恐怖を昇華してしまえ
Back

relic

83カタルシス

 そうめったに体験できることじゃない。  ……というか、普通なら生涯一度もないと思う感覚。  足が地面についてなくて、逆さまで、風を切っている。  このままじゃ死ぬ。  でも今の私には、そんなことどうでもよくて。  ただ、内面の『恐怖』と闘っていた。   //////////////////  マラタ貝と青菜と炒めたスパゲティを巻き巻きして、はむっと食べる。  うーん、おいし。高級料理は綺麗でなんか凄いけど、私は庶民の料理の方が好きだ。  ……ノストさんはどうなのかな?  そう思って向かいを盗み見ると、彼は白身魚のソテーを食べていた。……な、なんかすでにここに壁を感じる……庶民料理よりちょっとレベル高いんじゃない!?  切り分けられた一切れが、フォークに突き刺されて持ち上げられる。それを何気なく目で追ったら、ノストさんと目が合った。……それがまた、物凄く不機嫌そうな目で。 「……あ、あはは……そ、それ、おいしいですか?」 「普通」 「…………わ、私のはおいしいですよ!?」 「はぁ?馬鹿は耳から老いるのか」 「まだ老化してませんよっ!! というか、まだ若さを謳歌してすらないですから!! 確かにノストさん、マズイなんて一言も言ってませんけど……!」  ……だって、なんか怒ってるんだもん。話展開しづらいし。理由聞いても、珍しいことに教えてくれないし。  そんなわけで、さっきから静かに食事中。周囲は控えめに賑やかだけど、私のところだけは重い空気。……ところで、私って不老だったから、若さを謳歌なんて話じゃないや……。  三手に分かれた私達。私は、ノストさんと二人で、最優先にセントラクスを目指すことになった。  そして今、私達はなんと、セントラクスにいる。すでにゴールしてました。  神の軍の追っ手とかかかると思って警戒してたのに、あっさりだった。拍子抜けしながら、とにかく着いたから、ご飯中。当然、3組の中で、私達が一番乗りだ。 「……神の目的は何だ」 「へ?」  不意に、ぼそりとノストさんが言ったのは、かなーり今更な質問で。  わざと?本気?意味わかんなくて思わず顔を上げると、彼は真剣な顔をしていた。……どっちにしろ、いつもこの顔だから、わざとか本気かわかんないけど! 「え、えっと、私とノストさんの断罪と、教団の壊滅……ですよね?」 「なら敵だな」 「………………」  それは、確認するようなニュアンスだった。ってことは、復習だったらしい。しかし返答のない私に、ノストさんが視線を向ける。  ……わかってる。ノストさんの言う通りだ。  でも……私は、頷けなくて。 「……本当に、そうなんでしょうか。神様は……本当に、私達と対峙してるんでしょうか?」  我ながら、妙な問いかけだった。「本当に対峙しているのか」なんて、はっきりしない。でも、ちょうどその表現がピッタリ来る感じで、私はそんなふうに感じてる。  私が言葉を交わした神様は、平等と調和って感じで、何と言うか、誰かと敵対するなんて全然感じなかった。何が起きても見守っていてくれそうな、それこそお母さんみたいな……そんな感じだった。  だから、なんとなく……今回の事件、ちょっとだけ違和感を覚える。違和感って言うより、不安……かな。  追いかけられてると思ってるのは、私達だけ? 「神に追われている現状は確かだろ」 「……そうですね……」 「お前の当てにならない勘に付き合ってやる義理はねぇ。試したきゃ一人でやれ」 「って、そっちが本音でしょう!? どーせ私の勘なんて当たりませんよっ!でもとにかく、ユグドラシルに行ってみれば、何かわかるかもしれません!」  私がフォークを握った拳を縦に振って必死に自分にフォローを入れた瞬間、ノストさんの目付きが怖くなった。……あ、あれ……?  思わず停止すると、彼はいつもよりずっと不機嫌そうに言う。 「神は本気だ。前も言った。てめぇが囚われの姫やろうなんざ100万年早い」 「……わ、私、捕まったって逃げますもん……」 「偶然は重ならねぇ。神相手に逃げ切れる自信が平時で無いならやめろ」 「………………」  ……そりゃ、私のクロムエラトは気まぐれだけど。