自己恐怖
Back

neoteny

67アンビバレンス

 ぴしゃん、ぴしゃんと響く、静かな雨音に満たされた耳に、ズズ……と、固い床を何か擦る音がした。  同じく固い寝台の上に、ドアの方に背中を向けて横になる私は、それをただ聞く。  コツコツと、足音。次第にそれは、時間をかけつつも遠ざかっていき……遠くの方から、扉を閉める重い音が響いてきた。それから、雨音が帰って来る。  ……それから少しして、上の方でドアが開く音がしたから、起きたばかりだったけど慌てて寝たフリをした私は、むくりと体を起こした。ドアの下の方を見ると……予想通り、そこにトレーにのった食事があった。  今日の朝食は、ふわふわしてそうなパンと、香ばしそうな焼き魚、鶏のダシがきいた豆スープ。  看守さんじゃない、厨房にいそうな格好をした別の人がいつも置いていっている……らしい。一度だけ見たことがある。牢屋のドアの下に少し開いている穴から、いつも中に差し出される。 「………………」  窓の外を見ると、やっぱり雨が降っていた。強すぎも弱すぎもしない、心地良い音を奏でる雨。  雨音は好き。ずっと耳を傾けてると、なんだか不思議な気分になる。それに、その間は何も考えなくていいから。……特に、今は。  ―――……ステラ おはよう 「……おはよう、ございます……」  何処かためらいがちに声をかけてきたラルさんに、私はぼんやりしたまま返事をした。それから、のそのそと動き出して寝台を降り、朝食の前に座り込む。  セル君がいなくなって……あれから4日間、誰にも会ってない。たまに来る看守さんは除いて。  同じことを繰り返す日々。時間がひどく遅い。さらには、余りすぎた時間はいろんなことを考えさせる。  例えば……目の前の食事。  ―――食事よ 食べないの? 「……いらない……です」  ―――……でも 「いらないです……」  ラルさんの心配そうな声に、か細い声で答えた。その場で膝を抱え、頭を伏せて縮こまる。  ……気持ち悪いんだ。昨夜も食べなかった。食べたら、吐いちゃいそうで。  心が本能を上回って、体が食べることを拒否していた。  だって、これ食べたら、また1日が始まる。  ご飯食べたら、またしばらく生きてなきゃならない。  私、ボルテオースでできてるけど、このままずっと断食したら死んじゃうかな?  つまり……  私は今、どうして生きてるんだろう。  ………………。  だって、ここには誰も来ない。来ちゃいけない。  私は、誰かと待ち合わせてるわけでもない。  それに、スロウさんの目的は、グレイヴ=ジクルドを手に入れること。  それなら、このまま完成させなければいい。  じゃあ、結合させる唯一の手段である私は……邪魔だ。いなくなっちゃえばいい。  ……でも、ヒースさんの願いは、グレイヴ=ジクルドを破壊すること。  それは、私じゃないとできない……。  自分が精神的に参ってるなって言うのはよくわかってたけど、止まらない。  自分がおかしいよ。いつもの私はどうしたの?  私……どうすればいいの?  ―――ならステラ 貴方はどうしたいの? 「………………」  頭の中の考えを見計らったかのようなタイミングで、ラルさんが声を挟んだ。私は、ただぎゅっと膝を抱える腕の力を強くした。  ……ここ数日、こういうふうに悩むと、心を読むラルさんは必ずそう聞いてくる。  でも、私は答えない。一度だって答えなかった。  だって答えは、自分でわかってる。  わかってるから……口に出したら、いけないような気がした。  だってクロムエラトは、私の想いに反応して働く力。いくらある程度は制御できるようになったとしても、想いが強すぎたら、きっと制御なんてできない。こんな心の状態じゃ、絶対想いは強くなる。  そしたら私は、きっと呼び寄せてしまう。オルセスで首を締められた時みたいに。 「……これで……いいんです」  ―――ステラ……  質問には答えないまま、私は自分に言い聞かせるように言った。ラルさんは何か言いたげに私の名前を呟く。だけどそれだけで、彼女は沈黙した。  そう……これでいいんだよ。  これで……  目を閉じて、雨音に耳を澄ませる。  ぱらぱら、ぱらぱらと、綺麗な音がする。  牢屋の中に小さく反響して、エコーがかかったように遠く、遠く響いていく。 「…………え?」  とても長く思えた時間の後、ぽつりと言ったラルさんの声が耳に届いた。少し遅れて反応し、私は顔を上げる。  ―――上の方が騒がしいわ なぜかしら 「上……」  怪訝そうなラルさんの口調。なんとなく、上を見上げてみる。  ……石造りの、灰色の天井。この、ずっと上は……もちろん、お城の中だ。ということは、お城の中が騒がしい……?  ここには何の音も届かないから、わからない。ここでは、雨音と自分の声、ラルさんの声しかしない……。  ―――誰か来る  不意に響いた、ラルさんの緊張した声に、私は身を強張らせた。ほぼ同時に、ガゴン、と上の方で固い音がする。あの音……扉が開いた音だ。  誰?食事はもう来た。スープにはまだ湯気が立ってるから、あんまり時間は経ってない。だから食器の回収には早すぎる。  スロウさん?  ノストさん?  それとも別の誰か? 「……何だよ、ただのガキじゃねェか」 「だから、そう言っただろ?」  息も忘れて、ただ階段を見つめていた私の視界に入ってきたのは……見たこともないおっさんだった。スキンヘッドの目付きが悪い、大柄なおっさんだ。その後ろに、やっぱり知らないおっさんが二人いる。ちょっと頬がこけた人と、ちょっと長めの髪の人だ。三人とも、なぜか武装していた。  あれ……でも、なんか後ろの二人……見たことあるような気がする。何でだろ……?  三人はこちらに歩いてくる。先頭のスキンヘッドさんの後ろの頬こけさんが、くるくると指で何か環のようなものを回していた。よく見ると……鍵束だ。  ……あ……思い出した……!後ろの二人、前に一度だけ来た看守さんだ。だから鍵、持ってるんだ……。 「で、参謀は何だって?」 「地下牢に入ってる奴を連れて来いってさ」 「え……」  頬こけさんが問い、隣の長髪さんが答えた会話を聞いて、私は目をゆっくり見開いた。  参謀……スロウさんが……私を連れて来いって?何で、突然……。  前の方に座る私の目の前に、スキンヘッドさんがしゃがみ込み、無遠慮に私をジロジロ見る。這うような嫌な視線に、私はおっさんを睨み据えて対抗した。 「わっかんねェなァ……」  やがて、スキンヘッドさんがアゴに手を当てて呟いた。 「参謀が何考えてんのか知らねェが、こんなガキの何処が怖いんだ?」 「……怖い?」  ……どういうこと?  スロウさんが……私を怖がってるってこと?  そんなわけ……  私が無意識に繰り返すと、スキンヘッドさんは「あぁ」と頷いて言った。 「この牢屋は、国にとって重要な奴をブチ込むってのもあるが、大概、世話が面倒な奴を周囲から隔離するためにブチ込む場所だ。それ以外は、普通は上の方の牢屋に入る」 「………………」 「テメェは参謀曰くルナじゃねェらしいからな、国の重要人物なわけねェし、わざわざ隔離しなきゃなんねェような暴れん坊でも、強ェ奴でもないみてェだし……なのに参謀は、テメェを隔離した。こんなガキの何が怖いんだか、わっかんねェなァ……」 「まぁ、参謀の考えること全然わかんねぇってのは、今に始まったことじゃねぇだろ?」  不可解そうに眉をひそめて言うスキンヘッドさんの後ろから、立ったままの長髪さんが笑って言った。  ……確かに……スロウさんにとって、私は、グレイヴ=ジクルドを完成させるための手段でしかない。  なら、石と剣が揃うまで、私を閉じ込めておけばいいだけだ。だって私は、自分で牢屋からは出られない。  ……つまり、何処だっていいんだ。閉じ込めておける場所なら。  そう、上にも牢屋があるのに……わざわざ、この場所に隔離された理由が……足りない。  スキンヘッドさんの言う通り、スロウさんが、私を恐れてるから?でも、どうして?スロウさんは、強い。私なんか、すぐに殺せちゃうくらいに……。  キィィ……と、鉄が擦れる音がした。  はっとした時には、いつの間にか牢屋の錠は外れていた。かと思えば、三人は牢屋の中に入ってきていて。  ……なぜだかぞっとした。慌てて立ち上がり、三人から少し距離をとる。3歩くらいの間を置いて、私達は向き合う形になった。 「な……なに……?」 「見極めてやろうじゃねェか」  スキンヘッドさんがニヤリと笑って言い、腰の剣を抜く。窓の隙間から差し込んでいた日光に反射し、冷たい銀の光が牢屋内を駆け抜けた。  おっさん達が、一歩踏み出す。  私は、一歩下がる。  頬こけさんのつま先が、朝食をのせたトレーに当たり、こぼれたスープがトレーに広がっていく。 「気になるしな~、参謀が怖がってた理由」 「ちょっと痛めつければわかることだろ?」  頬こけさんと長髪さんも、ニヤニヤしながらそれぞれ拳とナイフを握る。