Back

raison d'etre

62 2つの理由

 ―――ステラ――― 「…………はい」  過去の世界が消え去って、元の黒い世界……ユグドラシルになった。そう思ったら、独特な響きを持つ神様の声が私を呼んで、私は反射的に返事をする。  祝福される希望アテルト=ステラ……私の、こと。  グレイヴ=ジクルドを破壊するために生み出された、破壊者。  ―――あの記憶の出来事のすぐ後 あの男ヒースは死んだ―――  ―――そしてグレイヴ=ジクルドは 分離してしまった――― 「あ……それって……」  3年前……カルマさんから聞いた、スロウさんがヒースさんを殺してしまった出来事。私が生まれたすぐ後だったんだ。  その事件で、グレイヴ=ジクルドは、ジクルドとウォムストラルに分かれて、さらにウォムストラルはいくつかに割られてしまった。  ―――あの頃から すべてが狂い始めた―――  ―――あの男が死んだことで そなたに最も近い位置にいたノーディシルが減った―――  ―――そしてそなたは 3年をかけ人格を形成し あの男のいない家でようやく覚醒した―――  ―――己の正体も世界も 何も知らぬ あの男の娘として―――  ―――それが 半年前だ――― 「あれ……?でも、それなら、ヒースさんがいないって気付くはずですよね?」  まさか最初から、ヒースさんが死んだって記憶を私に与えたわけじゃないだろう。だって私が作られた時、ヒースさんはまだ生きていたんだから。  よく考えてみれば、割れたウォムストラルが形見の石だって言うのもおかしい。受け取ったって記憶はあるけど、多分、それも与えられたもの。でもウォムストラルは、私に記憶を与えた時はまだ壊れてなかった。  自分が作り物じゃないって否定するわけじゃないけど、ちょっと疑問に思ったから聞いてみた。  ―――そなたの記憶は あの娘ルナの記憶が基盤になっている―――  ―――あの時 あの娘の両親は すでにいなかった―――  ―――基盤となった記憶 作られた記憶 混ざり合ってそなたはそう認識したのだろう――― 「私の両親は、もういない……と?」 ≪珍しいことじゃないわ。生きている人間でも、知らぬ間に書き換えてしまう記憶はあるもの。記憶とは……頼りないものよ≫  それでも釈然としないまま、私が言うと、横からカノンさんが諭すように言ってきた。何処か寂しげな口調。……カノンさん、前に何かあったのかな。  神様が淡々と言う。  ―――余は そなたが己の【真実】に気付かぬまま 時が経つのかと恐れた―――  ―――余が直接すべて教えることで そなたを壊させるわけにはいかなかった―――  ―――待つしかなかったのだ そなたが自身に疑問を持つようになるまで――― 「………………」  ……私が……何も知らずに、アルフィン村で過ごしていた頃。神様は、このユグドラシルで、私のことをずっと見ていたんだ。不安な想いを抱いて。  今なら、アルフィン村のみんなが冷たかった理由がわかる。私が最初から、あの村の一員じゃなかったからだ。ヒースさんに連れてこられた……よそ者。  神様の声は、淀むことなく流れていく。ユグドラシルの『樹』……循環する水が作り上げる、水の樹のように。  ―――だが その狂い動きを止めた歯車を 再び動かしたのも あの黒き者だった――― 「黒き者……?スロウさん……ですか」  ―――あの黒き者は あの男からすべてを聞いた者の一人だ―――  ―――そなたを追放させ 泳がせることで グレイヴ=ジクルドの完成を目論んでいる―――  ―――破壊者であるそなたのもとに それは集まると踏んだ上でだ―――  あ……だからスロウさんは、私達を追いかけてこないんだ。「存分に利用させてもらう」って……こういうことだったのか。  なら、グレイヴ=ジクルドが完成したら……スロウさんは、本気で来る。 「……神様は……最後のウォムストラルのカケラが何処にあるか、わからないんですか?」  その場所がわかるなら、私達がそれを手にした時、スロウさんとの……戦いが、始まる。  私の慎重な問いに、神様は淡々と自信たっぷり(?)に返してきた。  ―――わからぬとでも言うのか―――  ―――案ずることはない それはそなたのすぐそこにまで来ている――― 「……え?それって……」 ≪文字通りよ。