予定調和の邂逅
Back

raison d'etre

60邂逅

 私は、複写だ。  ……複写。3年前のルナさんの姿を、そのまま切り取った存在。  だけど、『私自身』は、ルナさんとは違うらしい。大体、ルナさんが私ほどお馬鹿なわけないだろうし。  それに、変な力もある。クロムエラト……人間なら絶対持たないはずの力。  作られた時に、一緒に付けられたのかな?って思ったけど、みんなの話を聞いて、こんな力は普通じゃないってわかった。アルトミセア様だって転移の術式が精一杯だったのに、私の想いに呼応して発動する力なんて……彼女にも作れるはずがない。  答えはきっと……ここにある。  ……冷たかった。  私は……うつ伏せに倒れてる。地面に触れているすべての部分が、ひんやりと冷たい。  うっすら目を開くと、ゆらゆらと揺れる縦の境界が見えた。……これは……水?  体を起こそうとして手を動かすと、ぱしゃんと音がした。やっぱり、水だ。でも……何で?何処も濡れてない……。  そこは、背景が黒に塗り潰された世界だった。私はそんな世界の、淡い緑石がたくさん敷きつめられた大きな輪型の上にいた。真ん中に空いた穴から、一直線に流れ落ちてくる水と……それを取り囲むように、真上に流れ上がる・・・・・水。 「……へ……?」  ……今、もんのすごく変なものを見た気が。  何気なく上を見てみると、上にも輪の土台が浮いていた。真ん中に空いた穴から、ずっと上の方まで輪の土台が続いているのが見える。その頭上の輪の表面には、私が今座っている場所と同じように、水が浅く満たされていた。ポカンとした表情で見上げる私の顔が、その真上の水面に映り込む。  ……な、なにこれ?どうなってるの?くっついてる(?)ってことは、ちゃんと重力があるんだろうけど……どっち向きに働いてるの!? 私が座ってるこっち?それとも頭の上の、あっち?   ―――     時を   いた 希望の   ――― 「っ……」  ……不意に響いた、その声は。立ち上がろうとした私の心を、震わせた。それ以上、動けなくなる。  ……知ってる。この声。知らないのに……私は、知ってる。  懐か……しい。……うん……懐かしい。知らないのに……。  だけど、何を言っているのかよく聞き取れなかった。というか、ところどころ音が抜けていた。わざと抜かしてるわけがないから、私に聞こえてないだけ……?変なの……。  私が感動しながらも、何も言えずにいたら、老いた男性にも若い女性にも聞こえる声が、再び世界に響くように聞こえてきた。  ―――なるほど いくらそなたと言えど 基盤が人間ゆえに聞き取れないのだな 創生神語は―――  ―――聞こえているだろうか? そなたの言語に合わせたつもりだが――― 「…………え、あっ、は、はいっ!き、聞こえてます!」  突然、流れるように聞こえてきた言葉に、私は反応が遅れた。思わず勢いよく立ち上がり、びしっ!と敬礼して虚空に答える。  っていうか……成り行きで答えちゃったけど、誰?それに、何処から話してるんだろ?ラルさんみたいに、本体?がその辺にあったりするのかな……。  ―――そうか では改めて言おう―――  ―――ずっとこの時を待っていた 希望の星よ――― 「……え……っと……他の人にも言われたんですけど……その『希望の星』って、どういうことですか?」  何処からともなく聞こえてくる声が発した言葉に、ぼんやりした頭で、私はそう聞いていた。  ……って……そうじゃないでしょーが私~っ!! 何でこの人がそれを知ってるわけ?っていうか、ここは何処?! うああっ、状況理解ができてない!なんだかこの懐かしさに流されて、私、知り合いみたいに受け答えしてる!  答えようとしたらしい声を遮って、私はわたわたした様子で手を掲げた。 「ちょ、ちょっと待って下さい落ち着いて見せます!