制御はまだ不安定だし。そんなモノに頼るくらいなら行くなって……。  前にもあった。ダウィーゼから勝手にユグドラシルに行って帰って来た時。  あの時も、そして今も。ノストさんは、静かに、だけど物凄く怒っている。  …………えっと。 「……あの、ノストさん。その……もしかして……心配してくれてます……?」  動作が自然と止まって、なんとなく真正面から見れなくて、ノストさんの手元に目線を向けたまま、聞いた。はうう、こんなこと直球で聞くの、なんか照れ臭くて顔熱くなって来た……!  ユグドラシルに行けば、何かわかるかもしれない。と同時に、何が起こるかわからない。  でも反対に、行かなければ、何もわからないかもしれないけど、大体の事柄には対処できるから。……要するに、傍に置いておいた方がいいってことだ。私も、そりゃノストさんの傍にいた方が大体安全だってことはわかるし。  さっきのキツイ忠告は、そんなふうに思えて。  それに対し、ノストさんは例によって切り捨てた。 「死地に赴く一人の馬鹿に、冥土の土産を持たせただけだ」 「え、ええぇ!?! な、なんかそれズレてません!? 『行くな』って言っておいて、私行くことになってるんですか?! っていうか冥土の土産なんて嫌ですよー!!」 「喜べ、かなり珍しい土産だ」 「た、確かにノストさんのキツイ忠告って意味では、かなり珍しいお土産かもですがッ!!」  ガチャンッ!!  急に、固いものがぶつかる音が会話を遮断した。はっとして、今動いたものを見る。  ノストさんのお皿の端に、フォークが落ちていた。  ノストさんは、自分の手から落ちたそれを、くだらなさそうに見下ろしていた。 「……え……?」  ……強烈な違和感。  その違和感を断ち切るように、キィィ――ンと楽器のような綺麗な高音が響く。  ノストさんの姿が霞んだ直後、食事中だった私の頭上で鳴ったグレイヴ=ジクルド。はっと背後を見ると、知らない男の人の剣が、神剣に受け止められていた。  グレイヴ=ジクルドの切っ先が緩やかな動作で小さな弧を描き、襲撃者の剣を弾く。剣を手放しはしなかったけど、男の人は顔をしかめて数歩後退した。……その後ろにも、明らかにこちらを見ている人々がいて。 「みんな神の軍……!?」 「神子と共犯者、覚悟しろ!!」 「ノストさんっ!こんな室内じゃ……!」  いつ来るかわからないって知ってたけど、あまりに突然すぎた。具体的な対処法も考えてなかった。うわーん考えておけばよかった!!  とりあえず外に出ようと、振り向きざまにノストさんに言いかけて、目を剥いた。  ノストさんは、私達の食事がのっていたテーブルをゴミみたいな荒い扱いで横へ倒し、お皿ががしゃーん!!とか割れるのも気にせず、呆気に取られている私の腕を掴んで引き寄せるなり、 「弾く盾をやれ」 「へ??」  攻撃を神剣で迎撃しながらの一言に、私はキョトンとなる。が、理解していない私をよそに、ノストさんは私の手首を掴んだまま、おもむろにスッと片足を引く。  瞬間、ぐるんって視界が逆さまになった。  自分の背後へ向けて、ノストさんは片手で私をぶん投げたっ!!! 「え、ちょぉおおおーーーっっっ!!?!」  背負い投げというか背負いぶん投げというかっ、とにかく私は放り投げられた!宙を舞ってます!ななな何でぇええーーッ!!?  上下逆のノストさんが遠ざかっていく。というかこのままじゃ壁に叩きつけられる!あっ、そうだ弾く盾!!  お願いクロムエラト、ほんっっっとーに助けてぇええ!!!  私の必死の頼み込みに応えて、空中で逆さまな私の周囲に、見えないけど弾く盾が展開する。その一瞬後に、ガシャーン!!と甲高い音が私を包んだ。  それがガラスだって言うことに気付いたのは、太陽の下に放り出されて、キラキラ光る砕け散った破片を見てからだった。  重力に従って私が地面に落ちる頃、地面とは別のものに受け止められた。私を追って飛び出してきたらしいノストさんだった。 「ノストさぁぁあん!!? 今までで一番ひどい扱いでしたよねっ!? ガラス割りに私使ったってことですよねー?! 今、10回は軽く死んだ気がしますよ!? グレイヴ=ジクルドで壁壊せばいいじゃないですかぁああッ!!」 