Back

rapport

Trance02 
調和世界

 迫り来る鉄拳。  首を傾けて回避し、お返しとばかりに相手に拳を突くが、もう片方の手で受け止められる。  が、予測済み。安易に懐に入り込み、くるっと身を翻すと、突き出されている腕を掴んで思いっきり投げた! 「おいおい嘘だろッ!?」  白い太陽に向かって宙を舞ったラヴァンが、慌てて体勢を立て直して着地した。ふー……と一息吐いてから、自分を投げた本人を睨みつけた。そこには、驚いた顔で立つサリカの姿が。 「サリカ、お前ひどくねーか!?」 「空中に投げられただけマシだろ?でもラヴァンも凄いな、よく体勢立て直したね。見直した」 「おだてて流そうったって、そうは行かないぞ!今のはたまたまだ!危ないだろ!」 「ラヴァンが着地できなさそうだったら、一応助けるつもりだったよ?」 「一応って、やっといて何だよ!当然だろ?!」 「ごめんごめん、悪かったよ」  物凄い勢いで怒るラヴァンに、サリカは笑み混じりに謝った。  ルナと会ってから、すでに半年が経過していた。サリカはルナ、ラヴァンとよく交流するようになった。そして、こうして組み手をする仲にまでなっていた。  半年も経てば、髪は伸びる。肩を少し越したくらいの長さだ。性格と口調は変わっていないが、外見はさらに女性側に傾いたようだ。 「にしてもサリカは、ほんと強いよなー。僕は、ティセドになってからまともに鍛錬してるからなぁ。半年だ」 「私は、ティセドになる前に……知り合いから拳法の基礎を習ったからね。さわりだけだったけどさ」  中庭の芝生の上に大の字になって倒れ込んだラヴァンは、かすかに上がった息で言う。その傍に腰を下ろしたサリカは、なるべく、ラヴァンが興味を持たないように簡単に説明した。そして矢継ぎ早に話題を変える。 「ラヴァンも、上達してるよ。7割くらいは、投げても大丈夫って思ってたしね」 「残り3割は信じてなかったんだな……」 「あ、いや、今のは言葉の綾というか……非常事態の分だよ」 「非常事態に3割も使うかー!?」  思わず突っ込みがましいことをラヴァンが叫ぶと。視界いっぱいに空を映していたそこに、にゅっと別のものが割り込んだ。 「なに~?ラヴァン、やられちゃったの?」 「ま、負けてないし!疲れたから寝転がってるだけだって!」 「ほんと~?」 「本当だよ、ルナ」  ラヴァンに精神攻撃をしているとしか思えない少女に、サリカが苦笑して言った。彼を見たルナは、「ふーん?」と半信半疑だ。  むくっと起き上がったラヴァンの横にルナが屈むと、ラヴァンはぎょっとした様子で彼女を振り返る。なんだか昔の自分を見ているようで、微笑ましさと寂寥感がごった混ぜになったような気分になる。  ルナは、ひょいっと自分を指差して。 「じゃ、ラヴァン、わたしと組み手しない?」 「はっ!? ぼ、僕と?サリカじゃなくて?」 「うんっ。いっつもサリカが相手だけど、さっきの見てたら、ラヴァンとやっても面白そうだなーって!っていうか、サリカは強すぎてつまんないっていうか~」 「い、いや僕は……多分、ルナの相手にはならないしさ……遠慮しとく」 「え~、やろーよ~!」  戸惑うラヴァンに食い下がるルナは、普段の落ち着きは何処へ、ただの子供である。それでもラヴァンは、かたくなに首を振り続ける。  誰にでも人懐こいラヴァン。その彼が、ルナ相手にはどうも一歩引いているところがあり、そのせいでルナのペースに呑まれてしまっている。まぁルナのペースには、大概の人間は呑まれてしまうが、ラヴァンは特に。  そのわかりやすい理由を経験済みで知っているサリカは、そのやり取りを傍で笑みを浮かべて眺めていた。 「ラヴァンはどーしていっつもそうなの!