第12話伝承者

 伝承は、国によって違うという。  リギスト伝承は、ゼルスが知るルプエナのものとは大きく違った。  ルプエナでは、魔王は人々に邪険されて姿を消す。しかしリギストでは、神が魔王を追い払ったと書かれていた。  神を崇拝するリギストならではの、強烈な神への信仰心が浮き彫りになったものなのかもしれない。  遥か昔、世界には、何もなかったという。  唯一あったのは、万物の祖とも言える大いなる存在。  その世界には、アスフィロスという光の支配者と、ドゥルーグという闇の支配者がいた。  二人が何をしたわけでもなく、光と闇がいるだけで世界はその影響を受け、次第に変化していった。  その二人の存在によって天が生まれ、地が広がり、海が溢れ、そして命が次々に芽生えていった。  それが今、自分達が生きる世界——「現界」。光と闇の、融合世界。  そして魔王は、ルプエナでは人々に、リギストでは神に追われる。ルプエナはそこで終わりだが、リギストではまだ続きがあった。  ドゥルーグが逃げ込んだのは、自らが生み出した「冥界」という名の闇の世界。そして、そんな彼を追いやったアスフィロスも「天界」という名の光の世界に去ってしまう。  現界、天界、冥界。  世界が、3つあることになるのだ。 (キルアの言ってた伝承はこれか……)  この三界の存在こそが、リギスト伝承内の事実だろう。シドゥも認めていたし。  ルプエナ伝承の事実は、これもシドゥが言っていたように、太古の人々がドゥルーグを封印しようとしたという下りだ。  簡単に頭の中を整理して、ふぅと息を吐く。神学者じゃあるまいし、伝承について真面目に調べる日が来るなんて誰が予想しただろう。  陽は傾き始め、すべてがオレンジ色に染まる頃。  湖の水面も赤みを帯びた光を反射し、大きな鏡のように橙色に輝いていた。東側からは夕闇が忍び寄ってきて、物陰から西側の夕日の様子を窺っている。  アノーセル湖のほとりに、木の生えていない草原の広場があった。ここは神の湖の傍だし人が手を加えるとは考えがたいし、そんな痕跡もないから木を伐採したわけではなく、どうやら自然が作り出したものらしい。  その広場の縁、手近な木の根元に、ゼルスは寄りかかっていた。  ふと思考の海から引き上がると、意識外に追いやっていた爆裂音やら電撃音やらが、無視できないほどの音量で鼓膜を叩く。よくこれを聞き流して、今まで思考にふけっていたものだ。没頭すると周りが見えないのは昔からだ。 「えっとぉ……こーでこーで、コレでどーだぁッ!! 『氷結の刹那、イレイズ』!!」  人差し指でしゅぱぱっと空に光の文字を書き、キルアが勇ましい顔つきで名唱を言い放つ。ゼルスが考え事を始める前から行っている動作だから、もう魔力の文字列を体が覚えてきたようだ。  虹色に変化していた文字が蒼白に変わり、キルアの顔に喜色が浮かんだのは一瞬。  それを裏切って文字は真っ黒く変色し、黒い雷が火花を散らしたかと思うと。  文字列から、涼しげな音を立てて、杖のような太さの氷の針がキルアに向かって突き出した。  その蒼ざめた切っ先がキルアを貫く前に、その先に炎が現れ、氷の針を赤い舌で絡めとった。針は灼熱の炎に呑まれ、あっという間に湯気を吐き出しながら崩れていく。 「ううー!!! 何でならないの〜〜!?」  筆記と同じく慣れたもので、針が生える寸前に手を引いたキルアは、悔しげにだんだんと足踏みをした。何度目の失敗だろう。  しかし最初は、氷の針ももっと大きく、丸太のような太さだった。そのサイズのものが今のようにこちらに突き出してきていたので、腕に掠ったり、一歩間違えれば致命傷だったりと生傷も絶えなかった。しかし数を重ねるごとに、氷の針も少しずつ小規模になってきている。  ……というのも、魔法はもともと、精霊を命令によって従える術だ。使い手が未熟だったり疲弊していたりして、命令する力が不十分だと判断された場合、精霊が使い手に逆に牙を剥く。  今のキルアの状態がまさにそれで、精霊はキルアの魔法が未熟だと判断しているわけだ。精霊の抵抗する力がゼロになって初めて、術者は自分の意思で魔法を扱うことができる。  