わざわざアンタが探さなくても、カケラはあっちから集まってくるわ。最後のカケラも、すぐそこにある≫ 「そ、そうなん……ですか?」 ≪母様は、アンタにそういう細工をしたらしいから≫ 「………………」  なんか……不思議な気分。そういうふうに作られたとしても、自分のところに、グレイヴ=ジクルドのカケラが集まってくるなんて。  ……あれ?そういえば、グレイヴ=ジクルドって、神様が置き忘れたんだっけ?どうしてだろ?  ふとそう思ったら、やっぱりそれを読んで神様が言う。  ―――アルトミセアは そのように伝えたようだな―――  ―――余は置き忘れたのではない アルトミセアにあの剣を託したのだ――― 「アルトミセア様に……託した?」 ≪そうなの……?≫  思いもしない言葉に、私は目を瞬いた。カノンさんも知らなかったらしく、驚いた声が隣からした。  グレイヴ=ジクルドを託した?うそ?それって、私が聞いたことと全然違う……。  ―――元より エオスには それ以後干渉しないつもりでいた―――  ―――アルトミセアは 余が創りし絶対領域リュオスアランによって 何者の攻撃も受けることはない―――  ―――だからこそ余は 園界エオスの監視者ルオフシルたる 信用に足るあの者に グレイヴ=ジクルドを託したというのに――― 「何か……あったんですか?」  ほんの少しだけ、寂しげで切なげな気持ちが伝わってきた。声や口調がそうらしいってわけじゃなくて、何と言うか……気配、かな。  リュオスアランって、神様が直々につくったものだったんだ……つまり、アルカはオースが結集してできるけど、リュオスアランはボルテオースでできているってことだ。どうりで普通のアルカと格が違うわけだよ。だからアルカの攻撃も弾くし、それを身につけていれば神様の啓示も届きやすい……ってところかな。  ―――いかに聖女とは言え あの者も人間である以上 仕方なかったことではある―――  ―――アルトミセアは人目を気にかけ グレイヴ=ジクルドを手放した―――  ―――そして人々にはそう伝え 自身は早々に一線から退き 後世の者達に希望を託した――― 「え……?人目を気にかけ、って……どういうことですか?」 ≪……母様、それは私も初めて聞くわ。どういうこと?アルトミセアも、私と同じように異形だったっていうの?≫  神様が紡いだ言葉に私が問うと、カノンさんも重ねて聞いた。人目を気にしてってことは……確かにカノンさんのように、何か人と違うところがあったんだろう。もしかして、アルトミセア様の記録が全然残ってないっていうのも、それが理由……?  神様は、私達の疑問に返事をくれなかった。答えたくないのか、それともアルトミセア様に口止めでもされていたのか……何事もなかったかのように、神様は話を戻す。なんとなく問い詰められなくて、私達も、それ以上は追及しなかった。  荘厳な神様の声が、鐘のように世界に響く。  ―――破壊者ステラよ グレイヴ=ジクルドが完成した暁には―――  ―――何よりも先に それを壊してほしい――― 「………………」  ……何よりも、先に。グレイヴ=ジクルドを壊せ。  それは……ウォムストラルとジクルドの消失でもある。 「……えっと……どうしても、ですよ……ね」 ≪どうしたの?≫ 「………………」  遠慮がちに聞く私に、カノンさんが訝しげに声をかけてきた。私は口を閉ざして……静かに、決意を固めた。  ……わかってる。  私の存在意義は、私の生まれたわけは。そのためなんだって。  だから、「破壊者」としての私がそれを果たすのは、当然なんだって。  わかってる。でも……、  例え作られた記憶だとしても、ウォムストラルが大事だって思う気持ちは変わらない。  できるなら、失いたくない。  同じように、聞いたことはないけど、ノストさんも3年間使ってきたジクルドがきっと大事だって思ってる。  できるなら、奪いたくない。  それは、今、ここにいる私自身が想うこと。  それに……そしたら、グレイヴ=ジクルドに宿ったラルさんやジクルドさんは、一体どうなるの?何のために生まれてきたの?危険になったから二人を壊すなんて……間違ってる気がする。  ……わかってる。綺麗事だ。  大事なのは、エオスの安定。グレイヴ=ジクルドって言う強大な力を持った人間が、現れないこと。  