Back

neoteny

70 再生者

 死んだ。  ……そう思った。  頬を、何かが滑っていく感覚。  反射的に、ぺた、と頬に触れる。何かが指先にまとわりつく感覚。  ……感覚?  …………私……生きてる?  ぼんやりそう思って、ようやく、一点しか見えていなかった視界が広くなる。  目の前が真っ暗になったと思ったのは、視界の真ん中を黒い色が支配していたからだった。見間違えるはずもない、彼の背中。  ……私……助かったんだ……。  ホッと一息ついて、何気なく、さっき頬に当てた手を見た。  指先が、赤かった。  …………それが一体何なのか、理解するのに、数秒かかった。 「……―――っ!!!」  ぞっとして、顔を上げる。ノストさんの背中。その背中から……黒く細長いものが伸びているのが見えた。 「…………ぇ……」  ……何なんだろう、この光景。  ひどく現実味がない。 「……これは……予想していなかったな」  ぼたぼたっと、ノストさんの足元に、赤い塊が落ちた。びくっと私が過剰に反応する前で、スロウさんの声が聞こえて、細長いものが引っ込む。固まっていたように動かなかったノストさんの背中が丸まり、ふらりと私の方に倒れかかってきた。  慌てて立ち上がって支えようとしたけど、遅れた。ノストさんが倒れるのに引っ張られるように、私も一緒に倒れ込む。すぐに起き上がり、仰向けのノストさんを見て、伸ばしかけた手が止まった。  胸の、死光イクウに貫かれた服の穴。口の端から赤い線が伸びていた。つらそうに半眼にされたダークブルーの瞳。倒れているせいか、銀髪の毛先も赤く染まっていた。 「の……ノスト、さん……?」  私をかばって死光イクウに貫かれた。頭ではわかっていても、認め切れていない自分がいた。  いつも不敵な態度で、実際凄く強いノストさんと、目の前のノストさんが、一致しなくて。  ……これは……現実、なの……? 「……この……馬鹿、が……」  瞳が私を向き、彼は切れ切れの息で言った。……弱々しい声。それなのに、紡ぐ言葉はいつもと変わらない。 「……な、んで…………どうしてっ……」  頭の中が混乱する。  ―――どうして。   どうして、こんなことになってるの? 「いやぁあああッッ!!? ノストさんッ!?! ノストさぁん!!」 「……うるせぇ……響く……」  かなりの時間差があってから、私はやっと現実に戻ってきて、ようやく悲鳴を上げた。思わずノストさんの服を掴んで揺さ振ると、彼は顔をしかめてそう言った。 「だって、だって!! ノストさん、どうして!! どうしてそんな冷静にっ……!嫌です、死んじゃ嫌です!!」 「……やか、ましい……」 「私っ、一人になっちゃいます!私の居場所、なくなっちゃいます!! 死なないで下さいっ……!お互いに居場所だって言いましたよねっ!? だから、だからっ……!!」 「ステラ」 「っ……」  ただ、ノストさんが死んじゃうなんて嫌で嫌で嫌で。錯乱したまま、とにかく思い浮かんだことを口走っていた私を、ノストさんが、私の名前を呼ぶことでなだめた。  名前を呼ばれただけなのに、私はそれだけで静められた。恐る恐る、弱々しい目付きでノストさんを見ると、彼はゆっくり片腕を持ち上げた。その手のひらを顔の横に持ってきて、小さく上下に動かす。……「来い」って、手招きしていた。  よくわからないまま、指示された通りに頭を近付けると、彼は今度は、その手のひらを自分の口の横に当てた。まるで……内緒話でもするように。  ……なに……?いきなり、なんなの……?  「耳を貸せ」って言われてるのはわかった。従うまま、邪魔になる髪を無意識に押さえて、耳を近付ける。  当然だけど、耳の本当にすぐ近くで、ノストさんの声がした。 「楽しかった」 「―――――………」  ……囁くような声が、息とともに耳朶に触れた。  たった一言。主語もない言葉、それだけ。  他には、何も言わなかった。  