この精霊の判断によっては最悪死に至るケースもあるので、魔法の特訓には大抵もう一人、別の魔術師が付き添うものらしい。今のように、氷の針が術者を貫く前に、別の術者が傷を負わぬように援護したり。 「慣れてきたからですね、書き方が雑になってませんか?多分、導路の途中で精霊が迷ってしまっているんだと思います」  だからキルアの向かいには、フィンがいた。  横から夕日に照らされている彼女は、白い湯気が消える虚空を見て言う。 「氷結魔法は、風と水の精霊で別のものを作る魔法です。両方の精霊に指示を飛ばして混合して使役しますから、導路も繊細な作りをしています。他は綻びがあっていいですから、風の精霊の導路をもう少ししっかり作った方がいいと思います」 「あ、そーなの?? ボク、かーさんがそーだったから、いっつも使役文の方を集中して作ってるんだー」 「ええ、基礎魔法は精霊も一種類だけですし、導路も大雑把でもどうにでもなりますから、それで十分ですよ」 「あ、そっかーわかった!」  不意にキルアが、ぽんっと手を打った。 「フィーちゃんはボクと違って、導路をちゃーんと作ってるから、あんなキレイな魔法使うんだね!」  スッキリした笑顔で言うキルアとは対称的に、フィンは少し唖然とした顔をした。  それから、花が綻ぶように、はにかんだ微笑を浮かべた。これまでの親切そうなものとは違った笑みに、自然と目が行く。 「あら……そうですか?そう言われたのは初めてです。ありがとうございます」 「ねー!ゼルス、フィーちゃんの魔法キレイだよねっ!?」 「いや、俺にはわからん」 「ぶーぶー!!」  ゼルスにはさっぱりだ。魔術師同士にしかわからない世界なのだろう。 「話を戻しますが……爆砕と氷結の魔法はどうしても繊細な魔法なので、導路は丁寧に作った方がいいですよ」 「えー?? でもでも、それだったらとっさに使えないじゃんっ!」 「それは訓練次第ですよ。私が筆記なしで発動できるところ、見ましたよね?」 「う〜〜……」  ぶーっとふて腐れた顔をするキルアの態度に、フィンはくすくす笑った。  フィンは教え方も上手だし、何が原因なのかもしっかり見極めている。職業は聞いていないが、教師などに向いているのかもしれない。様になっているし。  フィンがキルアに魔法を伝授し始めて、一刻すぎ。やはり魔法に関しては天才なキルアは、あっという間に落雷、風巻、爆砕魔法を覚えてしまった。  残るは氷結魔法だけなのだが、どうやら他の魔法と勝手が違うらしく上手く行かないようだ。  的確な指導をするフィンを見ていたゼルスは、ふと、ずっと思っていた疑問を投げかけた。 「……しかし、エルフでも魔法って使えるもんなんだな?」 「ええ。そもそも魔法は、どの種族でも使うことができる可能性は秘めています。鳥族は最も魔術師の血が濃いというだけで」 「あぁ、そーいやそんなこと言ってたな……」 「エルフは精霊とともに生きるので、その延長で稀に魔法を使うことができる者がいます。魔法も精霊干渉の一種ですから。どちらも才能が必要ですけどね」 「へぇ、じゃあお前は才能あったわけな」 「ふふ」 「………………」  何気ない会話の中から、この得体の知れないエルフの実態を浮き彫りにしようとしてゼルスがかけた言葉は、フィンの曖昧な微笑で受け流された。  こちらの手が完全に読まれている。面白くない。喋ることと喋らないこととを明確に線引き、いや、強固な壁で隔たらせている。いくら殴ってもボロは出ない。  ふてくされた顔で、大人しく詮索するのをやめ、キルアを見る。彼女はしぶしぶ、再び文字を刻み始めていた。今度は心持ち、慎重に丁寧に書いているように見えた。 (なんか、俺も魔法の授業受けてる感じだな……)  二人の練習風景を見ていてわかったのだが、魔法を使う際に書く文字列は二文から成っている。聞いてみたら、精霊を指名する使役文と、その精霊を導く導路設定らしい。  導路設定というのは、精霊を導く道を作る際の設定。道を通る速度やら数やらを設定する。  そして肝心の導路は、脳内のイメージで『作る』らしい。もちろん一瞬で。この段階が、魔法が難しいと言われる所以でもあり、思念で扱う術だと言われる所以だという。  