第04話似た者同士

 自分は8歳の頃に、両親を亡くした。  面倒を見てくれる人はいたが、なかなか打ち解けられなかった。  この世で自分はひとりぼっちだと、本気で思い込んでいた。  そんな自分の後姿は、もしかしたらこんな感じだったのかもしれない。  飛び込んだら弾みそうな天蓋付きベッドや、抱きつけそうな巨大なぬいぐるみ。  白壁や金縁の内装は貴族の上品さを醸しつつも、パステルカラーが所狭しと散らばった広い子供部屋は、とても賑やかで楽しそうだ。  だけど、それに囲まれた小さな後ろ姿は、そんなものに興味は示さない。そのまま光に呑まれて消えてしまいそうな儚さがあった。  床に座り込み、庭園を向いてつくられた大窓から、朝の柔らかな日が差す外を見つめる少女は、何を思い描いているのだろう。  ゼルスは、後ろのキルアを振り返った。 「……何て声かける?」 「へ??」 「話題振ったりするのは得意じゃねぇ」 「え〜?ノリだよノリ〜」 「じゃあそのノリで頼んだ」  ゼルスに託され、仕方ないな〜とキルアは少女——レナのもとへと歩き出した。 「やっほぉ〜☆ おっはよー、れーちゃんっ!」  ひょこっとレナの目の前に顔を出すと、少しだけ驚いたような反応をして、少女が振り向いた。  年は、10歳少しくらい。淡いライムグリーンのエプロンドレスは、シンプルながらも、彼女に会うようにフリルがあしらわれたもの。ふたつに結われた優しげなアクアブルーの髪と相まって、妖精のような可愛らしさと儚さを醸し出している。青緑の綺麗な瞳には、本人の意思が垣間見えないほど素直に、キルアが映り込んでいた。 「ボク、キルア!あっ、それから、あそこに立ってるのがゼルス!オトモダチになりに来たよぉ♪」  早速あだ名みたいなものまでつけちゃって、キルアはフレンドリー全開でそう言った。この面では到底キルアには敵わない。  とりあえずゼルスも部屋の中に入って、見知らぬ二人を見るレナに、「よろしくー」なんて棒読みで言っておく。 「……飛族……」 「あっ、うん!そーだよ!やっぱり初めて見る?」  キルアがぱたぱた羽を動かしてそう言うと、レナは小さく頷いた。  座り込んでいるキルアとレナの少し後ろに立っていたゼルスは、レナの白い肌を見やった。普段、日光に当たっているのかも疑わしいほどだ。 「普段、外には出ないのか?」 「……たまに……お庭に……少しだけ」  今まで、キルアの強い押しのせいで何も喋れなかったレナが初めて言葉を発した。注意しなければ聞き逃してしまいそうな、高くてか細い、綺麗な声。  それでも、キルアにも聞こえていたらしく、キルアは「お庭かぁ〜」と窓の外の大きな庭園を見た。 「じゃあじゃあ、どっか遠いトコロに行こーよ!」 「はい却下。屋敷を留守にするつもりかよ」 「ぶーっ!ゼルスのイジワル〜!」 「何で俺のせいなんだよ……」 「アクマ〜!オニ〜!カイジュウ〜っ!!」 「怪獣って何だよ!? あーくそ、何とでも言え!! 俺らは見張りも任されてんだぞ、ったく……」  コイツ、本来の目的を本当に忘れてないだろうか。ゼルスは溜息を吐いた。  キルアは、ポンと手を打った。 「じゃ、れーちゃん、お庭行こっ!ボクまだ見てないからついてきて!」 「……うん」  断る理由もないからか、レナが従順に頷いたので、三人は庭園に出た。  春うららかな陽に色とりどりの花が咲き誇る入り組んだ生垣を分け入り、やがて、屋敷に入る時に見た女性天使像の噴水の周りに落ち着いた。  噴水の縁に腰をかけて、ゼルスは緑の迷路のような庭園を見渡した。まるで庭に飲み込まれたような体だ。 「……しっかし、何で貴族って馬鹿デカイ庭園を持ちたがるんだろうな。