどと違って、透明な響きではなかった。……それもそうだろう。影が、直接喋ったのだから。
 文字通り、口の辺りが裂け、動いたのだ。一体、どうすればそんなことができる?
「……君は……カノン?」
≪……どうして覚えてるの?忘れていればよかったのに≫
 サリカが慎重にノストの影にそう問うと、影――カノンは、嘆息混じりに、そして遠回しに肯定した。
 ――間違いない。オルセスで会った、異形、そして幽体の少女カノンだ。彼女もまた、いきさつはわからないが、【真実】を知る者だった。
 しかし彼女は、ウォムストラルの促す力……そのものがあるべき姿に戻るように働く力で、神界ユグドラシルに還ったはずだ。なぜ、ここにいる?
≪知っているはずよ。園界エオスは、神界ユグドラシルの一部。だからエオスは、常にユグドラシルと接しているということ。ユグドラシルからエオスへの干渉は比較的簡単なの。影を介して話すのが限度だけれど。こっちに還ってきてから、ずっとアンタ達を視ていたわ≫
 こちらの思考を読んだように、カノンがさらさらと説明した。
 この世界――エオスは、ユグドラシルの一部分だ。ユグドラシルを漂う魂が、このエオスに入ることで、命が生まれる。そして死んだ命から抜け出た魂は、エオスを出て、ユグドラシルへ。そうして転生は行われると言われている。いわば、エオスは神の「箱庭」なのだ。
 そしてユグドラシルは、エオスのすべての情景を一度に視ることができる、全知の世界。アルトミセアが著した聖書は、ユグドラシルをそう表現している。
 ノストの影をしたカノンは、≪まぁ、それはどうでもいいわ≫と言ってから。
 あまりにも呆気なく、それを口にした。
≪教えてあげる。ステラは、ルナの複写よ。複製とも言うかしら≫
「な……お前!」
「えっ……」
「……ちょっと、ためらいなさすぎじゃないかい?」
 ほぼ同時に、三人から非難の声が上がった。軽すぎる口調にセルクが怒り、ミカユが呆然とし、サリカは苦笑しつつも、その裏には軽蔑が見え隠れしていた。
 自分達がなかなか口にしたくなかった、その重大な一言。三人がノストを案じて、そっと彼を振り向いた。
 しかし、彼は、さっきと同じ体勢のままで。――いつもと、まったく変わっていなかった。
「……複製?」
 現実味がない話を聞いた時なんかは、きっとこうなるのだろう。ステラのことを話しているというのはわかっているのに、まるで他人事のように、感覚が鈍い。
 三人が思ったほど衝撃を受けなかったノストは、確認をとるように、カノンにそう聞き返していた。カノンは少し驚いた様子で≪そうよ≫と頷き、
≪ステラは、オースで構成されたルナの複写物。そういう意味では、ステラはアルカと同じと言ってもいいわ≫
 ……オースで構成された複写物。そういえば猫のユーリが、ステラはこの土地の人間じゃないのに、オースを宿しているとか言っていた気がする。
≪ついでに言うなら、ステラのクロムエラトは、アルカのオースが大気中のオースを共鳴させて引き起こす外界干渉とほぼ同じ。ただ、クロムエラトの場合は、そのパターンに統一性がない。その力には、その時のステラの想いが強く影響するわ≫
 教団用語なのか、何を言っているかは理解しきれなかったが……あの馬鹿が、アルカと同じ作り。ユーリはアルカに酷似していたが、ステラは根本からアルカ。
≪創られた命なのよ。だから当然だけど、ステラは、とても繊細な作りをしている。強烈な心の負荷には耐え切れないわ。だから【真実】を知った時、それはステラが壊れる時だと……そう思っていた≫
「……は?そう思っていたって……」
 セルクは間の抜けた声を上げて、思わずベッドの上のステラを振り向いた。ステラの意識……概念で言うなら、「魂」の気配は、相変わらず感じられない。
 『そう思っていた』――現に、そうではないのか?

