Back

paradox Ⅱ

Judas03 
嬉しげな微笑

「や、本っ当に待たせちゃったね。ごめんごめん」 「今何時だと思ってるんですかー!!?」  キールさんが笑いながら頭を掻いて現れたのは、時間が流れに流れて、まさかの昼すぎだった!! な、何時間待たされたんだ!?  昼頃になって、キールさん遅いですね~って言い始めた。さすがにお腹が空いたから、昼ご飯は食べてきた。けどまさか……その後も待たされるなんて!  私が思わず立ち上がって通路に出ながら叫ぶと、キールさんは申し訳なさそうに笑った。 「何せ、教団のブラックリストに載ってた一味だからね。倒したの僕とノストだし、いろいろ聞かれてたんだ。本当にごめんね」 「わ、私はもういいですけど……」  キールさんが悪いわけじゃないし、怒っても仕方ない。それに、キールさんを待ってたのは私じゃなくて、ノストさんだ。  私はそう言いながら、イスから立ち上がるノストさんを横目で見て言葉を濁した。私が少し身を引くと、ノストさんは通路に出て、同じくらいの身長のキールさんを見た。でも、キールさんの方がちょっとだけ身長高い……かな。さすが年上。  そのノストさんを見返しながら、キールさんが首を傾げて言った。 「会った時から思ってたんだけど、ノストって20歳のはずでしょ?の割に、少し幼さが残るって言うか……童顔?」 「ど、童顔……?!」  それはノストさんの外見が17歳で止まってるからなんだろうけど、キールさんが何気なく言った言葉に、私は衝撃を受けた。い、いや別に変ってわけじゃなくて!もし本当に、ノストさんが童顔だったら……この顔は、不老抜きにしても大体保存なわけですか……!?  それに対して、ノストさんは手のひらを自分の前に出した。そこに、ふわりと金色の光が溢れ、銀色の光を放つジクルドが現れる。見慣れない現象に目を瞬くキールさんに、ノストさんはジクルドを目で差して言った。 「コイツのせいで、3年前から不老になってる」 「え……!」 「……へぇ~、ってことは17歳のままなのか。あえて聞かないでおくけど、なんか大変そうだねぇ」 「え……?!」  な……何この人達!? そのことを隠すことなく喋ったノストさんも驚きだけど、あまり大きなリアクションをしなかったキールさんも驚きだ!交互に二人を振り返って、私が二人の代わりに驚いていた。  ノストさん……キールさんに不老のこと話した。やっぱり友達だから……信頼できるから、なんだろうな。私がそれを聞かされたのは、会って数日後だったなぁ……。どう考えたって、私よりキールさんの方がノストさんと一緒に過ごした時間の方は長いから、これは当然の差なんだろうけど……ちょっとなんか嫉妬しちゃうかも……。 「……で、ノスト。何処まで話したっけ?僕が、君を連れて行かなかった理由……だったかな?」 「……もういい」 「え?」  やっぱりあまり本題に入りたくなさそうなキールさんが、静かにそう切り出した言葉を、ジクルドを消したノストさんは跳ね除けた。その意味がわからずにキョトンとするキールさんを見て、ノストさんは言った。 「キール、手合わせしろ」 「……別に、いいけど……理由はもういいの?」 「下僕、代わりの剣持って来い」 「だ、誰が下僕ですかーッ!! な、名前で呼んで下さいよっ!!」  不思議そうな顔のキールさんの問いを無視し、ノストさんは私を見て言った。ううもう、下僕でも何でもいいけどさぁ!! 名前で呼ばれたら呼ばれたで照れるんだけど!いや、深い意味はないけど、うん、まぁ照れるんだ!!  多分、ジクルドで戦うと、キールさんの剣を切っちゃうからだ。ジクルドに切れない物はない。切れないのは、オースで構成されているアルカだけ。  当然、剣が何処にあるかなんて私は知らない。代わりに、何も聞かずにキールさんが持ってきてくれた。キールさんが持っているものと同じデザインの剣だった。彼のスペアらしいから、手入れも切れ味もバッチリだ。  受け取ったそれをノストさんは抜いてみて、少し剣身を見て、すぐに目を離した。