blog

イスカリオテ

2010/06/16

最近読んだラノベの感想。「イスカリオテ」。
読書家だねーなんて言われたけど、家じゃほとんど読みませんよーあは
以下なんかやや暴走気味。


●イスカリオテ2、3
著:三田誠 / 電撃文庫
2巻は…ノウェムが可愛い…!! 何この子可愛すぎる!
ラーフラのビジュアルが好きです。てか敬語とか何この人私のツボ掠ってる←
ラーフラとノウェムに悶えた巻でした。
3巻はさっき読み終わったばっかなので余韻が凄いやっばい超楽しかったイザヤあああああ!!!!
かっこよすぎる!!大好きだあああ!!! どうでもいいけど主人公カッコイイとか幸せだなああ!!ww
ああもうイザヤが好きすぎて感想まとまらないw
とりあえず終盤のアレについて…
※以下反転ネタバレ
----------—
まさかの諌也きたー!!?Σ なになに?どーゆーこと!?
てか敬語かつ冷ややかに圧倒的な力で断罪する諌也に や ら れ た w
いいとこ持ってきやがって!ちきしょーお前かっこいいな!しかしイザヤの次だがな!←

----------—
2巻の時も思ったけど、ラーフラと玻璃の会話が好き。玻璃に調子狂わされっぱなしのラーフラがいいw
何気壬生さんの言動が好きです。飄々とした感じが凄い好み。
余談ですが、最初彼が出てくる挿絵、ぶっちゃけコイツ、イザヤの兄貴か…?と疑った。髪型似すぎだろう…実はそうでしたなんて展開になったらどうしよう←
この前、たまたま「イスカリオテのユダ」って単語を見かけた。「カリオテ人のユダ」って言う意味だとか。ユダって言えば、イエスを裏切った十二使徒の一人。いろいろ考えてあってそんな名前ついてるのかな…むう
ちなみに、ココでまさかの自作に繋げるけど、そんなわけで「ユダ」って裏切り者の代名詞。「Judas」って書くんですが、コレ「ジューダス」とも読みます。Re番外編paradox2サブタイトルです。
今更ですが三田さん展開上手い…やっぱたくさん本出してる人は違うなあ
続きがすっげ気になります買います…!

Top