「破壊ロアは疲れる」 「壁切っちゃえばいーじゃないですか!!」 「あの狭い店だとすぐ倒壊する」 「風化現象は?!」 「ジクルド専用だ」 「それで最終手段が私ですかっ?!」 「奥の手だ」  ……なんかもう泣いてもいいっ!?  片手にグレイヴ=ジクルドを持ったまま、器用に私を両腕でキャッチしたノストさんは、店の中から追っ手が出てくるのを見て立ち上がる。……私を抱き上げたまま。  ……って、ちょ、これって!! お、お姫様抱っこってヤツじゃ!! う、うわぁああーーっっ!!?! 「……無傷か」 「はっ、はいぃ……!その、大丈夫、です……」  なんとなくいつもより距離が近くて、真っ赤になってきて声も上擦ってきてあううう……!! あーもう危ない目に遭ったのノストさんのせいなのにっ、なんか丸め込まれてるっていうか!  とととにかく逃げなきゃいけないから、ノストさんは降ろしてくれた。心臓バックバクだったからホッと一息。と思ったら、今度は肩に担ぎ上げられる。で、出た、この米俵体勢……ノストさんにとって一番邪魔にならないんだろうな、これが……。  通りに出て走るノストさんの肩の上で、私は背後から迫る追っ手の神の軍をバッチリ確認できる。  知らない人達ばっかりだった。武装している人もいるけど、中には武装していない農民みたいな人もいた。そんな人なら近付いてきても、武装している人より警戒心が少ないから気を許してしまいそう。それを狙ってるかも。こ、怖っ……!  そして今回は、サリカさんの言っていた通り、みんなが肉体を持っていた。ということは、グレイヴ=ジクルドの力も、私の力も効かない……効くのは、アルカ以上の存在の、物理的な攻撃だけってことだ。 「ひゃあっ!?」  そんなことを考えていたら、ノストさんがカクっと進行方向を変えた。突然だった上に、こっちは遠心力の関係で強い力で振り回される。……の、ノストさん、ちょっと考えて下さい……く、首がグキって!  曲がり角を曲がったというのはわかった。彼が曲がらなければ行っただろう道からも、神の軍が追ってきていた。先回りされてる……?!  と思ったら、またもやカクっと、今度は逆回転。また道を塞がれていたらしい。首を引っ込めていたから痛くはなかったけど、少しずつ気が付いて来た。 「なんだかっ、誘導されているような気がします……!」 「ナメクジ回転速度の脳をフル稼働させてようやく今頃か」 「ようやく今頃ですよ!! って最初から気付いてたんですか!? 乗っちゃっていいんですか?! このままじゃ……!」 「お前が超絶な跳躍力を持ってるなら話は別だが」 「む、無理ですよーッ!!」  神の軍の目的は私。私を捕まえるだけなら簡単だけど、傍にいるノストさんが厄介なんだ。これは、彼をも追いつめて排除するための策……!  そして今回、彼らにロアは効かない。一体一体倒すには時間がかかりすぎる。私というハンデがなければそれでもいいけど、今回は別だ。だからノストさんは、神の軍を突っ切らずにいる。  でもこのままじゃ、袋叩きに遭う。それは当然ノストさんもわかっていて、でも打開策がないらしい。  私達は、何処かへ、導かれている。  不意に、バンッ!!と強い音が鼓膜を叩いた。  後ろ向きの私の視界に大きな扉が見えたことで、ノストさんが何かの建物に飛び込んだと遅れて理解する。驚いた目で見てくる、神官服を着ている人達が辺りに見えた。 「な、何事だ!?」 「ここは神聖なる大聖堂です、そのような粗暴な……!」 「大聖堂……?」  誰かの困惑した叱咤の声をぼんやり復唱すると、急に降ろされた。自分の足で立った私がキョトンとノストさんを見返すと、彼は奥に見える階段を目で差して言う。 「走れ。援護はする」 「ま、まさか自分はここに残るなんて言いませんよね!?」 「はぁ?英雄ヒーロー気取りは一人でやれ」 「じゃ、ついてきてくれるってことですね!なら安心です!あんな数相手してられませんし!」  とりあえず邪魔だったから私を降ろしたらしい。頼もしいお言葉を聞いてから、私は駆け出した。……ってこれ、そーいや何気なく食後の運動じゃ!? ノストさん、よく普通に走れてたな……!  背後で、何だあれ!とかうろたえる声が聞こえてきた。