道の設定は、大雑把でもある程度は問題ないようだが、今の氷結魔法は、二種類の精霊を導くのもあるが、フィン曰く「風と水の精霊で別のものを作る魔法」だから、かなり精密に作らなければいけないのだろう。 「よーし行くよっ!『氷結の刹那、イレイズ』っ!!」  オレンジ色の世界に、虹色から蒼白に浮かび上がる文字。虹色の変化する文字が一色に固定されたら、それは精霊への指名完了の証。  次の段階が、キルアが問題としている導路形成だが……、  キルアの眼前に生えるように指定された氷の針が、何もない草原から、天へ向け切っ先から尖塔の如く出現する——途中で。  氷の柱に無数の亀裂が走り、氷の破片となって弾けて散った。 「……へっ?! え?えっ?! ど、どーして!?」 「おい、今のおかしくねぇか?なんか、今までと全然……」  キルアの狼狽ぶりを見る限り、彼女はできたと思ったらしい。ゼルスも傍でずっと練習風景を見ていたから、何か妙だと感じた。とはいえ、やはり魔法学は全然わからないので自信はない。  ゼルスが立ち上がりながら曖昧に突っ込んでみると、フィンは少し硬い表情をしていた。  こちらを見た二人に、声量を抑えた早口で言う。 「すみません、私がキルアさんの魔法を壊しました。ちゃんと成功はしていました。おめでとうございます。それはともかく……誰か来ます」 「何?」 「複数人います。もしかしたらアノーセル湖の管理団体かもしれません。見つかると厄介です。こちらに隠れましょう」 「お、おい……」  言うなり、フィンは先陣を切り、木々の隙間を縫って森の奥の方へ早足で歩いていく。  ただならぬ様子のフィンに、ゼルスもキルアも戸惑ってお互いを見た。二人には、こうしている今でさえ、近付いてくる気配などまったく感じられなかったからだ。 「と、とにかく追いかけよっ!」 「信じるのか?」 「だってホントみたいな顔だったデショっ!?」 「まぁな……仕方ねぇ」  逡巡の後、ゼルスもキルアの言葉に乗った。  地面を長方形に切り取る木々の影を飛び越えながら、少し離れたところで立ち止まる彼女の背中を追いかける。  樹の根元に佇むフィンは、近付いてくる二人を肩越しに確認し、ほっとしたように口元を緩めた。それから、すっと上を指差す。  その先を追って見上げると、青空の下では緑色に輝いていただろう枝葉が茂っていた。赤い陽を浴びている今は、吹き抜ける風にそよぎ、まるで炎のようだった。この森で一際目立つ大木だ。  そのまま木の上へと舞い上がった二人が、それぞれ太めの枝の上に着地する……のと同時に、ふわっとキルアの隣にフィンが着地した。 「ええぇ!?! と、跳んできたの??」  と、キルアが自分より格段に実力のある相手に思わず言ってしまうほどには、フィンは戦闘員には見えない。木の上への跳躍などは、少し戦える者なら当然ではある。  数分後、ゼルスとキルアの耳に、確かに遠くから話し声が聞こえてきた。  鷹目のゼルスが音の方向に目を凝らすと、枝々の間から人影が見えた。  青い服を着た四名。よく見ればそれぞれ剣や槍など得物を持っている。  木の上にいる三人が気配を殺し、その軍団の動向を見守る。  四名は、先ほど三人が魔法の練習をしていた辺りで一度足を止めた。先頭の男が足元の氷の破片を指差し、仲間達と何事かと言葉を交わすが、距離があるせいで耳をそばだててもなかなか聞き取れない。  やがて四人は、大きな口を開けて——溜息を吐いたらしい——こちらに背中を向け、奥の方へとどんどんと離れていった。小さくなる後ろ姿を見つめながら、フィンが小さく言う。 「……私達の声を聞きつけて来たみたいですね。今度は向こうに探しに行ったようです」 「だろーな……リギストの軍人だな、ありゃ」 「あら、そうなんですか?」 「『そうなんですか?』って……あの青い軍服がまさにそーだろ?」  急に少女のようにきょとんとした様子で聞いてきたフィンに、ゼルスが逆に目を丸くして、離れていく青い軍服を指差した。  リギストは今のように青、ルプエナは黄土色、北の大国カルファードは赤と、大陸三国の軍服の色ははっきりと分かれている。見間違えるはずはない。 「んー?