うん、やっぱり問題ないみたい。 「さっさと出ろ」 「……本当に、もう理由はいいの?」 「くどい」 「まぁ、ノストがいいって言うんなら、いいけど……」  外に出ようと横を通り過ぎるノストさんを見てから、納得が行かなさそうな顔をしたキールさんもその後に続く。  私が二人を追って外に出ると、大聖堂前にある階段を下りてすぐの大通りで、ノストさんとキールさんは向き合った。二人の間に漂う、ただならぬ緊張感を感じ取り、今からドンパチやらかすんだとわかった人々が二人に注目する。  鞘に入ったままの剣を持ち、柄を握ったキールさんは、懐かしそうに微笑んだ。 「……懐かしいね。昔も、よく手合わせしたよね。ノストに誘われて、僕は仕方なく頷いて……」 「あの時、お前は本気じゃなかった」 「うん。君が手合わせしようって言う度に、また騙すんだなって、気が進まなかったよ。……でも、それは昔の話」  そう言って、ヒュっと、キールさんが剣を抜いた。銀色の切っ先をノストさんに向けて、キールさんは……その笑顔に少しだけ鋭いものを含ませて、楽しげに笑った。強敵と会いまみえた剣士って言うのは、もしかしたらこんな顔なのかもしれない。 「今の僕を縛るものは何もない。強くなった君と、思う存分、戦える」 「……あぁ。貸しは返す」  剣先を下ろして構えたキールさんに、ノストさんも借りた剣を構えて言った。その目は、前にフェルシエラでラスタ様と戦った時みたいに、真剣で。  ……この二人……きっとお互いに、もう一度、戦える日が来るのを待っていたんだ。  キールさんは、強くなったノストさんと。  ノストさんは、本気のキールさんと。  互いに理不尽だった、過去を清算するために。  先に仕掛けたのは、やっぱりと言うか、ノストさんだった。  跳んだかと思うと、ギンッ!!と刃と刃がぶつかる音。そしてすぐ、連続して細かな音を奏でながら、二人の剣が幾度も重なる。  ヒュッと突き出されたノストさんの剣を、真下から振り上げた剣で、キールさんが跳ね上げる。そのまま踏み込み、体がガラ空きになったノストさんに剣を薙ぐ。  その刃は、ふわりと浮いたノストさんの前髪を根元から一房断った。寸前で倒れるように後ろ回りして回避したノストさんは、しゃがんだ体勢から一気に前に跳んだ。懐に入ってこようとするノストさんに、キールさんが少し焦った顔をして片足を下げ、飛び退く。足に剣先が掠り、ズボンを裂いた。  軽く跳躍して間を詰めたキールさんの剣と、反転して返ってきたノストさんの剣が、再び噛み合った。 「す、凄ぇ……キールと互角だぞ……」 「〈驟雨の伯爵〉様が手こずってるぜ……信じられねぇ」 「違ぇよ、今は〈一閃光〉だっただろ」 「いや、〈橙の一陣風〉じゃないっけ?」 「〈瞬王子〉じゃなかったか?」 「あ、それだそれ」  横からそんな会話がしたから見てみると、朝方キールさんと一緒に大聖堂にやって来た用心棒さん達だった。五人いる彼らは、目の前で繰り広げられる二人の攻防を、驚愕した顔で見ていた。  っていうか、キールさんそんなに二つ名あるんだ……〈驟雨の伯爵〉、〈一閃光〉、〈橙の一陣風〉、そして〈瞬王子〉。どれも、一瞬で相手をのしてしまうところから来てるんだろうな……そんなキールさんと今、互角に戦ってるノストさん……今更だけど、凄く強いんだな……。  ガギンッ!と、両者が刃を弾き合って距離をとる。が、即行地を蹴って、見えない速度で繰り出される刃達がまた細かく、何度も衝突する。  動いた分だけウォーミングアップになったのか、どんどんスピードが上がってきてる……最初の方はちょっと見えてたけど、もう全然見えない……!だから何が起きてるかよくわからない私は、手のひらを握り締めて、ハラハラしながら二人の残像を見つめていた。  やがて――  ヒュッ!と鋭く風を裂く音がして、二人の動きがピタッと止まった。 「………………」 「………………」  二人とも、お互いに剣を突き出した格好で、お互いを見据えていた。  ノストさんの剣先は、キールさんの首横に。  