頭を持ち上げて、ノストさんの顔を見た。  ……彼は、目を瞑っていた。  それは、何度か見たことのある、綺麗な寝顔で。 「……ノストさん?疲れ、ちゃったん……ですか?」  ノストさんの顔を覗き込んだ体勢で、問いかける。いつの間にか、彼の腕からも力が抜けていた。  ――気が付くと、彼の血溜まりが、座っている私の膝の前にまで広がっていた。  ……喉が震える。その喉で発する声も、やっぱり、震えていて。 「こ、こんなところで寝るのは……良くない、ですよ。は、早く起きないと……いつかの仕返し、しちゃいますよ?で、でも……鼻を摘む勇気はないので、ほっぺで……」  震える指先で、ノストさんの頬に触れる。私の指先より、彼の頬はひんやりしていて。  ……この時点で、彼なら、絶対飛び起きるはずなのに。飛び起きて、凡人のクセにって、私に仕返ししてくるはずなのに。  静かに瞼が閉ざされたその顔は、なぜだか、いつもより白く映えて。  ……どうして?  どうして起きてくれないの……?  ノストさんの顔がぼやけたと思ったら、ぽたっと水滴が落ちた。ノストさんの白い頬に当たって、砕ける雫。 「ノストさん……起きて、下さい……お願い……です、からっ……慈悲でも……なんでも、いいですからっ……」  嘘だ……  こんなの……こんなの……っ 「あぁあぁぁあああああああああッッッッッ!!!!!!」  すべてを拒絶するように、縮こまるように、目を固く瞑って頭を抱えた。止まることなく溢れる涙が次々にこぼれ落ちていく。  嘘だ!ノストさんが死んだなんて嘘だ!!  なんで、どうして!どうして私なんかかばったの!?  ノストさんッ……どうしてっ……!! 「……かばって死んだか。私の知るディアノストでは有り得なかったが……どちらにせよ、邪魔者は消えた」  閉ざされた世界で、スロウさんの声がした。滲んだ視界を開いて、絶望した顔で、さっきより少し離れたところにいたスロウさんを見る。彼は、ラミアスト=レギオルドを地面に突き刺し、代わりに、家の残骸に突き立っていたグレイヴ=ジクルドを引き抜いた。  さっきまで、ノストさんの手にあったその神剣の先を私に向け、ヒースさんだけじゃなく、ノストさんも手にかけたスロウさんが言う。 「ラシュファシルとしての役目を終えたお前には、用はない」  そう言って、グレイヴ=ジクルドを振り上げる。私を狙った消滅波が来るって、見ればわかった。  ―――私は……ただ、呆然とそれを眺めていた。 「……再生者ラシュファシル……」  ただ、スロウさんが言った言葉を、ぼんやり復唱して。  耳に残ったその言葉。  ラシュファシル。  …………そうだ……。  私は、再生者。  再生者……。  グレイヴ=ジクルドがあれば、ノストさん自身も再生できるかもしれない――!!  そう考えた私の切り換えは、早かった。  濡れた頬を服の袖で拭い、すっくと立ち上がる。訝しげな表情をしたスロウさんの持つ剣を、まっすぐ見据えた。  さっきまで弱々しい目付きしかできなかった顔が、強い表情をしているのが、なんとなく感じられた。 「……グレイヴ=ジクルドを……渡して、下さい」 「ロアシルのお前に、私がこの剣を渡すと?」  ……彼の言う通り、渡してくれるわけなかった。遠回しに「渡さない」と言われてる。私はグレイヴ=ジクルドを壊すつもりはないけど、言ったところで信じてくれないと思う。 「……貴方は……どうして、グレイヴ=ジクルドが欲しいんですか?」  ふと、口を突いたのは、何気ない疑問だった。  スロウさんは、グレイヴ=ジクルドを欲しがっている。それはずっと前から、身を持って知っている。だけど、何のために?  スロウさんは「決まっているだろう」と一言言ってから、また口を開く。 「………………」 「……?」  ……だけど、声は出なかった。私が訝しげに見ると、スロウさんは何処か呆然とした表情で、私を……と言うより、目の前を見つめていた。 「……スロウさん?」 