ええとまず、私は確かナシア=パントにいて、それで泉を見つけて…………あ……」  一人で慌ただしく自分のことを思い出していくと、すぐそれに行き着いた。  ……そうだ。泉を見つけて……その泉に、飛び込んだ。というか倒れ込んだ。   『だからナシア=パントとヨルムデルは、最もユグドラシルに近しい。水面みたいなものだよ』  水面みたいなもの。水面……水中と空中の境界。  サリカさんの言葉を信じるなら……もしかしてここは……やっぱりと言うか、ユグドラシル?  ―――いかにも そなたもそれを知って ここに来たのではないのか?――― 「え、えっと……どっちかって言うと、呼ばれたから来たって感じです……」  私はただ、歌声に呼ばれて来ただけ。だから何処かに通じてるとか、全然……ってわけでもないけど、ほとんど考えてなかった。苦笑して答える。  ……って、え?あれ?ここって、ユグドラシルなんだよね?  なら……まさか、この人が……、 「…………貴方が……神様、ですか?」  ……ユグドラシルに住まう存在。一人しかいない。  私の慎重な問いに、声……神様は、淡々と答えた。  ―――人はそう呼ぶようだ 真の名が創生神語で聞こえない以上 仕方あるまいが―――  ……神様。グレイヴ=ジクルドと一緒に、園界エオスを創った存在。  私は今……神様と会話してる。だけど、なんだか……あんまり驚かなかった。いや一応、驚いてはいるけど……仰天ってほどじゃない。  大体、私、どうして神様に懐かしいって感じるんだろ。うーん……まぁいいや、とりあえず。 「どうして、私を呼んでたんですか?」  ずっと神様は、私を呼んでいたんだろう。あの歌声が聞こえた時から。私にしか聞こえない歌声で、私を呼んでいた。  神様に呼ばれるなんて……変な感じ。啓示でも下るのかな?いやでも、何で私に?ここは普通に考えて、フィアちゃんじゃ?  『彼』(『彼女』?)の声は、ぬくもりがあるようにも、冷ややかなようにも聞こえる。ラルさんとジクルドさんを足して割った感じかな。  その声で、神様は……微笑むように言った。  ―――まずは挨拶しよう 初めまして 我が娘・希望ステラよ――― 「……へ?」  なんか……サラリと流せないようなことが聞こえたような。  ―――そなたがここへやって来るのを ずっと待っていた――― 「……あ、そーなんですかぁ……」  ―――娘がどのように育ったか 少し興味があってな――― 「………………え、えええっ?? え……えええぇえぇぇッ!?! 娘ぇええ?!!」  私の大声は、神様の声とは違って黒い世界には響いていかず、私の周囲で霧散して消えていった。  蒸す目?オホホホ、何のご冗談でしょうか……神様もお戯れを……いや、ただの聞き間違い?!  だってだって、私は神様が娘を私!? はいぃ!? ちょ待ておおお落ち着け私!!  わ、私が神様の娘っ?! 神様の娘が私!? なんで!? っていうか、どういうこと!?  だって私はっ、ルナさんの複写じゃ……!!  ―――いかにも そなたはあの娘の複写―――  ―――そして そなたという術式と 【真実】を封じる術式とを構築したのは余だ――― 「あ……」  ……神様が紡いだ、【真実】という言葉を聞いて。混乱していた頭の中が、すーっと晴れていくのがわかった。  疑問が解決したってわけじゃない。それよりも……気になったことがあった。 「……あの……【真実】、って……何なんですか?」  頭の中を駆け巡るたくさんの疑問が、そのたった一言に勝てなかった。虚空を見つめて、私は静かにそう訊ねていた。  ……今、わかった。もう一人のノーディシルは、この人だ。  この人は、こんなに私について喋っていても、平然としている。【真実】を封じる術式は、神様さえも抗えないって、サリカさんが言っていた。