キールさんの剣先は……ノストさんの首横手前に。 「……き、キールが負けた……!?」 「嘘だろ?!」 「ま、マジか……!?」  二人の腕の伸び具合を見ればわかる。ノストさんはまっすぐ腕を伸ばしているけど、キールさんは少し折れていて。ノストさんより一瞬遅かった……ってことだ。  その差を見て、今まで真剣な顔をしていたキールさんは、破顔一笑した。 「あはは、突き出すのは同時だったのに、ノストの方が早かったね。はは、今度は僕が負けちゃったな~」 「………………」  嬉しそうなその笑顔を、ノストさんは何処か納得が行かなさそうな顔で睨みつけていた。ノストさん……勝ったのに、嬉しくないのかな?  と思っていたら、ノストさんはすっと剣を下ろした。そしてもう片方の手を、手のひらを上にして、同じく剣を下ろしたキールさんに差し出して。 「その剣貸せ」 「ん?どうかした?」 「いいから貸せ」 「ん~……まぁ、いっか」  少し考えるような顔をしてからすぐ、キールさんは持っていた剣をノストさんに渡した。両手に同じデザインの剣を持ったノストさんは、受け取った方の剣をまじまじと見て、それから両手を下ろして。そして最後に、顔を上げてキールさんを睨みつけた。  な、なになに?? 何が起こってるかよくわかんないですが……!キールさんはキールさんで、わかっていたようにその視線受け止めてるし!  なんだかすっごく怒ってるらしいノストさんは、低い声で言う。 「キール……てめぇ、舐めてんのか」 「いや、だって仕方ないでしょ?どうやったって誤差って出るもんだし、完全に同じ物は作れないってよく知ってるはずでしょ、ノストだって」 「何で普段使ってる方を渡した」 「君だって、普段使ってる物じゃない剣で戦うんだし、僕が合わせるべきでしょ?スペアとはほんの数ミリグラムの差異だし、ま、このくらいのハンデなら問題ないだろうな~って思ったんだけど。まっさか、最後の最後でそれが響いてやられちゃうとはね~」  「でも楽しかったね~」と、キールさんは、物凄く不満そうなノストさんに、あっけらかんとした様子で笑った。 「あの、キールさん……どうしてノストさん、怒ってるんですか?」 「普段使ってる剣と、スペアの剣、同じ物だけど、スペアの方がほんの少しだけ重いんだ。で、僕が使ってたのは、スペアの方。そのちょっとの重みの差で、最後、一瞬遅れちゃったんだ」 「そ、そうなんですか……」  野次馬が散ってから、私が二人のところに近付いてキールさんに聞くと、彼はノストさんから返してもらった剣を鞘に収めながら、いつもの笑顔で言った。た、確かにそれじゃあ、本気で戦いたかっただろうノストさんにすれば、かなり不満だろうなぁ……。  というか、数ミリグラム……って言ってたかな。そのくらいの重さの違いでも、かなり響くんだな……ん?ってことは、ジクルドで戦ってたら、ノストさんはほぼ勝つってこと?ジクルド、重さゼロだし。  ノストさんが、借りていた剣をキールさんに渡す。2本の剣を持ったキールさんは、まだ納得していないらしいノストさんを見て言った。 「でもほんと、ノスト、強くなったよ。10年前、僕に全然歯が立たなかったとは思えないね~」 「うるせぇ黙れこの裏切り者」 「ちょ、ノストさん……!? それはいくらなんでもっ……!」  ノストさんが躊躇なく発した一言は、私の予想をとんでもなく越えていた!う、裏切り者って、キールさんが気にしてることを言うなんて、ひどすぎじゃないのっ!?  とかいう私の心配は無用だった。キールさんは落ち込むこともなく、むしろ嬉しそうにニコニコして。 「あはは、そんな裏切り者を、まだ友達だって思ってくれてるんでしょ?ノストはいっつもそうだよね~、気を許した相手だからこそ普段毒舌なんだよねぇ。僕みたいなポジティブ思考の人じゃないと、きっとノストの相手は気が滅入るよ~?その点、ステラさんは大丈夫だね」 「え、え……??」 「……ぶっ殺すぞてめぇ……」 「ふふふ、できるかな~?」  