きっと、番兵のゲブラーさん達だ。  ちらっと後ろを一瞥すると、さすが戦いのプロ、門番以外のゲブラーさん達も反射的に身構えていた。私から見て一番手前に、ノストさんの背中が見えた。 「ステラさん!?」  前に向き直ったら、正面の方から名前を呼ばれた!  え!?と思って顔を上げると、神官服の上に黒い上着を着た男の人が立っていた。穏やかそうな顔が、戸惑った様子だった。セントラクス司教のアノセルス=ギリヴァンさんだ!うわあすっごく久しぶり!覚えててくれたんだ!  ミディアから経つ時、フィアちゃんが、司教に向けて手紙を送るって言ってた。もしかしたら、アノスさんなら神の軍のこと知ってるかも……! 「お久しぶりですアノスさんっ!! あのっ、フィアちゃん……フィレイア様のお手紙、見ましたか?!」 「ええ、拝見しましたが、なぜそれを貴方が……」  アノスさんの手前で一度止まって、私はまだ上がり切っていない呼吸で聞く。困惑気味のアノスさんは、そう言ってから、はっと大聖堂の入り口の騒ぎを見て、理解してくれたようだった。キッと表情を引き締め、周囲の人々に叫んだ。 「ティセドは、大聖堂内の民間人を避難させなさい!ゲブラーは、表口と裏口に分かれて神の軍を堰き止めるのです!! ゼーゴ、正面をお願いします!」 「わかってらァ!!」  手早く指示を出すアノスさんの言葉に、私の背後、大聖堂の正面口から荒々しいおっさんの声が返る。聞き覚えがあったから振り返ると、数人いるゲブラーの中で、一際図体がデカイ影があった。  ……あ、あれ?もしかして、ずっと前、お城から脱出してアルフィン村に帰る途中で会った、あのおっさんじゃない?! ノストさんに脅されて逃げ出した!そ、そういや、アノスさんの護衛していたり、今も頼りにされたり、実は結構強い!? 「そうだアノスさんっ、正面口以外に出口はありませんか!?」 「上だ。全面囲まれてる」 「で、でもっ!」  私がセントラクス司教さんに問いかけたら、背後から別の人がぶっきらぼうに言ってくる。で、でも、上に逃げたら、自分で逃げ道を塞いでいるようなものだよ!  言わなくても、ノストさんは重々わかってるはず。でもそう指示してくる彼を、私は不安な顔で見上げて、 「わっ!?」  遠くで声が上がったと思ったら、急にノストさんが私の腕を掴んで、階段の方へ走り出した。入り口を肩越しに見ると、神の軍にやられて倒れている神官さんがいた。殴打だったらしく血は見えなかった。その隙に内部に入ってきた、神の軍の見知らぬ一員がこちらに向かってくるのが見える!  階段の手前まで来ると、彼は私を階段側に押しのけ、背を向ける。 「上に行け!」 「は、はいっ!」  有無を言わさぬ強い声音。つい元気良く返事しちゃって、私は自分のその声に背中を押されるように、階段を駆け上がり始めた。  3階建ての大聖堂。吹き抜けになっているこの空間の2階に上がった時、下方で高い澄んだ音が鳴った。グレイヴ=ジクルドの震える音。ドキっとしたけど、一瞥もしないで、私は2階の廊下を走る。  走りながら、何気なく1階の様子を横目で見て。その中に、頬がこけた男の人を見つけて、心臓が一瞬凍りついた。  ……忘れるはずもない。彼は……私が前に、城の地下牢で氷づけにした三人のうちの、一人だった。その傍に、もう一人、長髪の人も見えて。  神の軍は、死者の軍。  まるで――自分の罪に追われているようで。  心拍が速くなってきて、比例して心も焦る。心拍が速いのは走ってるからだって言い聞かせながら、それでもじわじわ侵食する不安は拭えなくて。  ノストさんは強い。負けるはずがない。でも、あんな数相手じゃ……!  大聖堂全面が包囲されてるって、どれだけの数なの?! これじゃ、まるで――  ……考え付いた単語に、心が竦み上がった。体が竦まなかったのは奇跡だ。  ……そうか。  これは、戦争なんだ。  独裁者かみと、そして民衆わたしたちとの。  何事も因果律。  罪が、罰を受けろって追ってきた。  私が罰を受けなかったから、起きてしまったんだ。  私のせいなんだ……!!  ……気が付いたら、3階に上り、さらに上へと続く細い階段を上っていた。  上り切った瞬間、ザァっと髪が横に流れた。