 カノンは、セルクのその怪訝そうな言葉を掻き消すように、不満そうな口調で言った。
≪借りは返すわ。今は、ステラを救うのが最優先よ≫
「……『救う』?どういうこと?ステラ君は……壊れて、ないのっ?」
≪壊れてるわ≫
 その単語を聞いて縋るように聞いてきたミカユに、カノンは非情にもきっぱりそう言った。ミカユが残念そうにうなだれる。しかし、カノンの言葉には、まだ続きがあった。
≪そう、壊れている。けれど……意識は砕けただけで、散って・・・はいないわ≫
「……?」
「砕けただけで、散ってない……?」
「つまり……ステラの意識は砕けたけど、そのカケラは、全部まだステラの中にある……そういうことかな?」
≪まともに話の通じる相手がいないのかと思ったわ≫
 考えすぎて訳がわからないミカユとセルクが首を傾げる中、言葉の意味をそのまま解釈してくれたサリカに、カノンは遠回しに頷いた。
≪本来ならば、意識は砕け、それを構成していたオースもほどけて、大気中に還るはずだった。そして、軸である意識をなくしたステラの体も、構成を維持し切れず、後を追ってオースがほどける。……けれど、ステラの体は、まだそこにある。つまり、意識もまだそこにあるということよ≫
 なんだかよくわからない言葉を並べられたが、要するに本当は、心が壊れたらステラごと消滅するはずだったのに、なぜかそうなっていない……そういうことだろう。サリカは、これでも神官だからか、理解し切れているようだ。セルクとミカユも、思ったより平然とした顔で聞いている。
「でも……何でだ?」
≪クロムエラトよ。きっと壊れる寸前に、『壊れたくない』と思ったのね。意識を組んでいるオースがほどけないように……そう力は働いている。でもそれは、消滅するまでの時間稼ぎでしかないわ≫
 セルクが腕を組んで不思議そうに呟くと、すかさずカノンが答えた。まるですべてを知っているかのようなカノンに、サリカが意味深な笑みを浮かべて言った。
「ふぅん……なるほどね。カノン、君、随分ステラについて詳しいね?」
≪……本当、嫌な性格してるわ。【真実】も、3年前のことも知っているなら、私のこともわかっているはずよ≫
「さぁ、何のことかな?」
 影の姿だから表情はわからないが、恐らく睨んでいたはずだ。その気迫にも動じず、サリカはそう言って受け流した。

 ステラは、確かに壊れている。ただ運良く、すぐには消えずに残っているだけで、そのうち消滅する。
 しかし、先ほどのカノンの言葉。「救う」と言った。ということは……何か、考えがあるのだろう。
「……どうすれば直る?」
 今まで黙って話を聞いていたノストが、影のカノンに問うと、カノンは何処となく驚いたように間を空けてから、口を開いた。
≪確証はないけれど……望みがあるとしたら、ラシュファね≫
「ラシュファ……?」
再生ラシュファ。そのものをあるべき姿に戻す、ウォムストラルの力よ。カケラが散っていたら手も足も出なかったけれど、カケラが出揃っているなら、後はそれを元に戻せばいい。……ただ……≫
「……何か、問題でもあるのかい?」
 今まではきはきとしていた彼女の声が、不意に揺れた。こちらまで不安になるような声に、サリカが慎重に聞くと。

―――意識が戻っても 私はステラを目覚めさせることはできない

 ……返答は、別のところからした。
 この、不思議な歌のような、独特な声の主は――、ステラのスカートのポケットにいる。
 ミカユがステラのポケットから、虹色に輝く石を取り出すと、声の主……ウォムストラルは申し訳なさそうに言った。

―――確かに ステラの意識を構成するオースを元に戻すことはできるわ
―――でも私は ステラを起こすことはできない

「……? 意識が戻ったら、起きるんじゃ……」
≪人間と同じように考えないことね。あくまでも、ステラは作り物よ≫
「お前っ!そういう言い方……!!」
 ステラを「物」として呼ぶカノンに、カッと来たセルクが思わず声を荒げた瞬間、
≪なら、アンタはどうなの?≫
「―――ッ!!」
 冷ややかな声が投げかけてきた問いに、セルクは体の芯を凍らせた。
 ノストとサリカが目を向けると、さっきまで怒りに染まっていた彼の顔は、ひどい動揺に塗り替わっていた。ベッドの前に立つミカユも、何処か緊張した表情で体を強張らせている。