だけど……、 「……私、それでも……グレイヴ=ジクルドを壊してしまうことに納得できません。確かに、人の手に渡ったら大変かもしれないですけど……壊すより、もっと、違う方法もあるんじゃないですか?」  私は……そう思いたい。綺麗事だからって、諦めたくない。  神様は、何処か嘆くような口調で言う。  ―――世を正すはずの破壊者ともあろうそなたが そう言うか―――  ―――それは幻想 理想論に過ぎぬ――― 「わかってます。でも、綺麗事で何が悪いんですか?」  理想論、幻想、綺麗事。……全部、聞き飽きた。  だから私は、生みの親である神様に、不敵な笑顔でそう言ってやった。 ≪ステラ!? アンタっ……!≫  カノンさんの驚いた声が真横からする。だけど私は、まっすぐ正面を見据えていた。  ……決めた。  私は、私のやり方で。考え方で。信念で。  ノストさんみたいに、自分の信じたことを貫いてみせる。  グレイヴ=ジクルドを、壊さなくても済むように。  神様が反対したって、全然怖くない。だってグレイヴ=ジクルドの破壊権を持つのは、私だから。私が動かなきゃ、グレイヴ=ジクルドは壊れない。  ―――生みの親である 余に逆らうか―――  少しの間を置いて、神様がおかしそうに声を響かせた。  ―――まさか これほどまでにまっすぐな子になるとはな―――  ―――あの娘に そしてあの男に よく似ている――― 「ルナさんと、ヒースさんに……?」  確かにルナさんもヒースさんも、まっすぐな人だ。けど、私は……そんなこと、ないと思うけど。  そういえば……ヒースさん、私を引き取ってくれたけど……怖くなかったのかな。自分の弟子さんに似てる存在が……。  ……そう思うと、寂しい。ヒースさんがお偽父、、さんだっていうのはわかったけど、それでも……。  ―――あの男は そなたの存在を恐れたことも 疎んだこともありはせぬ―――  ―――あの男の伴侶もまた――― 「……え?ヒースさんの奥さん……エリナさん?彼女は……私を見たことがあるんですか?」  私の想いに対してそう言った神様の言葉は、言外でそのことも言っていた。  エリナさん……顔すら知らない、お偽母さん。ううん、お偽母さんとは違う……かな。ヒースさんは、私の記憶に、エリナさんをお母さんとして与えなかったから。  ヒースさんがアルフィン村に私を連れ帰った時に、会った?のかな。その後、ヒースさんは3年前の事件で亡くなっちゃうから……、  じゃあ、ヒースさんがアルフィン村を去った後、眠ったままの私を見守っていてくれたのは……エリナさん……?  ……神様は、何も答えなかった。ただ、話を進める。  ―――よかろう 確かにあれを破壊できるのはそなただけだ 好きにするがよい―――  ―――しかし そなたが諦めた時や 限界を感じた時には――― 「…………はい。私が……グレイヴ=ジクルドを、壊します」  まっすぐ前を見て、はっきりと言う。誓う。  本当の本当に、ダメだったら。  ラルさんを、ジクルドさんを。大事なもの達を……壊す。  破壊者である、私の手で。  ―――ならば行くがいい 神子のそなたなら エオスへ帰ることもできよう――― ≪難しいことじゃないわ。ただ想えば、それが形になる。アンタの力も、この世界も、そういうものよ≫ 「はいっ……!ありがとうございますっ、神様、カノンさん!!」  こんなワガママを聞いてくれた神様と、静かに背中を押してくれたカノンさんに、私は伝え切れないほどの感謝を詰め込んで言った。それから私は目を閉じる。  まだクロムエラトを十分使いこなせるわけでもないし、このユグドラシルがどういう場所か理解したわけじゃないけど……想えばいいのなら、いくらでも想う。  ……待たせてるんだ。  だから帰らなくちゃ。  エオスに。  彼の隣に。  帰りたい。  瞼を閉ざしているから真っ暗な世界が、なぜか真っ白になって、ふわっと足元が軽くなる。  でも不思議と、何処か知っているような感覚で。私は目を閉じたまま、その感覚に身を委ねた。  ―――ステラ 創生神語で「星」の名を持つ子よ―――  ―――願わくば グレイヴ=ジクルドの破壊を―――  神様の声が、遠く、くぐもって聞こえて…………   //////////////////  ぐっと、体が下に引っ張られる感じがして、戻ってきたんだってわかった。  