「……なぜか?お前が知ることではない。ともかく、お前にグレイヴ=ジクルドを渡すつもりはない」  一瞬の間の後、スロウさんはいつもの様子でそう言い切った。その時にはすでに、さっき見せた呆然とした表情はカケラもなかった。  ……今の……何?出るはずの言葉が、出なかった……ような……。  ……とにかく、スロウさんが渡してくれるはずもないから、神剣が欲しかったら、答えは1つ。  私は黙り込んで、でもすぐに、迷わず返答した。 「なら、奪ってみせます」 「いいだろう、できるものならな」  振り上げられたままのグレイヴ=ジクルドの切っ先が、微動する。 「消えろ」  冷ややかな言葉とともに、グレイヴ=ジクルドが振り下ろされる。見えない消滅波が、私に迫る。その波が見えないからか、不思議と、恐怖は感じなかった。  ざっと、私の髪がなびく。消滅波が駆け抜けていったのがわかった。吹き上がった髪が、静かに肩に落ちる。  ……スロウさんが、初めて驚いた顔をした。 「何……?!」  ―――愚かね ステラは神子よ 神と同等の力を持っている存在  ―――私達を使ってステラを壊せるのは 貴方達の言う神一人だけ  説明するラルさんが埋まるグレイヴ=ジクルド。それを握るスロウさんの後ろで、深く地面に突き刺さっていたはずのラミアスト=レギオルド、2本の刀が、不自然にカランっと倒れるのが見えた。 「くっ……そういう、ことか……」  消滅の力を使った時の負荷で、スロウさんが苦しそうに言った。そのせいか、スロウさんの動きが鈍い。頑張れば、私でも奪えるかもしれない……!  拡いて、クロムエラト。  グレイヴ=ジクルドを取り返したい。  だから、私に力を貸して――!!  前に大きく一歩、踏み出した。  憔悴していて、私の動きにすら反応が遅れている目の前のスロウさんに向かって、力いっぱい体当たりした。 「くっ……!」  相手が弱っているとしても、大人の人を突き飛ばすほどの力は、私にはない。だけど今、クロムエラトで増幅された力は、スロウさんを2歩、後ろへよろめかせた。  スロウさんが足元に気をとられている間に、彼の右手に握られているグレイヴ=ジクルドに手を伸ばす……!! 「そんなに欲しいなら、くれてやる……!」  スロウさんの低い声がしたと思ったら、1歩分、距離が開くと同時に、スロウさんの右手が引かれ、そして急に剣との距離が縮まった。  下がったのは、剣を振りやすくするため。軽く引いたのは、勢いをつけるため。剣を上へ振り抜く気だと、寸前で気が付いた。  けど、それなら……っ! 「クロムエラト、弾いて!」  いつもは何も感じないのに、不思議と、ピンと何かが張り詰める感覚がした。弾く盾。  これなら――!  下がれ!!!―――  ―――いけない ステラ 避けて!!! 「えっ!?」  ジクルドさんとラルさんの声が重なって聞こえた、私の目の前で。グレイヴ=ジクルドの切っ先が、私のすぐ脇に近付いたのが見えた。  やばいっ……!!  と、思った瞬間。……また、目の前が真っ黒になった。同時に、ガキンッ!!という固い音。 「馬鹿野郎ッ!! 考えりゃわかるだろっ!グレイヴ=ジクルドの力がお前に効かねぇのと同じで、グレイヴ=ジクルドにはお前の力は効かねーんだよ!!」  その声は、目の前からした。呆然と顔を上げると、黒い背中があった。……だけど……ノストさんじゃない。 「せ、セル君!?」 「いーからとっとと下がれ!!」  スロウさんのグレイヴ=ジクルドを腕の甲で受け止めているセル君に大きな声で一喝され、私はわけがわからないまま、慌ててそこから離れた。 「死光イクウ!? なぜお前が……!」 「はッ……いつまでも、お前の言いなりじゃねぇ、っつーことだ……!」  スロウさんも予想していなかったらしく、彼が驚いた顔で問い掛けると、セル君は切れた息で言い返した。  で、でも、どうしてセル君がっ!? だって、ラミアスト=レギオルドはさっきまでそこに……!  