自分の毒舌を逆手に取られたのが悔しいのかムカつくのか、地の底から響いてきそうな低い声で、いつもより物騒なことを言うノストさん。それに対し、キールさんは面白そうに、彼を試すように笑う。  な、なるほど……この二人、上手い具合に性格が噛み合ってるんだ。毒舌をサラリと受け流せるキールさんと、常に上から目線のノストさんと。だからこそ、友達になれたのかもしれない。  というか……気を許した相手ほど毒舌って……わ、私も、ノストさんに気を許してもらってるって考えていいのかな……?! た、確かに私、割とポジティブ思考かもしれないけど……!それって結構面倒な話じゃ!? 「さて、と。君達、旅の途中なんでしょ?次は何処に行くの?」 「あ、今、タミア村を目指してるんです。なので、とりあえずナシア=パントに入ろうと思ってます」 「タミア村かぁ……僕も、シャルティア内はあちこち行ってるけど、そこには行ったことないな。なんか変わった村らしいし、あんまり行きたいと思わないなぁ。ってことで気を付けてね、ステラさん。危なくなったら彼氏に守ってもらうんだよ~」 「だッ、だから違いますってばッ!!! ああもうっ、それは凄まじく迷惑な話ですっ!!」  あわあわした私は、トドメと言わんばかりに、びしっ!とキールさんを指差して言い切った。なんかもう何を言ってるのかわからん!  すると、私の横から、ノストさんが一言。 「下僕が姫気取りか。確かに凄まじく迷惑な話だな」 「ぐはぁっ?! いやあのでもっ、危なくなったら助けてくれるって信じてますよ!信じてますからねっ!?」 「知らん。襲われる原因を持つお前が悪い」 「そ、そりゃそーですけど!! 襲われる原因がわかんないじゃないですかっ!」  ルナさんに似てるから襲われるってのはわかってるけど、その他に理由があるとしたら一体何なんだ!?  普通に「ルナさんに似てるから」って返答が来ると思ってたら、ノストさんは淡々と喋り出した。 「ルナと激似。弱い。イチイチやかましい。馬鹿。よくコケる。妨害ばっかする。メシ食うのが遅い。メシ作る度に性懲りもなくニンジン入れてくる」 「って!? 最初の1つしか関係ないじゃないですか?! 全部ノストさんが思ってることでしょう!しかも好き嫌いはよくないですよっ!ニンジンは私からの挑戦状です!!」 「なら残念だったな。読む前にテリトリーから排除してる」 「なぁ~っ?! そ、それじゃニンジンが可哀想じゃないですか!せめて一口食べてあげて下さいよ!そしたら残りは私の皿に……うつ………………い、いやななな何でもないですッ!!!」  寸前で自分が言いかけたことにはっと気が付いて、私は慌ててブンブン首を横に振った。  な、何言ってるんだ私!? って言うか、テンションがおかしい!ニンジンが挑戦状とか馬鹿でしょ私!? いや馬鹿だけど!と、とりあえず落ち着け私~~っ!!!  ぜーぜーと息をして、なんとか落ち着くと、キールさんが笑っていた。 「あはははっ、君達、いいコンビだね~!見てて面白いよ~」 「私は面白くないですよッ!!」  なんかサリカさんとかフィアちゃんとか、皆にはよくそう言われるけど、私は断じて面白くないっ!いっつもノストさんに負けてばっかだし!くぅう、いつか勝ってやるー!! 「ふふ、その調子なら大丈夫そうだね。ステラさん、ノストをよろしく。僕もそろそろ、仕事に戻らなきゃ」 「あ……そうですね。私達も、そろそろ発たないと、夜遅くなっちゃいますし……」 「うん、だから、お互いに行かないと」  お互いに、行くべき道を進まないと。  10年の時を経て、再び交わった道。でもそれは、すぐに岐路に至って、ノストさんとキールさんは、それぞれの道を行く。  ……私も、今はノストさんと一緒の道にいるけど、きっといつか、その分かれ道はやって来る。 「あの、キールさん……また、会いましょうねっ!もちろん、ノストさんも一緒に!」 「うん、もちろんだよ。また会おうね、ステラさん。それから……ノスト」 「……あぁ」  微笑んだキールさんは、すっと手を差し出した。