なんで、キシダンがココにいるの??」 「さぁな。様子を見る限りじゃ、どーやら不審者がいないかチェックしてるみたいだな。俺らとか」 「おかしいですね。民間団体が管理しているはずでは……」  釈然としない様子のフィンの一言はもっともだ。少し考えて、ゼルスは簡単に推測を説明した。 「……リギストは、リギスト教がすべてだからな。王はリギスト教の教皇、軍は信者や神官を軸にした、通称『騎士団』だ。つまり軍は、王が編成したものじゃない、だから民間組織……って言いたいんじゃねぇの?」 「へぇ……不思議な国ですね」 「おいおい……キルアでも騎士団知ってたのに、お前は知らねぇのかよ……」  フィンは、「ええ、勉強になりました」と、少し困った顔で苦笑した。 「で、アノーセル湖は、表向きはマジの民間団体が観光案内しつつ、裏では軍……騎士団という名の民間団体が、規約破りがいないか巡回してるってわけだ。っても、そこまでやるか……?どんだけ大事なんだよ」 「アノーセル湖は、リギスト教では重要な場所ですから。信者には欠かせない場所なんですよ」 「なんかよくわかんない!」 「同じく」  アノーセル湖の価値については、飛族の二人の意見は合った。
挿絵
 ゼルスは枝を手でよけて、軍人達の様子を窺った。遠くに、豆粒くらいの大きさになった人影を確認する。これくらいなら動き始めてもいい頃だろう。 「さっさと立ち去った方が無難だな……アイツらに見つからねーうちにな」 「なんでー?? 見つかっても、キシダンなんてチョチョイのチョイッ!でしょっ??」 「アイツらくらいならな。けど正規の国の兵とドンパチやって、後で追跡でもされたら面倒だ」  軍服を着ているのは伊達じゃない。姿を見られたくない場合、昏倒させるのが一番手っ取り早いのだが、軍人相手に、こちらの姿を認めさせぬほどの一瞬で倒すことは恐らく不可能だ。  基本的に昏倒させる場合は、急所に手刀を打ち込むことが多い。相手に傷を負わせることもなく、余計な物音も立たないからだ。その点を考えると、ゼルスの弓矢やキルアの魔法は遠くから狙い撃ちできるが、どちらとも昏倒させるような代物ではない。特にキルアの魔法なんて、逆に存在をアピールするような規模だし。  納得した様子で、フィンが聞いてきた。 「そうですね。では、ここでお別れした方が良さそうですね?」 「あぁ、俺らはこのままここを出る。お前はまぁその強さだし、充分ステルス能力あるだろ」 「お二人は、これからどうされるんですか?」 「……誰だよ……各国の伝承集めてきてほしいって言ったの……」 「あ……そうでした」  当然ゼルスは、魔法を教えてもらった代わりに(厳密にはキルアだけだが)、フィンの依頼、「各国の伝承を集めてきてほしい」というものを遂行するつもりだった。  が、その本人がまさかのド忘れしていたらしく、申し訳なさそうに淡く微笑んだ。ゼルスは深い溜息を吐いた。 「ルプエナ、リギストの伝承はご存知なんですよね?となると、残るはカルファードとイプラストですね」 「んじゃーカルファードが近いねっ!うー、今の季節じゃなかったら雪見れたのに〜〜」 「春でよかったぜ……ほんと……」  カルファードは、ルプエナとリギストの北、大陸北側の大部分を占める大国だ。冬になると、首都レイゼークがある北方が銀世界に変わる雪国としても知られている。あんな真っ白な世界、人が生きていけるところじゃない。……と、寒がりのゼルスは思うのだった。  木の枝を蹴り上げ、開かれた空に舞い上がる。  西の空に逃げるように沈もうとする真っ赤な日を、東の空から忍び寄る宵の紺色と星屑の瞬きが呑み込もうとしていた。  ゼルスとキルアはそこからフィンを見下ろし、それぞれ挨拶代わりに片手を上げた。ブンブン腕を大きく振りながらキルアが笑う。 「じゃーねフィーちゃん!また会おーねっ!あ、会いたい時は何処行けばいーかなっ??」 「あ、そうですね……ですが、恐らくお二人の方が目立つので、近くにいそうな時は私がお二人を探しますよ」 「そっか〜ボクら飛族だもんねー!わかった!」 「いやいやおかしいだろ!? そんなんでいーのか?!」 「ダイジョブダイジョブ〜♪ ほらほらさっさと行こーう!」 