わたしが二人のところに行けば、すぐ逃げようとして!わたしのこと嫌いでしょ!?」 「うっ!? あ、いや、そんなつもりじゃ……き、嫌いじゃないよ」 「じゃあ何で!?」 「そ、それは……だって……僕いても仕方ないしさ……」 「はぁ!? なにそれ!? 誰もそんなこと言ってないでしょ!」 「ううう……」 (ルナ、それは可哀想だよ……)  ルナの問いかけ達は、恐らくラヴァンの胸に突き刺さったことだろう。普段は聡明で察しがいいのに、どうもこの手の話題には鈍い少女である。狼狽する可哀想なラヴァンを見て、サリカは内心で苦笑していた。 「サリカ=エンディル、ルナ=B=ゾーク、ラヴァン=フローテ……貴方がた三人のことで間違いありませんね?」  そんな三人に、空気のように自然に入った声がかけられた。とは言え、気配をなんとなく察していた三人は驚きもせずに振り向く。しかし、予想外の人物に結局驚くハメになる。  中庭の緑の芝生と聖堂の白壁という爽やかな景色を背に、見たことのある青年がそこに佇んでいた。黒髪童顔の彼は、レセルの証である黒い上着の神官服を着ている。  穏やかな笑みを浮かべる彼は、セントラクス大司教アノセルス=ギリヴァンだ。近年、最年少で司教の地位に就いた、実は凄い人である。 「「……?!」」 「大司教っ!? こ、こんにちは!僕らに……何か、ご用ですか?」  高速で立ち上がり姿勢を正し、思わず震える声で問うラヴァン。彼を挟んで立つ二人も、思いがけない人相手に息を呑む。  相手は、実質教団をまとめている大司教という大物。ティセドの自分たちが彼のことを知っているのは当然だが、逆は考えにくい。何より、直接声をかけられたのは初めてだ。  実年齢30歳だが、20代にしか見えない童顔のアノセルスは、柔和に微笑んだ。 「そんなに固くならなくても。えっとですね、現在、ティセドでゲブラーを希望している者のうち、貴方がたが順列では上位なので、少しお話がありまして」 「へ!? わたしと、サリカと、ラヴァンが?!」 「ええ。筆頭のサリカ、それからお二人です。あれれ、知りませんでしたか?」  三人の驚きようを見て、当然知っているものだと思っていたアノセルスは首を傾げた。年相応ではないはずなのに、やけに似合う仕草である。  ラヴァンは横目で、筆頭だと言う隣のサリカをじとっと見た。 「……サリカ、知ってたか?」 「知らなかったね~。私達、凄いんじゃない?」 「嘘だ!! だってお前、筆頭だってよ!? まぁ確かに一番強い気はするけどさ!にしても筆頭って……嘘だろ……絶対勝てるわけない……」 「そんなつもりはないけどなぁ……」  筆頭とか褒められているのに淡白なサリカに、ラヴァンは怒ったり悲しんだり忙しい。対応に困ったサリカは苦笑してから、なんとなく心当たりがあることをアノセルスに問うた。 「……もしかして、ゲブラーの実践活動ってヤツですか?」 「そうそう、それです。評価が高い者は、現在ゲブラーである神官とともに、その仕事をするというものですね。体験学習みたいなものです」 「「「………………」」」  アノセルスののんびりした口調とは裏腹に、その内容を悟った三人は知らずのうちに沈黙していた。顔を見合わせ、確認しあうように呟いた。 「ゲブラーの仕事って……」 「うん……保安活動と……」  ルナとラヴァンの言葉に頷き、サリカは口にした。  知識でしか知らない、まだ自分の目で見ていないものの名を。 「危険物アルカの回収……」 「……って、何だっけ?」 「ルナ、図書室行っておいで」   //////////////////  そのアルカは、ちょっと特殊らしい。  ……と言われても、まずアルカというものをよく知らないから、特殊と言われてもピンと来ないのだが。 「アルカ。