それでもまだ体が軽い。目を開けて見てみると、私は半透明の姿になっていた。そんな私を、背後の泉からあふれた白い燐……濃いオースが、補強するように集まってくる。というか……このオース、多分、元々私を構成していたボルテオースだ。  少しの時間を置いて、姿が完全に実体化してから、私は顔を上げ、 「ただいまですノストさんっ!!」  笑顔で、正面の木の根元に座っていたノストさんに言った。 「ほら、言ったでしょう!? 私っ、ちゃんと帰ってきましたよ!迷子になんかなってないですよ~!!」  ノストさんの方に近寄りながら、要約すれば、「一人でちゃんとできたよ!」ってことを得意げに言ってみる。こ、子供か私!でもでも、胸を張って言う。  凄く自慢げな私を、ノストさんは一瞥してから、無言で立ち上がった。そして…………何も言わずに背中を向けて、歩いていく。 「…………え、えっ!? ノストさんッ?! ノーコメントですか!? あの何か言って下さいよ!!」  「馬鹿にしては~」系の言葉を待ってた。……要するに、褒めてほしかった。いつもの毒舌で、褒めてほしかったんだ。  だから、まさかのノーコメントはショックで、寂しくて。とにかく、置いていかれそうになって、慌てて駆け出しながら叫ぶ。  ふと、ノストさんが振り返った。えっ?と歩調を緩めると、彼は軽く片手で何かを放り投げてきた。あわあわ落とさないようにキャッチすると、それはウォムストラルだった。 「……え、あ……ありがとう、ございます……?」  ……わけわかんない。顔を上げて、ぼんやりととりあえずお礼を言うと、ノストさんは私を睨むような目付き(いつもだけど!)で見て、また先を歩いていく。  慌ててウォムストラルをポケットにしまって、ノストさんを追いかける。脛に当たる草がくすぐったい。なんとかノストさんの隣に並んで、彼の横顔を見てみると、目はまっすぐ前を見ていて、私には見向きもしない。  ……え……もしかしてノストさん……でも何で?何で~!? 「……あの~、ノストさん……もしかして……怒ってます?」 「………………」 「え? ……あ、あの……お、怒ってますよね?」 「………………」 「う、うう……え、えと……できれば、何で怒ってるとか、聞きたいん……ですけど……」  む、無視で反撃してきた……!初めてのパターン!うああっ、これならまだ「馬鹿が~」とか言われた方がマシだ!凄くつらい!  何か答えて~!と祈りながらそう聞いたら、ノストさんは、今度はぱたっと足を止めた。前にたたらを踏んで、私も止まって彼を見ると……彼はこちらを、じーっと睨んでいた!すんごい怖い目付きしてます。ひゃああ怖い!  ……かと思ったら、その瞳がすっと閉ざされた。え?と思ったら、ノストさんは小さく息を吐いて。 「馬鹿がでしゃばるからだ」 「……え、え?? それ、どういうことですか?」 「オマケに凡人の分際で、俺を出し抜くなんざいい度胸だ」 「へっ!? な、何がですか……って、あ……」  いつもみたいに馬鹿にされて、不覚にもちょっとホッとしたけど、全然脈絡がない言葉にチンプンカンプン。でもすぐ、何のことを言っているか思い当たった。  馬鹿がでしゃばる。  凡人の分際で出し抜く……  ……多分、私も何かできるってことを見せたくて、ノストさんの許可(?)なしに、勝手にユグドラシルに行ったことだ。  私がでしゃばって、ノストさん出し抜いたから、ノストさんは怒ってる……?  うん……そだね。相談なしに勝手に行動されたら、誰でも怒るか。 「あの……ごめんなさい。で、でもでも、私、行く前にちゃんと謝りましたよっ!」 「行く前から謝るなら、最初から行くな」 「…………そ、ですね……はい」  なんか謝らされてるのが気に食わなくて、思わずそう言い返したけど、ノストさんの強い声がぴしゃりと返ってきた。少し言葉を失ってから、確かにそうだと思って小さく頷く。 「勝手に動くな。てめぇが勝手に動くと、事が面倒になる」 「……は、い……」  いつの間にかうつむいていた私は、ノストさんの厳しい声に、そうとしか返せなかった。  なんか……ノストさん、怖い。もうさっきみたいな怖い目付きはしてないのに、怖いって感じる。今まで見てきた怒ってる姿とは、また違う。何だろう……?  そう思っていると。また、彼が小さく息を吐き出すのが聞こえて。