あの時は、例え話だと思ってたけど……きっと、そうじゃないんだ。術式は、神様ですらも縛る。  それに、よく考えてみれば、当たり前だ。術式は、神の力オースでできてる。だから、その力の持ち主である神様なら、想いすら縛る【真実】を封じる術式や、私みたいな術式を作れて当然なんだ。  ―――よかろう 元々それが余の役目だ―――  イソナさんの時みたいに、「本当にいいのか?」とか聞かれると思ったけど、神様はあっさり承諾した。  そして、呼びかけた。  ―――カノン 導いて見せてやれ――― 「え……!?」  私が声を上げた頃には、すでに私の目の前に、いつの間にか人影があった。その知っている影を見て、私は呼んでいた。 「カノンさん!! ……あ……えっと、お姉ちゃんの方がいいですか?」 ≪……好きにしなさいよ≫  私の問いに呆れ気味に答えるのは、波打つ長い金髪と、右目が蛇、右腕が羽、右足が獅子の姿をした、やっぱり半透明な女の子だった。間違いなくカノンさんだ!  カノンさんもこう言ってるし、じゃあ……せっかくだから、お姉ちゃんで呼ぼうかな。……って、あれ? 「え?カノンさんが、お姉ちゃんってことは……カノンさんも、神様の子なんですか?」  ―――確かに そなたの前に作った子だ―――  あ、だからお姉ちゃんなのか……でも、カノンさんと私、何でこんなに違うんだろ? ≪ついてくればわかるわ。案内するからついてきて≫ 「あ、はい……って、え?カノンさ……お姉ちゃん、心読めましたっけ?」 ≪今の私は、魂の世界ユグドラシルと同化してるから読めるわ。あと、無理して呼ぶくらいなら前の呼び方でいなさい≫ 「う……」  カノンさんはそう言いながら、私を置いて歩いていく。痛いところを突かれた私は、言葉に詰まった。  うう、呼び慣れないっていうの、バレてる……カノンさんはカノンさんだったから、なんかすぐに「お姉ちゃん」に呼び替えれない……。  とりあえず、私もその後を追って歩き出した。歩く度に、足元の物凄く浅い水が跳ねる。私がうつ伏せになって寝てても、窒息しなかったんだもんね……凄く浅い。  冷たい感覚はするのに、何処も濡れない水。……そういえば、ヨルムデルの地下湖に入っても濡れなかったって、カルマさんが言ってたっけ。神水……って言ったかな。  …………あっ、そうだ! 「カノンさんっ!!」 ≪何?≫ 「私が壊れた時、私の心に呼びかけてくれたって聞きました。私は……その、あんまり、覚えてないんですけど……でも、ありがとうございましたっ!」  振り返らないまま聞き返したカノンさんの背中に、私はお礼を言った。ほんと、助けてもらったのに、覚えてないなんて最低だ私……。  しかしカノンさんは、こちらを振り向いて、首を振った。長い金髪が揺れる。 ≪礼なんていらないわ。私は何もしてないもの。結局、アンタの想いに負けて何もできなかった≫ 「そんなことないです!私が、の……えっと、大事なこと思い出したの、カノンさんのおかげだったんですから!ほんっとうですよ!!」 ≪…………そう。なら……よかったわ≫  私が力を込めて言うと、カノンさんは短い沈黙を挟んで、呟くように言った。その顔に淡く浮かんだ微笑を見て、私はちょっとびっくりした。それから、えへへーっと笑う。  カノンさん、本当に心配してくれてたんだ。今も、自分が役に立ったって聞いて、ちょっと嬉しそうだし。カノンさんの笑顔、初めて見た。 ≪とにかく、案内するからついてきて≫ 「あ、はいっ」  そう言ってカノンさんは私に背を向け、歩いていく。その後を追うと、輪の端に差し掛かったカノンさんは……そこから床を蹴って、黒い世界に飛んだ! ……え、あの右の羽で飛んでるの……?  しかも、ぼんやりその後姿を見ていると、突然、フッとその姿が掻き消えた。えっ!?と思って目を凝らしてみるけど、この黒い世界に凄く目立つはずの金髪の後姿は何処にも見えない! 