オースで構成されている遺物。アルカの能力は、危険なものからそうでもないものまで、さまざまある」 「………………」 「アルカの力は、アルカを構成するオースが、大気中にかすかに混じっているオースに外界干渉して経路パスを作り、それを通じて外界に発揮されている。もしこの世界にオースがなかったら、アルカは力を発揮し得ないってことだ」  三人の中で、学業が一番優れているラヴァンが説明すると、その前を歩くサリカが、ラヴァンの横でポケーっとしているルナに、背を向けたまま聞いた。 「だってさ、ルナ。わかったかい?」 「とにかく危ないから集めるってことでしょ?」 「……まぁ、間違ってないけどさ……これでも大分わかりやすくしたつもりなんだぞー、ルナ」 「ぷっはは、ラヴァン可哀想に」  結果だけわかればいいと言わんばかりのルナに、ラヴァンが嘆息混じりに言う。サリカはつい噴き出して笑った。コイツには理論なんて通用しないと、この半年で知っていたはずだが、やはり笑ってしまう。 「今のが一般的なアルカの説明。でも……今回は、特殊って言ってましたよね?カルマさん」  ラヴァンがサリカのさらに前を行く後姿の名を呼ぶと、彼は肩越しに三人を見た。静謐だが、内に秘める激情が透けて見えるような緋色の眼が、サリカと合った。 「そうだ。今回のアルカは、動力源にしかなっていない。今回のアルカ……オースが高密度で結晶化した石自体には、害はない。問題は、それからオースを引きずり出し、力として変換しているその石を装着した武器だ。だから今回は、丸ごと回収することになった」 「石からオースを引きずり出すって……そんなこともできるんですか?」 「サリカ、多分、術式の類だと思う。僕も本でしか読んだことないけどさ。へぇ……それ、見てみたいな」 「司教も、ラヴァンと同じ推測をしている。恐らくは、そうなんだろうな」  言葉少なに事実のみを語り、前に向き直る男。その後姿を見て、ラヴァンはしみじみ吐息をこぼして言った。 「にしても、面倒見てくれるゲブラーが、まさか影武者カルマさんだなんてなぁ……僕、感激だ」 「そうだね、まさかカルマさんだとは思わなかったなぁ」  ラヴァンとサリカが口を揃えて頷くと、男は苦笑した。自分からはあまり語らないせいか、彼は厳しい人間に見られがちである。  短くカットされた濃緑の髪の男は、20代後半に見えた。ゲブラーの証である青緑の上着の神官服を着て、腰に剣を提げた背の高い男だ。  ――影武者カルマ。剣聖ヒースの相棒にして、彼を影より支える人物だ。  三人の実践活動は、言わずもがなアルカの回収だ。彼らに同行するゲブラーは、ご覧の通りカルマである。  課外活動のような形で、三人と一人は、セントラクスから離れた郊外を歩いていた。街並みは遠ざかり、ただ草むらの広がる平原を歩いている。全身に受ける風が心地良い。  課外活動とは言え、実戦をすることもある。組み手が基礎だが、それだけでは身の安全は守れない可能性もあるので、おのおのが得意とする武器を持つことを推奨されている。サリカは拳法だから無論手ぶらだが、ルナはダガーとナイフ、ラヴァンは槍を携えていた。 「そんなに意外か?ヒースの弟子のルナがいるんだ、何も不思議じゃないと思うが」 「そーだよー!カルマはね、師匠とグルなんだよ!事細かにわたしの評価して師匠に報せるの!わたしは気が抜けないんだよ~……」  ルナが大きな溜息とともに言い放つと、28歳のカルマ=レングレイは笑った。……何処か意地悪げに。ニヤリと。  カルマがヒースに報告したことは、今後のルナとの稽古に活用される。重点的に、欠点を克服または補完するようにさせられる。つまりルナの苦労が増える。 「くうう、見てなさいカルマ!わたし大活躍してみせるからね!」 