そこは、大聖堂の最上階、尖塔の屋根の下の屋上だった。少し離れて、同じような塔がいくつか見える。見上げると、屋根のさらに上には大鐘が見えた。  大聖堂の7つの尖塔は、それぞれが別の音階の鐘を持つことで有名だ。そして、一番音が低い真ん中の鐘が、音に比例して大きい。ここは、その鐘の下らしかった。  完全に、行き止まりだ。 「………………」  何とはなしに端に近付いてみると、下から吹き上げてきた風をまともに受けた。当然だけど、地表が遠かった。嫌な妄想が頭を過ぎって、血の気が引く。  ……ノストさん、大丈夫かな。  ううん、彼はついてきてくれるって言った。やばくなったら逃げてくれる。生き延びてくれるって信じるの、私。  でも……きっと、無理だ。さすがのノストさんでも、あの数をすべては蹴散らせない。  私のクロムエラトは、攻撃はできない。できるのは、弾く盾リュオスアランと、想起音ユスカルラ膨らむ力ルードシェオと同じような力。私の力は、神の軍の前では意味を成さない。物理的な攻撃は問題ないと思うけど、私にはその力がない。私は、形のないものしか扱えない。  それに……できれば、クロムエラトは使いたくない。制御はある程度できるとは言っても……まだ怖いから。盾くらいなら、まだ平気なんだけど……。  だから、考えなきゃ。ここから、さらに逃げる方法……!  ギンッ――と、少し離れたところから、鈍い音がした。きっと甲高い金属の音だったんだろうけど、こもって聞こえた。  階段を向いたら、ザッと私の手前に誰かが着地する。当然ノストさんだったけど、なんだか様子がおかしい。  荒い呼吸をして、紫の服のあちこちに切り傷を作って、いつもの悠然とした臨戦態勢じゃなくて、少し腰を曲げて、前を睨み据える。だらんと下げた右腕の先には、グレイヴ=ジクルドが引っさげられていて……その刃を、赤い雫が撫でている。彼の足元に滴る鮮血。 「……の、ノストさん!? ど、どういうことですか?!」  ぼんやりそれらを認めてから、私ははっとした。ノストさん、右腕ケガしてる!  いくら数が多いって言っても、ノストさんは無理せず、適度に引くようにしていたはずだ。それなのに、疲労困憊でケガまで負ってるって言うのは……あのノストさんが、引くのも迎え撃つのも一苦労な敵がいるってことだ!  ……ジャリっと、靴が石造りの床を撫でる音が耳に届いた。 「お前、変わってねーなぁ。強くなっても、弱くなってもいない。3年間、何もしないでいたなら、まぁ当然か」  聞いたことのある男の人の声音に、私は固まった。ノストさんの背中を見たまま、動けない。  その背を避けて、向こう側にいる人物を見るのが恐ろしかった。恐ろしいって思う時点で誰なのか理解しているのに、そこに本当にいると認めてしまうのが、怖かった。 「今、お前が俺とある程度張れてんのは、もっぱらその剣の恩恵だな。軽いし、誰の手にも馴染むらしいからな、使いやすいだろ?」 「……っ……」  ノストさんはただ、グレイヴ=ジクルドを握る手に力を込めた。それも、ぎゅって感じじゃなく、打つ手がない自分に対して苛立たしげに、ギリギリと。力を入れたせいで血がまた滴るけど、それにも気付かない様子で。  こんなにノストさんが感情的になるのは、ただ一人に関してだけ……  ……私は、動かない体に逆らって、ゆっくり、ノストさんの後ろから、顔を覗かせた。  数人がいる先頭に立つ、予想通りの青緑色のロングコートが、この風になびいていた。  彼の漆黒の瞳が、私に動く。  そして……  彼は、私のる、邪気のない快活な笑顔を向けた。 「よ、ステラ。初めましてだな!」 「…………ヒース……さん……」  私の記憶の中と変わらぬ、灰色の髪を1つに束ねた剣聖が、そこに立っていた。   //////////////////  彼は、寂しそうな顔をした。 「あぁ……そうか。俺が父親じゃないって、知っちまったんだもんな……」  一瞬何のことかわからなかったけど、私が他人行儀で「ヒースさん」って呼んだことを言っているんだと気付いた。  考えてみれば、有り得ないことじゃなかった。  神の軍は死者の軍。すでに死んでいる人なら、誰だってなる。ヒースさんだって。  