正反対の表裏一体、

棘の章

第0話 世界一の嫌われ者

「どうして、闇は嫌われるのか……だって?」
 白い神官服に身を包んだ老人は、首を傾げた。
「それは……闇が怖いからじゃろう。見通せない深淵……すべてを隠してしまう性質……人は、暗がりに恐怖を抱いてきたからの。その闇を、アスフィロス様が照らしてくださったから、今の現界は平和なのじゃよ」
 ああ、その宗教話はもういい。聞き飽きた。
 早々に話を切り上げ、立ち去った。
 釈然としない想いを持て余しながら、通りを往く。

 ―――世界一の嫌われ者。

 どうやらそれは、千年経っても変わらないらしい。
 人々は、その名だけは悪いものとして受け継ぐ。
 子孫は、何も知らずに『そいつ』を嫌う。
 すべてを忘れ、なかったことにしようとしている世界。

 ああ、腹が立つ。
 『そいつ』のことも、理由も、何もかも忘れてしまう人々。

 『自分は、ここにいるのに』。

 ………………