下を向いていた視界に、見知った靴が入り込んできた。へ?と顔を上げたら、ノストさんは目の前に立っていた。  ノストさんは、何処か厳しい目で私を見下ろして……、 「―――――………馬鹿が」 「……え?」  珍しいくらい長い間を置いて、小さな息混じりにそうとだけ言った。彼らしからぬ不思議な言動に目を瞬く私の見る前で、彼の厳しい目付きが緩む。  ……今、ノストさん、言葉探してた?しかも、探せなくて、とりあえずそう言った?こんなの、初めてだ。  さっき怒ってたと思ったら、今度は、言葉を探せないでいるノストさん。なんか……変な感じ。なんだかノストさん、少しずつ変になってるような気がする……変な意味じゃなく!  そういえばタミア村に行く途中も、ノストさんが少し変で……どうしたんですかって聞いたら、私のせいだって言われた。じゃあ今、変なのも、私のせい?なら……心配……してくれたのかな。うーん……相変わらずわからない。  ふと、ノストさんが、気付いたように言った。 「回復が早いな」 「……へ?? あ、そういえば……」 「馬鹿だから早くて当然か」 「う、嬉しくないですよぉ……」  何のことかと思って、泉に入る前、凄くヘトヘトに疲れていたことを思い出した。確かに……今、疲れてない。筋肉痛もなくなってるし……ユグドラシルに行く時、体を構成しているオースが一度分解された?みたいだったから、疲れもリセットされた……ってことなのかな?  すっかりいつも通りなノストさんの毒舌に、ホッとする。うん、やっぱりノストさんはこーでなくっちゃ! 「ノストさんはまだですか?」 「はぁ?いつの話だ」 「ってことは、私より先に、とっくに回復してたってことですか?でも……あれれ~?それだと、ノストさんは、私よりばッ……」  その先を言いかけたら、ノストさんの目がすっと細くなったから、びくっとして言葉を止める私。それからノストさんは、私をじっと見据えて。 「何だって?」 「……わ、私より……ば、ば……」 「何だって?」 「……ば……」 「何だって?」 「…………ご、ごめんなさいぃ……」  これぞ言外の圧力。下手な脅し文句より、こっちの方が怖いよぉ……おんなじ言葉で聞き返すのやめてほしい!  わ、わかってるんだけど!ノストさんが馬鹿じゃないってことくらい!でもでも、ノストさんの論で行ったらそーなっちゃうなぁ……っていう軽い冗談のつもりがッ!  私を見つめたままそう言うノストさんの圧力に、私が負けて泣く泣く謝ると、ノストさんは視線を外して一言。 「馬鹿は訳もなく謝るのか。忙しいな」  つまり、「何を謝ってる?」。  ………………。 「…………ちょ……今、すっごいムカって来ましたよ!謝らせといて何ですかそれ!?」 「言ってねぇぞそんなこと」 「そ、そーですけど!いかにも、そういうオーラ出してたじゃないですかっ!ううくそぉ、今に見てなさいですよ!そのうちノストさんをハメてやりますからッ!!」 「頭の足りない馬鹿には無理だろうな」 「甘く見てると足元掬われるんですよ?やってやりますからね!」  びしぃ!と、近距離で背の高いノストさんを指差して、宣言して。……私、こんなこと言うの初めてだ。しかも相手はあのノストさん。……なんだか不思議な気分。  それに対して、彼は、頬を膨らました私の横を通り過ぎざま。行動とか会話とか、私で遊んでる(んだと思う……)時の、ほんのちょっとだけ楽しそうな口調で。 「やれるもんならやってみな」 「……え……」  ……私の方がびっくりした。  私が身の程知らずのことを言う時、ノストさんはいっつも呆れるか、テキトウにあしらってたのに。  一瞬、わけわかんなくなって、ボーっとしてから。私は慌てて振り返り、離れていく背中に言ってやった。 「い、言いましたね?言いましたね!? 後悔しても知らないんですからっ!!」  ……ノストさんをハメるなんて、自分で言っといてなんだけど、ちょっと無理だ。でもなんだか……うん、悪くない気分。  大して深い意味はないのかもしれないけど、私のこと、認めてくれたみたいで。  クロムエラトは、想いの力。だからきっと、ノストさんにできないことを、私はできる。  ノストさんを支えることだって、きっとできる。……ううん違う。支えたいんだ。  それがきっと、今、「ステラ」としての私が、ここに在る理由。