先ほどまでラミアスト=レギオルドがあった辺り、スロウさんの後ろを見ると、いつの間にか、そこには何もなかった。代わりに、そこに白い女の子が座り込んでいた。 「み、ミカちゃんもっ?!」 「……スロウ君の……意志に、歯向かって……るんだ……ちょっとでも……気を抜けば、戻っちゃう……」  ミカちゃんも、ひどく疲れた声で切れ切れに言った。言われてみれば、彼女を拘束するように、黒い雷のようなものがバチバチ音を立てながら走っている。セル君を見てみると、彼も、似たような白い雷に囲まれていた。 「グレイヴ=ジクルドは……アルカは切れねぇ。力を、使われたら……消えるけどな……!」 「それは……ボクが、させないっ……!」 「ぐっ……!」  いつもぽへーっとしているミカちゃんが、強い目付きでスロウさんを見た。すると、ミカちゃんの精神侵食が発動したらしく、スロウさんの上半身が前に傾ぐ。  スロウさんの紫の目が、苛立たしげにセル君を睨みつけた。 「くそ……!お前達……刀に戻れ……!!」 「ぐあぁっ!!」 「うああっ!!」 「セル君ッ!! ミカちゃぁんっ!!」  スロウさんが刀に戻ることを強く命じた。二人を囲む雷がさらに激しくなり、その光に呑まれるように二人は刀に戻り。  そして、それと同時に、スロウさんの横から何かが飛び出してきた!精神侵食が解けたばかりで上手く反応できないのか、動きの遅いスロウさんの右手……グレイヴ=ジクルドを握る手を、勢いよく振り下ろされた長い足の踵が打った!  落ちた神剣を風のように拾い上げ、私の横まで後退してきたその人は……、 「グレイヴ=ジクルドいっただきッ!ステラは殺させないよ!」 「ルナさんっ!」 「ごめんねステラ、助けるの遅くなっちゃった!でももう、弱ってるスロウなんかに負けないから!」  ミカちゃんがスロウさんの意志に逆らったからか、精神侵食が解けたらしいルナさんは、そう言って不敵にウインクしてくれた。それから、手に持っていたグレイヴ=ジクルドを自分の横に突き立てると、 「これ、頼むね!」 「は、はいっ……!」  一言そう言って、スロウさんに向かって行った。動作の鈍くなったスロウさんを、ルナさんは格闘技でいなしていく。  それを見てすぐ、私は突き立っているグレイヴ=ジクルドの柄を取って、引き抜いた。想像以上にずっと軽くて、ビックリした。というより……重さなんて全然ない。まるで空気を持っているみたいで。  その剣を持って、倒れているノストさんのところへ駆け寄った。時間が経ったからか、さっきより肌が白く見えて。 「……ノストさん……」  頭をブンブン左右に振る。泣き出しそうになる衝動をこらえて、私は、グレイヴ=ジクルドの先を上に向けて持った。  グレイヴ=ジクルドは、破壊と再生を司る。  そして私は、破壊者ロアシルであり、再生者ラシュファシル。  ならきっと、できる。  ……だから、お願い。 「お願い、ラルさんっ……ノストさんを、生き返らせて―――ッ!!!」  ―――……ごめんなさい 残念だけれど 私の再生の力は あくまでも促すこと  ―――いくら私でも それは不可能よ  お願い。  口悪いし、自分勝手だし、馬鹿にされてばっかりだけど。  自分至高主義な、毒舌魔人さんだけど。  本っ当にたまに優しかったり、その時、私の欲しい言葉をくれたりする人。  大事な人なんだ。  たった一人の、大事な人なんだ。  この願いが叶ったら、もう、何もいらないから。  私は、どうなってもいいから……!  だから、お願い―――!!!  ピリッと、肌がひりつく感覚がした。  瞬間、私の両手に握られているグレイヴ=ジクルド全体が、真っ白な光に包まれた。それは、ウォムストラルの光に似ていて。  ―――なっ そんな馬鹿な……!!  その不快じゃない白い柔らかな光は、すべてを覆うように、どんどん、どんどん広がっていって……  すべて真っ白に塗り潰されて、何も見えなくなった。  ……………………