どちらも、鍛え抜かれた拳、刃。  ……体が急激に冷めていくような感覚が、全身を襲った。  狭い牢屋内。  私は一人。  相手は三人。  私は丸腰。  相手は武器を持っている。  三人は踏み出す。  私は下がる。  足元も見ないで震える足を後ろに出すのは、とてもおぼつかなくて。  でも、目が三人から離れない。離れさせてはいけない気がした。 「こ……来ないで……」  声が、震えていた。  こちらを見据える三人の目は、明らかに本気だった。  三人の武術者。そんな人達からまっすぐ向けられる矛先。敵意。  ここには、私の他に誰もいない。  頼りも、いない。  剣の鋭い刃。手の甲にトゲのついた拳。先端の尖ったナイフ。  あれが、比較的柔らかい体に当たったら……?  当たり続けたら……?  踏み出す。下がる。  踏み出す。下がる。  踏み出す。下がる……  ……どん、と背中が壁に当たった。 「うらぁああッ!!」  張り詰めていた空気が誰かの吼える声に裂かれ、同時に、三人が微動したのが見えて。 「いやぁあああぁっっ!!!!!」  頭を抱えてしゃがみ込んだ、その瞬間。  しゃがみ込んだ私とは反対に、じわじわと込み上げていた恐怖は、熱は、限界まで一気に込み上げて。  そしてあふれる寸前、体の奥がぞっとするほど冷え込んだ。  わかったのは、それだけだった。  ……………………   ////////////////// 「――――――――――……っ……はぁ……はぁ……」  ……いつの間にか止めていた息は、どのくらい持ったんだろう?  ぱらぱらと、変わらぬ雨音が聞こえて。思い出したように息を吐き出し、私は、なぜだかやけに自分が疲れていることに気付いた。  何でだろう……体が、なんだか……だるい。少しだけ、息も上がってるし……。  ……私……どうしたんだっけ……?  ぼんやりする意識の中で、真下の灰色の石床に向けていた視線を、ゆっくり上げていく。  そして視界の上に、靴を履いた誰かの足が覗いた瞬間……私は、頭の動きを止めていた。  ……ひどく、嫌な予感がした。  寒い。震える。それは寒さからなのか、恐怖からなのか、自分でもわからなくて。  息を吸う。冷たい空気が、喉を滑っていく。  息を吐く。白い吐息が、私の視界を曇らせる。  耳の奥で鳴る速い鼓動は、警鐘のようで。  ……ゆっくり、本当に、ゆっくり。顔を上げて。  予感通りの光景を目に映し、それでも私は、目を限界まで見開いていた。  冷え切った牢屋内で。  看守のおっさん三人は、それぞれ武器を振り上げた格好のまま、凍りついていた。  その顔は……どれも、苦痛の表情だった。  そんな氷像が……目の前に、三体、立ち尽くしていた。 「…………あ……あ、ぁあっ……」  ぞっと背中を寒気が駆け抜けた。意味のない声がこぼれた。  見たくないのに、目が三人から離れない。  ガクガクと震える肩を抱いて、それでも目だけは氷像から外れなくて。  …………私だ。  カノンフィリカは、私の想いで発動する。  私なんだ。  私が……  私が……殺した。 「わ……わたし、は……っ!」  震えが止まらない。  殺した。  人を。  気持ちで……殺した。 「いやぁあああッッッ!!!!」  頭を抱えて、目を固く閉ざした。  何も見たくない。否定したかった。  違う、私じゃない!  でも、私のせいだ。  私は……私は……!!  ……怖い。  自分が怖い――!!  ガクン、と頭が揺れた。肩を強く揺さぶられた。  驚いて思わず目を開けたら、氷像しかいなかった目の前に、ここにいるはずのない人がいた。 「うあ……ぁあっ……ノストさん……っ!」  私の前に膝をついてこちらを見据えている、見慣れた姿。  何でいるの?ううん、いるはずがない。だって彼は、来ちゃいけない。  これは……幻なの?  ……幻でもなんでもいい。  気が付いたら、私は、縋るようにノストさんの胸にしがみついていた。  掴んだ服は、彼の胸に当たった額は、ほんのり温かかった。 「ノスト、さんっ……わたし……わたしっ……!!」  ……人を、殺した。  どうして?  神剣を壊すための、力のはずなのに。  壊して、もうそんな恐怖に怯えなくても済むようにするための、力のはずなのに。  世界を正すための、力のはずなのに……  なのに、どうしてこんなことになってるの?  何のための力なの?  怖い。  三人よりも、スロウさんよりも、自分が怖い――!!