ノストさんも手を上げて、その手のひらとパンっと打ち合う。 「今度会ったら、また手合わせしてほしいな。僕とまともに手合わせできるの、今のとこ君だけみたいだからさ」 「次はてめぇの剣は借りねぇ」 「あはは、いいよ。楽しみにしてるね。それじゃあ……またいつか。僕の親友」  手を小さく振って、キールさんは、微笑んでいた。  心の底からの、嬉しそうな笑顔だった。   ////////////////// 「……親友かぁ……」  キールさんと別れて、ノストさんと二人で歩く道。私は、別れ際のキールさんの言葉を思い出して呟いた。 「いいですね、親友って!羨ましいです!」 「面倒なだけだ」 「自分のこと、いろいろ知られちゃってますからね~?」 「………………」  私がわざとらしく言ってみると、ノストさんは黙り込んだ。あはは、やっぱりね。そうは言ってるけど、そういう間柄の人は何も言わなくても信頼できるってことだ。ほんと、羨ましいな……。 「いいなぁ……私もお友達、ほしいです。なんだか、離れていても、信頼し合ってるだけでまた会えるって感じがして羨ましいです~……」 「違ぇよ。ブチのめすために会いに行く」 「ほらほら!無関心なノストさんが、会いに行くなんて自分から言うんですよ!? 羨ましいです……!」 「………………」  さっきから羨ましい羨ましいってしつこい私に呆れたのか、ノストさんは面倒臭そうに溜息を吐いて。 「……お前は、いねぇのか」 「え?」 「いろんな意味で会いたい奴」 「い、いろんな意味って……」  ど、どういう意味ですかね……ノストさんの場合は、キールさんと戦うために会いに行くって感じだからか。  私が、会いたい人……か。そりゃ、サリカさんとかフィアちゃんとか、セル君とかミカちゃんには会いたいよね。けど……、 「いない……ですね。というか……ノストさんが会いたい人です!」 「はぁ?」 「いっ、いやあの変な意味じゃないんですが!! 私、村には会いたい人いないし、他のみんなには会いたいけど、そこまででもないって言うか……と、とにかく私!ノストさんは信頼してるので、会いたいと思います!!」 「馬鹿の思考は理解できねぇな」 「た、単純じゃないですかっ!信じてるから会っても大丈夫、会いたい!ってことですよ!? ……って、もしかして、私のお友達ってノストさんなんですかっ?!」  喋ってるうちに、私ははっとしてノストさんを見た。しょ、衝撃的だ……!し、信じてるし会いたいって思ってる人だから友達なのか?! って言うかその前に、私達ってどういう関係!?  ノストさんはやっぱりくだらなさそうに。 「下僕にも友人がいたのか。残念だが人違いだ」 「ぇええッ!!? そ、そー来ますかっ!ってゆーか私、結局下僕なんですか!? いっつもそう言ってますけど、なった覚えないですよ!フェルシエラで連れって言ってたじゃないですかっ!!」 「哀れだな。文字通りの意味もわからないか」 「……い、今、意味わかりましたよ……!」  身分が何であれ、連れていれば「連れ」だよね……!何言ってるんだ私~!  最終的に負けたらしい私が悔しがっていると、ノストさんが勝ち誇ったように言い切った。 「仕える相手がいただけよかったな、下僕」 「……嬉しくないですよぉ……」  確かに、仕える相手がいない下僕って寂しいかもしれないけど……意地でも頷いてやるもんかっ!  歩きながら、ノストさんをちらっと盗み見る。っても、いっつもどうせバレてるんだろうけど。  ノストさん……本当に、私のこと、どう思ってるんだろ。フェルシエラで、とりあえず「居場所」って言ってたけど……。   『ノストはいっつもそうだよね~、気を許した相手だからこそ普段毒舌なんだよねぇ』  ノストさんのことを熟知してるキールさんの言葉を信じるなら、これだけ毒舌で言われる私は、それなりに信用されてる……のかな。  ……ま、いっか。ある程度は信頼してくれてるって、私が勝手にお友達だって思っとこ。  信頼し合ってる友達なら、離れてもまた、会えると思うから―――