手入れが大変なだけでろくに見てもねーじゃねぇか」  園芸や鑑賞が趣味と言うならまぁいいが、いまいち理解しがたい。……と、ゼルスは思う。  黒いアーチに巻きつくバラの花を見て、キルアが言う。 「きれいだね〜!」 「それ、食えるぞ」 「ホントッ!? っいたあぁあ!!?」 「お前バラ知らねぇの!?」  本気にして花をとろうとしたキルアは、トゲにやられてバラに負けた。今、食べ物だとわかった瞬間のキルアの豹変ぶりが異常だった。どんだけ食い意地張ってるんだ。  ゼルスの隣には、同じように縁にちょこんと座るレナの姿。自分の家だから、やはり庭園も見慣れていて大して興味もないらしい。  指先を舐めながら恨めしそうにバラを見るキルアをよそに、ゼルスはレナに声を掛けた。 「家から出たこと、あるのか?」 「……昔……なら」 「半年前から昔?」 「………………」  セルリアがいなくなった時期を上げて問うと、レナは黙り込んでしまった。  ぼんやりと虚空を見つめる彼女のそれは、諦めてしまった者の目だ。12歳という幼さなのに、もう期待していない目。  両親を亡くし、ひとりぼっちになったレナ。その彼女に話しかけたセルリア。やっと笑顔になれたと思ったら、セルリアは彼女を置いて姿を消した。  これはきっと、心の底から信じていた反動だ。
挿絵
 気が付けば、キルアがいない。ずっと奥の方まで探検しに行ったらしい。  ゼルスとレナ、微妙な距離を置いて隣に座る二人の間を、噴水が立てる水音だけが通り抜けていく。  特に喋ることがない。ゼルスが黙したままだと、レナも黙したまま。  ゼルスは静寂は嫌いじゃないので苦でもない。むしろ好きな方だ。最近キルアと一緒の時間が多かったために、なんとなくこの静けさが久しい。  ふと、レナの方に目をやった時、鮮烈な赤色が目に飛び込んできた。  よく見ると、レナの首から紅い石のペンダントが下がっていた。今までリボンに隠れていたらしい。  やけに存在感のあるそのペンダントは、持ち主であるレナよりも目立っていた。レナ自体、存在が希薄な印象があり、さらにコントラストをかけるように、ペンダントは我ここにありと主張していた。 「そのペンダント、お前の?」  ほとんど無意識に、レナの物なのかどうかを聞いた。そうには見えないほど、アンバランスだったのだ。  ゼルスが問うと、レナはペンダントに目を落とした。  少女はそっと、宝物を扱うような優しい手つきでそれに触れた。 「……昔……拾ったの。……この……近くで」  確かにケテルフィール家の領地は馬鹿デカイから、掘れば何かしら出てくるかもしれない。  宝石か何かなのかもと思ったら、かすかな声が聞こえて耳を澄ます。 「……け、だから……」 「ん?」 「これだけ、だから……セルリアとの、思い出……」 「……あぁ……セルリアと見つけたのか?」  少女の口から、初めて彼の名が出た。  納得してゼルスがまとめると、レナは少し間を置いてからこくんと頷いた。 「セルリアって、どーゆー奴だった?」 「……静かな人」 「ふーん……」 「でも……優しくて、いい人」 「……そっか。いい奴だったのか」 「うん」  彼のことを話すレナは、なんとなく嬉しそうに見えた。  試しにセルリアの似顔絵を見せてみたら、少しだけレナの表情が緩んだ。かと思うと、その大きな双眸からポロポロと涙がこぼれた。  驚いたのはゼルスだ。まるで化け物に遭遇したかのようにぎょっと身を引いて、あたふたする様は、さっきまでの冷静さなど空の彼方だ。 「お、おい、ど、どーした!? 俺なんか悪いことしたか!?」 「……っく……セルリア……」 「だ、大丈夫か?