「ちょっ押すな!!」  明らかに解決してないのに、女子二人であっさり承諾しあう。何処にいるとかせめて国名で言ってもらわないと出会うも何もない。  しかしキルアがどんどんと背中を押して、あっという間にフィンの姿は離れていってしまった。   ◇◆◇  傍目からは仲良しにしか見えない二人の姿が、橙色と紺色の境界の空に飲み込まれて消えていく。  木の枝を足場と腰掛けにして、生い茂る緑に囲まれながらそれを見上げるフィンの姿は、彼女がエルフだということも相まって、一枚の絵となっていた。今は夕刻でなければ、木漏れ日の輝きもあって、もっと美しい絵になっていただろう。  風が渡り、さわさわと揺れる木々。自分はエルフではない・・・・・・・が、それでも穏やかな気持ちになるのは、この姿のせいか。  赤く染まる西の空を見る。  真っ赤な半円の太陽と、その光を受けて橙色に染まる棚引く雲。橙色から、空色、紺色と、だんだんと変わっていく空のグラデーション。  太陽が沈む頃には、透明な宵色の天球に無数の粒が輝く。東からまた生まれ変わった太陽が現れれば、生きた色をした紫色の朝焼けが見られるだろう。  時を刻み、変化し続ける—— 一度として同じ表情を持たない、"刹那"に満ち溢れたこの世界は、なんて美しいのだろう。  葉を揺らす風の中、前に流れる琥珀色の髪を押さえて、フィンは微笑むように口を開いた。 「何か言いたげね?」 「……お前の考えることはわからない」  幹を挟んで向こう側。同じ樹から分かれる太い枝に、羽音とともに何かが着地した。  その大きな白い羽は、この新緑に埋め尽くされている森の中ではなく、青ざめた大空の下で映えるだろう。その濃い青装束は、夕刻の今はとても目立つ。  あの二人が図書館に行っている間、ゼドに会っていたフィンは、その時自分が言ったことを思い返した。   『ジークの依頼を受けたのも、貴方が妙な気配・・・・の元を探りに行った時に出会ったのも、あの二人で間違いないでしょう?』   『なら、話は早いわ・・・・・  ——本当、話が早かった。  回りくどい説明をするまでもなかったし、わざわざ正体を明かす必要もなかった。  くすりと小さく微笑んで、フィンは口を開いた。 「あの二人、知ってるわよ」 「………………」 「私達の存在・・・・・・。二人の支配者が実在することや従士の存在。どうやら向こうの従士の誰かと接触したようね」 「リラとは接触している」 「貴方とリラであの二人と戦った件ね。となると、二人に私達の存在を話したのも、恐らく彼女でしょう。初対面の相手に話す内容じゃないもの」  これまで脳内で推理していたことを、淡々と口に出しながらフィンは整理していく。  ゼルスとキルアに、神と魔王を信じているかと問うた時の反応。誰でも突然あんな質問をされれば動揺するのはわかるが、その仕方だ。  心拍数、呼吸、筋肉の収縮する音、『この両耳で聴き取れる』ものすべてを総合して、通常よりやや外れていたと断定できる。 「魔法を教える必要があったのか」 「それは取引のためよ。あの二人が伝承で史実を知ることが大事。……でも、廃れつつある魔法を教えられてよかったとは思ってる」  もう一度、フィンは茜色の空を見ると、先ほどより太陽は光を失っていた。気が付けば、斜陽の出方を伺うように、周囲の物陰からそろそろと薄闇が忍び寄ってきていた。そんな変化もなんだか愛おしくて、笑みがこぼれる。  変わっていく様子を見るのは、とても楽しいし、新たな発見がある。  そして自分自身も、それに押し流されるように、変わっているような気がするのだ。 「……そう思うと、千年止まっていた私たちにとって、変化って大事なことだと思うの」 「……何の話だ」 「こっちの話」  くすりと、フィンは少し寂しげに微笑んだ。  彼は、意思の疎通を図るために何の話か問うてくるが、内容自体には興味がない。自分自身に関しても興味がない。だからどうせ、理解してくれないだろう。 「……やっぱり、あの二人が一番『適任』ね」  この現状を、きっと彼らが変えてくれるのではないかと、何処かで期待して。  フィンは、地平線に消え行く太陽を見つめていた。