第08話理解の不理解

 世の中には、人の数だけ独自の思考や信条がある。それはわかる。  その中で普遍的な共通認識が常識と呼ばれるもので、誰しもが少しは納得するものだ。  それをブチ壊した者は、最初は異端だと見なされ、徐々に先駆者と尊敬されるようになるから不思議なものだ。  しかし今。ゼルスは尊敬など毛ほどもしたくなかった。 「……おかしいだろ……」  目の前にある何の変哲もない木製のドアを見て、ゼルスがうめくように呟いた。  横にいたヘルメアの男をギッと睨む。怒りの矛先を向けられた男は、「は、はい!?」と身を縮こまらせた。傍には首を傾げているキルアがいる。  ゼルスは、びしっ!とドアを指差し、 「盗賊のアジトっていったら、洞窟か山ん中か森ん中にある小屋だろ!! 何で一軒家持ってんだよ盗賊が!しかも首都の街中だし!」 「あぁ〜!! だから変な感じしたんだ!だよね〜!こんなトコにアジトあったら、R.A.Tに依頼来て退治されちゃうよね〜!」 「……なんか珍しくまともなこと言ってる……」 「えっへん!」 「威張るとこじゃねぇ!お前馬鹿にされてんだぞ!? 嘘くせぇ……」  ゼルスが疑いの眼差しで一軒家を見るのも無理はない。  周囲の木造の家と何ら変わりない佇まい。窓に目張りさえもないし。この自然すぎる格好が、逆に皆の目を出し抜いてきたのかもしれない。  盗賊は、洞窟やら山やら森やら、とにかく人目につきにくいところにアジトを構えることが多い。そんな中、首都イールスの街中にアジトを構えていたヘルメアは、実は最先端の盗賊なのか。尊敬に値するのか。いや、したくない。断じて。  とか思っていたら、キルアが難しそうな顔をしてひどいことを言ってきた。 「え〜ゼルス、いっつもそーゆーふうに疑ってるの〜?それって〜、オトモダチなくすんじゃない?」 「だああほっとけ!! 余計なお世話だっ!! そーゆー性格なんだっつーの!大体、ダチなんか二人くらいで十分なんだよ!」 「えっ、ゼルス、オトモダチいたの?! しかも二人!」 「……あああもうぶん殴りてぇええ……」  キルアがあからさまに「うそ?」という顔をするので、最近のストレス源は絶対この鳥族だろうとゼルスは思った。  他人不信のゼルスがひとまず相手を信じる基準にしているのが、常識と理屈というヤツで、つまり常識破りと理屈に合わないことをされると逆に疑ってしまうのだった。  キルアがふと、うーん?と不思議そうに首を傾げた。 「あれ〜?? ラクスもイールスに住んでたよね?しかもすぐそこだったよねー?」 「……確かに。一本隣の通りくらいの近さだな」 「気付かなかったのかなー??」  前に来たラクスの家を振り返り、ゼルスも違和感を覚えた。  ザインを除いて五人いたヘルメアのメンバーは、今この場にいない。他の連中は、のされたザインを運んでいて移動速度が遅く、付き合っていられなかったので、先にこの男一人にアジトに案内してもらった。  ゼルスはドアの前に立った。 「……まぁいーか。キルア、入るぞ」  家の中の気配を探ってみたが、特に何も感じられない。さっきのレストランには、全員が出払っていたようだ。  ぱたぱたとキルアが駆け足で彼の後ろに並ぶ。 「中、どーなってるのかな〜っ♪」 「盗賊んちだからな。金品ゴロゴロじゃねぇ?」 「ホント!? キレイなの1個くらいもらってもいーよね!」 「って、お前なぁ……盗賊の仲間入りじゃねーか」  これから人付き合いを断っている謎の人物に会うというのに、緊張感のない会話をしながらドアを引く。  ドアの向こうに広がった部屋の中は……金品ゴロゴロでもなく、埃まみれでもなく、脱ぎ散らかした服だらけでもなく、最低限の家具のみでガランとしていた。  というか、異常に綺麗だった。棚の中の食器は整理されているわ、正面にある食卓の上には調味料しかのってないわ。掃除もされているらしく、埃も見当たらないし水道管もキラキラしている。  一気に胡散臭そうな顔になったゼルスは、思わず一言。 