えーと……」 「なん、で……ひとりは、こわいよっ……ひっく……」  嗚咽の合間に紡がれた、縋るような震える声。それは、脳裏に遠い記憶を呼び起こした。  こぼれる涙を手の甲で拭うレナ。その頭をポンポンと撫で、ゼルスは自然と優しい声で、言い聞かせるように言う。 「……一人は怖いよな。けどほら、じーさんがいるし、お前は一人じゃない」 「おじいちゃんは……ぐすっ……いっつも、いない……」 「……それでも、じーさんは、いつだってお前を大事に思ってる。けど、お前にはまだ、わからないかもな……」  なるほど、祖父オスティノは仕事柄、家を空けることが多いのだろう。その間はずっと、レナの傍にはセルリアがいてくれたはずだ。幼いレナは、傍にいないのが何よりも寂しいのだ。  小さな少女をそうして宥めながら、ゼルスは昔のことを思い出していた。 (……ひとりは怖いよな)  両親を失った時、そうだった。世話をしてくれる人はいたが、すぐには馴染めずにいつも本ばかり読んでいた。そんなささくれ立った子供でも、その人達は構い倒して、いつしか家族になっていた。  彼らには感謝しているし、こうして一人でも生きていける。でも、その途中で見限られていたら……自分はどうなっていただろう。  噴水の水音を聞いていると、落ち着いてくる。それは、すでに庭園を見飽きているレナも同じだったかもしれない。 「……なぁレナ。セルリアがいなくなる前日あたりに、何か兆候はなかったか?」  セルリアのことを一番知っているのは、長く一緒にいたレナだろう。彼女が落ち着いてから、ゼルスは控えめな声で聞いた。  レナは記憶を手繰るように少し沈黙してから、小さな声で返した。 「……このペンダントを見つけて……困ってた、みたい……だった……」 「困ってた?何で?」 「………………」 「何処に行ったか心当たりは?」 「………………」  それ以上はわからないらしく、レナは二度首を振った。  ゼルスはふぅーっと溜息を吐いた。 「……そーか。そのセルリアには、会って一言言っとかねーとな……」 「……?」 「俺ら今、セルリアを探してんだよ。ここにいるって聞いて来たけど、セルリアはもういなくなった後。その後は見当もつかないと来た。はぁ……」 「あれれっ、ゼルス、それ、話しちゃっていーの?」 「っ!」  レナのリラックスしていた背筋がピンと伸ばされた。後ろからかけられた、ここにはいないはずの声にだ。  ゼルスは呆れた顔で、庭園の奥から帰ってきたキルアに目をやった。 「お前、何で気配消してくんだよ……」 「ふえっ?? ゼルス、気付いてたの?なんだぁ〜……えっとね、なんとなく☆」 「これだ……俺はともかく、レナは別だろーが」 「あっ!そっか!れーちゃん、ゴメンゴ!ダイジョブっ?」 「ゴメンゴって何だ……」  キルアが慌ててレナに駆け寄って、申し訳なさそうに言う。レナは小さく頷いた。  ふと、キルアはレナの瞳を覗き込んで、「あれっ?」と目を丸くした。 「れーちゃん、泣いてたの!? わかった!ゼルスが泣かしたんだー!! ひどーい!」 「う、うるせー違ぇよ!セルリアのせいだ!!」  まだ会ったことのない人間に罪を擦り付ける。でも間違ったことは言っていない。きっかけは俺だけど、きっとセルリアのせいだ。  頭を掻いてゼルスは立ち上がり、空を仰いで、決心したように口を開いた。 「キルア」 「ん〜?」 「セルリア探し出して、説得すんぞ。帰って来いって」 「……!」  レナが息を呑む気配が伝わってきた。キルアは目をしぱしぱ瞬かせてから、笑顔で頷いた。 「もっちろーん!!」 「……ほんと?」  期待した目で見上げてくるレナ。