「えっ、あの、カノンさん!?」  ちょ……追おうにも追えないよ!っていうか飛んだ時点で追えないよ!  カノンさんの返答はない。その代わりに、神様が教えてくれた。  ―――目に映らなくなっただけだ そこにいる―――  ―――無用な心配だ 余の娘のそなたなら追えられる―――  ……それって、すごいヘリクツじゃっ?! 逆にもっと心配になる!  ここを飛ぶの?と思って、下を覗き込んでみたけど……真っ黒で何も見えない。というか地面があるのかもわからない。こ、怖いなぁ……うう。でも、追わないと【真実】について聞けないし……! 「う、うう~………………えーいっ!!」  もうどーにでもなれ~!ってヤケになって、私は床を蹴り上げ、輪の外へジャンプした!すぐに下に引っ張られるかと思ったけど、そんなことなくて、むしろジャンプした勢いのまま上に進む。ってわけで、結構勢いよく飛んだから、スピードが速い! 「ひゃああっ!? ちょっ、あの、カノンさん何処ですきゃああー?!」  そう叫んで、ぎゃあああ止まってぇええ!!って思ったら、緩やかにスピードが落ちた。止まった私は、そこに浮くような形になる。……クロムエラトが働いた……のかな?  と思ったら、やっぱり心を読んで神様が説明をくれる。  ―――ここは魂いしきの世界 想いがじかに働く――― 「あ、なるほど……」  そっか……魂とか、意識体だもんね。私は意識だけじゃないけど……全部オースでできてるから、そのまま入ってこれたのかな。じゃあ、今回はクロムエラトじゃなくて、この世界の力……ってわけか。  ふと、何気なく背後を振り返ってみると、私が飛び立った緑石の円盤が、縦に連なっているのが見えた。それは、水の滴らせる1本の樹を象っていた。   『其は環、廻る世界。常闇を照らす魂。水をまといし樹。其は、影の如く近しい者』  ふと思い出したのは、カルマさんから聞いた、アルトミセア真言だった。  あれって、世界を謳ったものらしいけど……一言も、エオスのことだとは言ってない。むしろ、ユグドラシルの情景を言っているような気がする。常闇を照らす魂と言い、水をまといし樹と言い。私が壊れてた時、ユグドラシルから、カノンさんがノストさんの「影」に干渉してきたらしいし。  にしても、カノンさん、何処行ったんだろ……と思って見渡したら、いつの間にか目の前にいた。さっきまで全然見えなかったのに、今は、はっきり見える。私が探したから、その想いが働いて見えるようになった……ってとこかな。  私はここを、ずっと真っ黒な世界だと思ってたけど、そうでもなかった。黒い中、私の周囲にも、星のように煌く無数の光が散りばめられている。まるで、星空に浮いてるみたいだ。今なら本当に掴めそう……ところで、これって星? ≪違うわ。この世界で煌くのは、エオスでの転生を待つ魂達よ≫ 「たま……しい?これが……?」  魂って人魂みたいなイメージだったから、私は思わず、手近の光に手を伸ばしてみた。 ≪っ、ダメよ!!≫ 「え?」  その途端。 「――っ!!」  ぐおっと、頭の中に、物凄い量の映像の奔流が流れ込んできた。  凄まじい速度でめくられていく映像。青い空、泣き顔、街並、誰かの笑顔、へこんだ壁、女性の……  ……突然、映像が途切れた。 「…………くっ……」  クロムエラトのおかげなのか、この世界のおかげなのか、わからないけど。離れたいっていう自分の意思で、光からなんとか手を引いた私は、片目を瞑って頭痛に耐えながら、その光から少し離れた。  ……あたま……痛い。今の……この魂ひとの、生まれてから死ぬまでの、生前の記憶……なんだ。凄い量……こんなの、人は持ってられない。だから、適度に忘れて軽くしてるんだ……。  ―――遅い忠告だが 魂には触れるな―――  ―――いかに余の娘とは言え 人の身である以上 そなたはその情報量には耐え切れぬ 意識から壊れるぞ――― 「あ、あはは……そうみたいです……」 ≪……先に言っておくべきだったわね……もう、驚かせないで≫  神様のあっさりした言葉に、身を持って実感した私は苦笑いした。それを見て、カノンさんもホッとしたように言う。意識から壊れるって……怖っ!! あ、危なかった……! ≪とにかく、ステラ、ここへ来て≫  カノンさんに指示されるまま、私は彼女の近くに、浮遊して近寄る。それから、カノンさんを改めて見て、えへへーっと笑った。カノンさんが訝しげに私を見る。 ≪……何?≫ 「なんか、カノンさんがお姉ちゃんって、嬉しくて」 ≪おだてても何もないわよ≫ 「おだててませんよ!カノンさんとまたお話できて、よかったですっ」 ≪……そう≫  言葉は素っ気無いけど、何処か安心したような表情で彼女は言う。うんっ……ほんとに、よかった。もう会えないだろうなって思ってたから。  話を区切りを見計らって、神様が言う。  ―――今から そなたの目の前にある魂が刻んだ 【真実】を知るに最もふさわしい記憶を映す―――  ―――余が説明するより 見た方が理解しやすいだろう――― 「【真実】の……記憶?」  目の前の魂って言われて、前を見ると、確かにそこに1つの光が浮いていた。握り拳くらいはあるかな……。  この魂さんの、【真実】の記憶。ってことは……この魂さんは、【真実】を知っていた人なんだろう。じゃあ、もしかしてこの世界じゃ、結構若い方?【真実】がどれくらい前からのものなのか、よくわかんないけど……【真実】を知って、エオスで死んでしまった人なんだろう。  …………って、え?  それって、まさか…… ≪……そう、アンタが思っている通り。これは、生前「ヒース=モノルヴィー」と呼ばれていた魂よ≫ 「……おと……」  お父さん。そう口にしかけて、途中で気付いて言葉を止めた。  ……違う。私は複写。生みの親は、神様。……お父さんは……ヒースさんは……お父さんじゃ、ないんだ……。  ……そういえば私、何でヒースさんがお父さんっていう記憶を与えられてるんだろ。余計にややこしい。  ―――それもすべて この者が知っている―――  ―――元々ノーディシルは この魂を含めて三人だったのだ――― 「え……そうだったんですか?」  ノーディシルって……ヒースさんもだったんだ。でも彼は、死んでしまった……。  私のオリジナル・ルナさんのお義姉さんのイソナさんと、私の生みの親の神様と……私の仮のお父さんで、ルナさんの師匠さんの、ヒースさん。三人とも、私に強い繋がりがある人だ。時期を見て、少しずつ【真実】を語るつもりだった……?  ―――すべての【真実】を この者に―――  ―――今は物言わぬが その記憶で役目を果たしてもらうとしよう―――  神様がそう言った直後。ぐにゃりと、渦を巻くように星空がゆがんだ。  やばい!?と思ったけど、ゆがんだのは風景だけだった。びっくりしたまま、私が呆然とそこに浮いていても平気だった。  そして、星空と入れ替わるように現れてくる別の風景。その風景で、黒かった世界が、一面緑色に彩られる。う……いきなり変わったから、黒に慣れてた目の奥がちょっと痛い……。  少し目が慣れてから、よく見てみると、そこは森だった。  それも、ただの森じゃない。差し込む神秘的な木漏れ日、漂う白いもや、見慣れない植物。……ナシア=パントだった。  ……え?あれ?もしかして、戻って…… 『ねぇ師匠、どうだった?1泊した感想はっ?』  そう思った矢先。聞き覚えのある声が響いた。  …………私の……声?  世界が、横に動いた。まるで見下ろすように、下を映し出す映像。  ―――そこに、「私」がいた。  ……ううん、違う。  今の私そのものの姿をした、3年前のルナさんがいた。