「……掃除当番誰だよ」 「当番制はないですよ。掃除好きが勝手にやってるんです。俺ですけど」 「お前かー!!!」  明らかに盗賊の家じゃない。それ以前に、ここはたくさんの男が住んでるむさい場所のはずだ。爽やかすぎる。  背後で「あ、ボクもおそーじ好きだよ!楽しいよね♪」「そうそう!いやぁ、掃除こそ美の集大成っすよね!」とか意気投合している二人はさておき、ゼルスは左側の部屋の奥にドアを見つけた。  向こう側から、妙な気配が漂ってくるそのドア。さっき玄関ごしには感じ取れなかった、微弱で特徴のある気配。 「……あそこか」 「うん、なんか不思議な感じするし〜。なんていうか〜……『何もない』?」 「はぁ?矛盾してるぞ」 「ボクもよくわかんないよー」  ゼルスはベルトにくくりつけてある弓に触れ、気を引き締めた。戦うつもりはないが、何かあった場合はやむを得ない。 「よし、名もなき男、さんきゅー。もう下がっていいぞ」 「俺にはジャックって名前がちゃんとあるっすよ!!」 「あーはいはいジャック下がっていいぞ」  ドアに近付きながら男をテキトウにあしらうと、ジャックは不満そうな顔をして立ち去った。玄関のドアが閉まり、外の遠い喧騒も遮断され、部屋には静寂が残った。 「どーゆーヒトなのかなぁ〜?」 「結構静かな奴みたいだけど?」 「うわぁ……じゃー、ゼルスがもう一人増える〜」 「あからさまに嫌そうに言うな……」  ドアの向こうの人物はすでに自分たちに気付いているからと、ドアの前で好き勝手言う二人である。  ゼルスがドアを開き……二人同時に、目を丸くした。 「なん……だ?」 「へ……??」  ドアを開いた先には、普通なら部屋がある。しかし今、その自信がなかった。  部屋の中は、真っ暗だった。真っ黒と書いた方がしっくり来るほどの暗さだ。一瞬、このドアが壁についたダミーで、そこの壁が真っ黒に塗り潰されているのかと思った。念のため、すっと手を伸ばしてみるが壁に当たるような感覚はない。 「……誰だ?」  まるで闇が鎮座しているようなその部屋の奥から、声がした。若い男の声だ。  二人は顔を見合わせてから、少し辺りに気をつけながら部屋の中に入った。ドアを閉めると、部屋の中はさらに黒さを増した。  人の気配は……確かにする。だが、ある程度暗がりに慣れてきたゼルスの鷹目でもその姿が見つけられなかった。  とりあえず正面を見て、ゼルスは聞いた。 「あんたがセルリアか?」 「……そうだ。男達を脅してきたか」 「何で真っ暗なのー?お日様入れよーよ〜」 「まだ僕の問いに答えていない。お前たちは何者だ?」 「うわっ!」 「ひゃ!」  男の声がそう言った途端、真っ暗な世界が白く塗り潰された。闇に慣れかけた目には痛すぎる光量に、二人が顔を背ける。  目の痛みが引いてからもう一度振り返ると、正面の窓のカーテンを押さえている人影が見えた。  青空のように蒼い髪に、何処となく警戒した紫の双眸。  ラクスからもらった似顔絵そっくりの、綺麗な顔立ちの青年が、そこにいた。 (……こいつは)  ごくりと、ゼルスは唾を呑んだ。  気が付けば、体はいつの間にか弓に手を添えていた。青年の瞳が、そんなゼルスを見据えている。  なんというか……無だ。その存在感は、闇のように奥深いもので。さっきキルアが何気なく言った「何もない」というのが、よく理解できるほどに。  真昼なのに、カーテンだけで外の光を遮り切れるわけがない。この男の放つ妙な空気が、すべてを暗く見せていたのだ。  蒼の青年の、腰に下げた剣の柄に触れる左手。その立ち姿だけで、想像以上の強者だとわかった。 「飛族が何の用だ?なぜここにいる?」  セルリアは、警戒心も露な、刃のように鋭い声で言った。ちょっとでも妙なことをしたら切り捨てると、言外に殺気とともに含んで。  長い経験上、殺気を感じたら反射的に臨戦態勢になるようになっている。だからゼルスは一度だけ、ゆっくり深呼吸して体を落ち着かせた。  今は戦いに来たわけではない。