さっきまで諦めた目をしていたのに、希望が見えて途端に生き生きし始めた瞳。 「話してみねーと何とも言えねーけど……え、いや、その」  相手にも何か事情があるのだろうし。現実的にゼルスがそう言いかけると、すぐにその目が悲しそうになっていくので慌てた。そしたら恐らく無自覚に、キルアが助け舟を出してくれた。 「ボクがばしーっ!って言ってくるよ!だから待っててね、れーちゃん!」 「…………うん」  セルリアが絡んでいるからか。レナは初めて、ふっと口元をほんの小さく綻ばせた。  ゼルスの危惧したセルリアの事情とやらが、かなり複雑なものであるとレナが知るのは、すべて・・・が終わってからだ。   ◇◆◇ 「なるほど、アンタはあそこに入りたいんだね。でも不審すぎるから無理、と」  三日月の弱い光は、ぼんやりと広場を照らす。広場に数えるほどしかない街灯もすべて消灯していて、虫の声だけが響く真夜中。  影に塗りつぶされたコートが、静かな広場を吹き抜けた春の夜風になびいた。一緒に、その背中に流れていたひとつ結びの髪も踊る。  薄闇の中、黒く切り取られた影が、少し低めの少女の声で楽しそうに言う。 「アタシも、あそこに用があるのさ。当然だろーけど、お互いの詮索ナシね。悪い話じゃないだろ?一緒にどうだい?」 「断る」  少女の瞳には、この暗さでも輝く、銀色の光が映っていた。  月光に煌めいているのは、つややかな銀髪。まるで氷の化身のような、端正な顔立ちの青年だった。金の縁取りのなされた青装束は、闇に半ば溶け込んでいる。  逡巡もなく誘いを断った青年に、少女は苦笑した。 「あらら……何で?」 「お前とともに行動する理由はない」 「うーん……それは、アタシの気分?」 「………………」 「って、ちょっと待てって!冗談だって、本当のこと言うから!アンタが強いからだよ。オマケに……飛族だしね?」  無言で背を向けた青年を制し、少女はクスクスと笑った。……正確には、この闇の中でもはっきりと映える、青年の背中の、尋常でなく大きな白い鳥の羽を見て。  確かに彼の方が強いし、彼には組む理由がない。自分はその強さを利用しようと思っているのだから。 「じゃあ取引にしよーか?アンタがアタシに協力してくれたら、アンタが追っている奴について、アタシが知っていることを教えてあげるよ。ま、大した情報じゃないかもしれないけどね」  少女が気軽な口調で言った途端。  静寂の中、青年の意識が張りつめたのがわかった。先ほどまでのややたるんだ気配が、一気に細く鋭く、収束する。  青年は、肩越しに少女を振り返った。警戒がうっすらと見て取れる翠の瞳が、少女を睨みつける。ようやく気付いた様子の青年に、少女は笑いを押し殺すことに苦労した。 「……自分の主を売るつもりか?」 「いやぁ?まさか。あくまで勝算があって言ってるんだよ。アタシの情報がアンタの役に立つかは、わかんないけどねぇ」 「あの妙な気配・・・・・・の正体を知っているのか」 「もっちろんさー。言うつもりはないけどね。あ、それか今、アタシをさっさと倒しちゃうっていう手もあるけど?アンタもわかってる通り、今のアタシは弱ってる。チャンスは今だよ?」 「………………」  そう、チャンスは今だ。さっさと倒した方が、あとあと楽だろう。  しかしそれでは、この事態・・・・の終息が遠のくだけだ。  少女に協力して情報を手にするか、  少女が弱っている今、彼女を倒すか、  すべて、この話をなかったことにするか。  三択で悩む青年に、少女は不気味なくらい優しい声音で言う。 「さぁ……どうする?それでも、一緒にやらない?」  選択の余地はないだろうけどね——と、内心で付け加えて。