 ……沈黙が、下りた。
 そして、それを破ったのもまた、カノン自身だった。
≪……話が反れたわね。とにかく道具は、壊れた部分を直しても、きっかけがあって使わなければ意味を成さない。意識が戻っても、きっかけなしでは目覚めないわ≫
「………………」
≪私が呼びかけてみるけれど……一度、壊れた意識じゃ、きっと話にならないわね。あとは、ステラが目覚めたいか否か次第よ≫
「……もし、ステラが目覚めることを拒否したら?」
≪恐らく、二度と心を開くことはないわ。……私より、ステラの方が想いの力は強いもの。……ウォムストラル。頼んだわよ≫
 サリカの問いに答えたカノンは、その後を小さな声で言い、最後だけはっきりとした声で言った。
 ウォムストラルが了承すると、カノン――ノストの影は、するすると彼の足元へと引っ込んでいく。それを見届けていると、ミカユの手の上のウォムストラルが言った。

―――私をステラの傍へ 意識の構成を直すわ

「……、……うん……」
 硬直していたミカユは、『彼女』に指示され、ようやく動き出した。石をのせた両手を、ベッドの上のステラに静かに近付けると。全員が見守る中、ウォムストラルは、聞き慣れない言葉で歌い出した。

ロアンニレイ アテルト=ステラ
ヨル=ワエリア ヨル=メゾラ ラシュファストサイア

 澄んだ輝きを秘めた、壮麗な歌。その歌声につられるように、石が、優しい光をどんどん強くしていく。
 『彼女』の声が透明で美しいということを抜いても、神秘的な響きを持つこの歌……混沌神語で歌われている。が、何を言っているかはサッパリだ。狭まる視界でサリカの顔を見やると、奴は意味を理解できているようだった。
 やがて視界を、真っ白な優しい光が覆い尽くした。目に突き刺さるわけではなく、浸透してくるような不思議な光。
 再生ラシュファ――ウォムストラルの促す力。この光が、スロウのラミアスト=レギオルド・生闇イロウの精神攻撃を打ち消し、カノンをユグドラシルに強制送還した。思い出してみれば、確かに、この光はいつも、すべてを正常な状態に戻すように輝いていた。ジクルドの破壊ロアとは、正反対の力――。

 ……と。突然、目の前が黒に切り替わった。攻防時のまま、ずっとそこにいるセルクの黒だった。それでようやく、白い光が突如、消え失せたのだと知る。
「ステラっ……!!」
 自分と同様に、セルクも呆然としていたらしい。はっとしたように彼は動き出し、ベッドの傍に立つミカユの横からステラの様子を見る。
 そこから動かぬまま、ノストも、眠る彼女の顔を見て。……なんとなくだが、そこに舞い戻ってきた気配を感じた。
 ミカユの手の上で、さっきより光が弱くなった気がするウォムストラルが喋った。

―――構成は元に戻ったわ あとはカノンの働きかけ ステラの意志次第
―――だい……うぶ ステラは……の名を…つ子……の

 ウォムストラルの声が、遠く、くぐもっていく。
 力を使い果たしたらしい。ラシュファには、大量のオースを消費する。ここがいくらオースが満ちるナシア=パントだとしても、すぐには供給しきれないようだ。

 大丈夫
 記憶は脳に刻まれ
 想い出は心の奥底に刻まれる
 だから 記憶より想い出は儚いものだけど
 例え消えていても 心がある限り 消えることはないわ
 だからどうか ステラを信じてあげて

 最後に、ウォムストラルは温かな気持ちでそう願い。
 次に目覚める時は、ステラの声を聞けることを祈って。
 今は静かに、意識を閉ざした。

 ……………………