人間関係を断っているセルリアが、訪ねてくる者を警戒するのは当然だ。  身の警戒を解き、なるべくこの空気には不釣合いな、いつもの声音で言った。 「……ンな警戒しなくても、こっちから仕掛ける気なんかサラサラねぇよ。引きこもってるとこ悪いけど、話をしに来た。あんたが話の通じる相手だと助かるんだけど?」 「今後のために忠告しておこう。無自覚の毒舌は敵を多く作るぞ」 「……性分なんだ、ほっとけ。人付き合い断ってるとこ悪いけど、話がしたい……で、いーかよ」  ゼルスが言い直すと、セルリアは意外だったのか、ふっと笑んだ。 「いいだろう、座れ。僕と部屋を一緒にする度胸があるのならな」 「ありありだから座るぞ」 「ええ〜〜っ、ボクはないよぉ〜!」 「なら立ってれば?」 「うん、そうする〜」 「って、あのなぁ……」 「……なくてもいいから座れ」  冗談混じりで言ったゼルスの言葉を鵜呑みしたキルアに、セルリアさえも呆れた様子で言った。  キルアのおかげで、青年の肩からやや力が抜けたので、ゼルスは少し感謝した。自分とセルリアだけだったら、終始、最初のような雰囲気だっただろう。  全員が思い思いの体勢で床に座ったところで、あぐらで座るセルリアに、正座のキルアがはーいっと手を上げた。 「ボク、キルア!コッチのむっつり君がゼルスだよ!」 「だーれがむっつりだッ、このガキが!!」 「ガキって何〜〜ッ!?」 「……いいから進めろ……」  早速脱線し始める二人に、セルリアは溜息を吐くしかなかった。  しかしこれで、こちらのペースに引き込めた。ちょっとラッキーと思ったゼルスは、世間話をするような軽い口調で言った。 「お前、レナって知ってるよな?」  直後。  セルリアのまとう空気ががらりと変わった。さっきよりも敏感に、こちらが微動した瞬間、切りかかってきそうな。  それを感じ取ったキルアが、ぎょっと硬直したのが伝わってきた。ゼルスも気負けしないように奥歯を噛む。直前が嘘のような険悪な空気になってしまって、後悔した。  こんな雰囲気では、ケテルフィール侯爵家に戻ってくれなんて言えない。仕方なくゼルスは、別の話題を振った。 「……レナが持ってるペンダント、あるだろ。あれについて、何か盗られるような心当たりないか?」 「……奪われたのか」 「あぁ。で、理由探して三千里ってとこだ」  できるだけ刺激しないような悠長な口調でゼルスが問うと、セルリアは低く、押し殺したような声で答えた。  隣では、キルアが驚いたように目を大きく開いて、ゼルスとセルリアを見比べていた。恐らく、違う話題を振ったことを訝しがっているのだろう。しかし、この空気が怖くて何も喋れないらしい。  セルリアは、憂えるように目を伏せ、ややあって口を開いた。 「……あれはもともと、僕の主人のものだ」 「妙な言い方だな。その主人は、オスティノのじーさんじゃないな?お前には主人が二人いたわけか」 「そういうことだ」  セルリアは喋ることで少し落ち着いてきたのか、いくらか気配が和らいだ。  そこをさらに、一緒に話を聞いていたムードメーカーのキルアがやってくれた。難しい顔をして首を傾げて。 「うー……?オスティノのおじちゃんが二人ってこと?」 「………………」 「馬鹿は無視しとけ」 「そうしよう」 「ええぇえーッ!!? ちゃんと説明してよぉ〜!!」  思わず黙り込んだセルリアに、ゼルスが涼しい声でアドバイス。ゼルスの隣で、キルアが殺人的な音量で、悲鳴……のように聞こえる大声を上げた。ゼルスは慣れた動作で、セルリアは驚きつつもしっかり耳を塞いでいた。 「主人は、あのペンダントをなくした。僕はそれを探しに出て……ケテルフィール侯爵家の領地内にあると突き止めた」 「ふーん……主人がケテルフィールの領地に入った理由と、場所がわかる理由が謎だけど」 「それは……まぁいいだろう。領地内に勝手に入って回収してもよかったが、万一、防犯システムに引っかかったりしたら面倒になる。厄介事は避けたかった。