ということは……スロウさんの妹さんも、エリナさんも……もしかしたら……アルトミセア様も?  でも、信じ切れなくて……! 「……ど……どうして……?貴方まで……私達を追ってくるんですか……!?」 「まーな。神の命令だしな」 「だって!その命令にはっ……!」  ……グレイヴ=ジクルドの回収もある。つまりそれは、ノストさんを……最悪殺してまで、剣を奪えってことだ。  ヒースさんが……それを、呑んだ……?! 「そういうことだ。俺は手加減はしねぇ。だからノスト、お前も俺を殺す気で来い。じゃねぇと――死ぬぞ」 「………………」  すっと表情を消し、ノストさんを瞳に映して言うヒースさんは、見たこともないくらいの冷酷さを宿していた。  私達、二人に向けて言っている。唯一の救いは、彼がノストさんを見ていたことだった。まっすぐ私の方を見て言われてたら……きっと、指先まで縛られて、絶対動けなかった。  信用していた人が敵に回った。それがこんなに恐ろしいなんて、夢にも思わなかった。  ノストさんは、答えない。――それが、答えだった。  詰みだ。私達はまんまと相手の策にはまり、追い込まれた。  背後は空。出口を塞ぐのは、超越した力を持つ、在りし日の剣聖。  逃げ道は、ない。  逃げ道がないなら、作ってしまえば?  それができないから困ってる。  閃光のように脳裏を駆け抜けた戯言を、一蹴して。  一瞬後、はっと思い出したことがあった。   『なぜなら 貴方の想いは 叶えるためにあるのだから』  いつかのラルさんの透明な声は、焦燥にかられていた私の胸を静めながら、染み渡っていく。  ……ああ、そっか。  大事なこと、忘れてた。  私のこの力は、この神の軍を生み出した、神様と同じ力。  神様が、このエオスを生み出す時に振るったはずの力。  すべてを生み出す力だ。  だから、叶える想いクロムエラトだって……忘れてた。  できる?私。  ……できる。  信じる。信じてこその想いだ! 「ノストさんッ!!!」  はっと、神の軍たちの顔に驚きが走った。膠着状態で静まり返ったその場を、私の声が無遠慮に踏み荒らしたからだ。  でも、それでいい。響け、私の声!  その場の全員が驚いて、私の行動に置いていかれている、今がチャンスだ!  ノストさんの前に踊り出た私は、他の人達と同じように唖然としているノストさんに飛びついた。自分が知る限りの体当たりを、膨らむ力ルードシェオで増幅させて。  疲れていたノストさんは抗うこともできず、あっさり突き飛ばされて、後ろへよろめく。  それは、あっという間だった。 「っ……!?」  ノストさんが驚愕するのが見えた次の瞬間。重力から解き放たれた私達は、宙を舞っていた。  飛び込んだ蒼天。重力という束縛から逃れた刻は、なんだか自由でいられるような気がした。  バサバサと、服が、髪が、風に悲鳴を上げる。 「私、諦めませんからっ!」  自分に言い聞かせるつもりで言った声は、それらの悲鳴に掻き消されていく。  ノストさんが打つ手なしって思っても、私、諦めないから。  だから……ノストさん、私に、勇気を下さい。  彼の背中に回した腕に、ぎゅうっと力を込めて、私は願う。  クロムエラト。  私の想いが力となって働く、恐ろしい力。  今だって怖い。この力を使わずに済むなら、ずっと忘れていたいのに。  だけど……それは、神子である自分から逃げているだけだ。  逃げたくない。  だってそうしたら、私を生んだ神様からも、逃げることになるから。  立ち向かえ。  この恐怖に。   『貴方の心は 翼のように広く散りやすいのね』  私の心が翼だと言うのなら、この恐怖も広げてしまえ――!!  ―――キ……ィィンッ―――  澄んだ音色とともに、すべてが蒼ざめた。  大気が凍りつく。緩やかに落ちる速度。  寒気が走る背中を一瞥した私の瞳に、そこに広がる蒼く煌く翼が映った。  ――氷翼カノンフィリカ。  雫が凍りついたような、小さな粒子の集まりの羽。  思いもしない形で戸惑ったけど、私の体の一部だから使うのは簡単だった。  細かな氷粒を散らしながら氷の双翼をざわりと蠢かせて、私は強く羽ばたく。  翔ぶ。  翔ぶ。  翔ぶ―――