「はは、期待しないでおくか」 「ちょっとー!? 今、私の方が期待を裏切られたよっ!?」  すかさず返って来たカルマの返事に、少なからずショックを受けるルナ。おかしな二人のやり取りに笑ってから、サリカはふと疑問を口にした。 「ところで、そのアルカ、どう回収するんですか?相手によって、交渉か強硬手段って聞いてますが」 「交渉はしてみるが、相手は盗賊でな……恐らく後者になるだろう。相手に会ってみて、お前たちでも太刀打ちできるようなら任せる。無理なようなら見学だ」 「僕たちだけで!? だ、大丈夫なのか……?なんか腹痛くなってきた……」 「ラヴァン、緊張してるのー?大丈夫だって!なんなら、わたしがラヴァンの分まで働く?」 「う、うるせー!僕はどーせチキンだよちくしょー!! あぁ!? 僕の分まで働く?お断りだ!! チキン舐めんなよ!?」  ルナはもちろん善意で言ったつもりだが、ラヴァンの何かに触れたらしい。鶏のとさかのような前髪を揺らして、威嚇みたいにラヴァンが吠える。結構神経質な奴なので、気にしすぎると腹に来るらしく、しかし度を過ぎると今のようになる。この不安定さは、今後の彼の課題だろう。 「……と、話している間に着いたぞ」  そう言ってカルマが足を止めたのは、ボロボロの一軒家の前だった。セントラクス郊外、住む人も稀なこの地域に立つボロ家は、異様に目立つ。  木造の家はあちこちに穴が開いていたり、蔦が絡まっていたり、荒れ放題だ。文字通りの廃墟である。それでも盗賊などには絶好の家なのだから、誰が何を必要としているかは、まったく一概には言えないものだ。 「今回は、盗賊掃討も兼ねてる。容赦なく気絶させていいぞ。……俺が様子を見るから、少し下がれ」  そう言って三人を後方に下がらせてから、カルマは気負うことなく、立て付けが悪そうなボロ家のドアを開いた。  軋む音を響かせて、ドアが開いた途端。バン!!という激しい音とともに、カルマの足元の床に小さな穴が開いた。 「……あぁ?まぁた神官か……」  外観と同じように荒れている室内。壊れたガラスや木片、食料が入っていた紙袋や布も放置されており、ゴミだらけだ。綺麗好きが見たら卒倒しそうな汚さだ。  その中に、木箱をテーブルとイス代わりにして座る男が四人いた。うち一人が、その武器の先をカルマに向けて立っている。  気だるげな舌打ちをし、細身で背の高いその男は、くるくるとその武器――黄色い石が埋め込まれた黒い銃を回してみせる。 「お前もコイツを寄越せって言いに来たのか?危険物だか何だろうが知らねぇが、こんなイイモノ渡せるかってんだよ。拾ったのは俺だぞ」  再び黒い銃口を向け、冷たい瞳で男は言う。周囲の男達も同じ気配だ。  こちらが問わずとも、向こうが勝手にすべて答えてくれた。交わす言葉は必要ないと判断したカルマは、仕方なさそうに嘆息し、頷いた。 「……なら、悪いが力づくで奪わせてもらうぞ。ついでにお前たちを捕縛する」 「ついでだと!?」 「舐めた口利いてくれるじゃねーか!」  わざと勘に障るように言ってみたら、効果抜群で、二人の男が次々に立ち上がって武器を取る。  ――しかし一人だけ、傍観している男がいた。他の三人は大したことはないと読めたが、異様な雰囲気を醸していて奥が知れない。  その男に気をかけつつ、カルマは、他三人の攻撃を回避しながら家の前から去ると、バックで待っていた見習い三人に言う。 「サリカ、ルナ、ラヴァン。お前たちに任せるぞ」 「了解です!」 「1対1はちょっと厳しいかもね。集団でやろうか」 「よっし!わたしたちが相手になるよっ!」 「何だこのガキども!?」  家の外におびき出されてきた三人の男に向け、それぞれ気を引き締め、ティセド三人の初実戦が始まった。