……それで僕は、ケテルフィール侯爵家のボディガードになることを思いついた」  その家の所属になれば、その土地を胸を張って歩ける。広い領内をゆっくり見て探せる。そう考えて、セルリアはケテルフィール侯爵家の屋敷の門を叩いた。  しかし、ボディガードの中で最年少であった彼が回されたのは、オスティノの孫娘の傍だった。  その少女との出会いが、すべてを狂わせた。  ペンダントのために侯爵家にもぐり込んだセルリアにとって、他のことはどうでもよかった。  そんな彼だからこそ、可哀想な子だと腫れ物扱いされてきたレナにとっては、心地良かったのだろう。  ありのままの自分に接してくれる青年に、少女は次第に心を開き、忘れかけていた笑顔を浮かべるようになった。 「……それからだ。僕は、自分のすべきことを忘れ始めた」  最初の頃は、ペンダントを探しによく歩き回ったが、いつの間にか、レナの傍で日々を終えることが増えた。  それは、剣を捧げた主人を忘れるのと同義だった。  漠然とした不安を抱きながらも、レナとともにいる感覚は、拭い去りがたくて……  しかし、ついにその日は来てしまった。 「レナ様と庭を歩いている時……僕は、ついに見つけてしまった。あのペンダントを」 「………………」 「屋敷からずっと離れたところ、まだオスティノ様が手もつけていないような未開の場所だった。誰も寄りつかないような、何もない平原。……そこに、半分、土に埋もれるようにして、あった」  先に、レナがそれを拾い上げた。セルリアは愕然として動けなかった。  探していたものが見つかった以上、自分は主人のもとへ、それを届けなければならなかった。  1年間を過ごしたこの屋敷を、後にしなければならなかった。  ついに見つけた主人のペンダント。  レナと過ごした楽しい日々。  片方だけを選ぶなんてできなくて…… 「———僕は……どちらも捨てた」  主人の元へ帰ることも、レナの隣にいることも、拒否した。  早い話が逃げたのだ。二人から見えなくなる場所まで。  ゼルスは、額を押さえた。 「……それで今、盗賊の頭っていう楽な位置にいるわけか」 「アイツらが襲ってきたのを返り討ちにしたら、勝手に担がれただけだが、身を潜むにはちょうどいい場所だった。……質問には答えた。用事が済んだなら帰れ」  セルリアは、もはや語ることは何もないとばかりに素っ気なく締めくくり、口を閉ざした。  彼の事情、懐いてくれた幼い少女を裏切りたかったわけではないことはわかった。  でも……答えが足りてない・・・・・・・・・。 「どーして、れーちゃんのところに帰らないの?」  喉まで言葉が出かけたゼルスより先に、キルアが声を出していた。 「ご主人サマより、れーちゃんの方が大事になっちゃったんでしょ?なのに、何で帰らないの?」  正座していた状態から前に乗り出し、両手を板張りの床に叩きつけ、キルアは続ける。 「そのご主人サマのトコ、辞めればよかったじゃんっ!どーして何もしようとしないの!? れーちゃんはキミを待ってるのに!!」  凄まじい衝撃音が床を震わせた。  驚く二人の目の前で、固く、固く握られた青年の拳が床を穿っていた。  その拳に込められた感情の束は、二人には伝わらない。  ずっと静謐だったセルリアの紫の瞳には、ひどい怒りが渦巻いていた。 「……お前に何がわかる」  その格好のまま、セルリアはやや間を置いて言った。 「あの人・・・僕達・・が、どれくらい絶対的な関係なのか。お前らにわかるものか!!」  金で雇われたような薄っぺらい関係じゃない。  王に忠誠を誓った騎士とも、また違う。  自ら繋いだわけじゃない。  自ら繋がれているわけでもない。  空気のように、なくてはならず。  影のように、切っても切り離せない絶対的な存在。  そんなもの、彼ら・・に理解できるはずがない。  声を失っていた二人がはっとした時、いつの間にか、セルリアの姿は目の前から消えていた。  悲鳴のような叫声が、耳の奥に焼きついていた。