→→ Tarantella 1

 引き金を引いた。
 手が振動すると同時に、パン!!と大きな音を出して、銃口から飛び出していく弾丸。それは、自分が狙った、赤縁の黒い軍服を着た男のももに命中する。
 機動力を断たれた男が、撃たれた部分を押さえて悲鳴を上げ、そこにくずおれるのも見届ず。建物と建物に挟まれた細い路地から男を撃った秦堂海凪シンドウミナギは、ばっと角の陰に身を隠し、壁に張り付く。


「はぁ、はぁ、はあ……っ」


 男を撃った安堵からか、上がり切った息が、思わず無防備に口からこぼれた。慌てて口を塞ぐと、通りの奥の方で声が響いた。


「いたか?!」
「コッチにはいないぞ!」
「私はアッチを見てくる!お前はそっちだ!」


 二人の男の声がして、早足の音がする。片方の足音がコッチに向かってきて体を緊張させたが、さっき自分が通り過ぎた曲がり角を曲がったらしく、遠ざかっていった。
 しばらくしてから海凪はホッと息を吐き、蒼い瞳を伏せて、建物の壁に寄りかかった。ふーっと息を吐き出すと、亜麻色の前髪が浮いた。
 呼吸がうるさくないように鼻で息をするが、明らかに酸素が足りなくて苦しい。仕方なく、できるだけ静かに口で息をする。


(くそっ……思ってたより、数が多い……)


 駆け回った疲労で体が重い。思うように動かない腕を上げ、右手に握る銃の弾倉を開けてみる。――あと1発。6発セットのストックは全部使い切ったから、本当にこれが最後の弾だ。

 ――バルディア帝国から放たれたスパイ。それが今、このフェルベス皇国での自分達の身分だ。
 親友とその兄達と、自分。フェルベス国民に紛れつつ、四人で暮らして2年。ついに、恐れていたことがやって来た。


  『俺は、フェルベス軍将軍・昴 祐羽スバルユウ。お前達、バルディアの犬どもを駆逐しに来た』


 フェルベス軍部に見つかった。しかも、将軍自ら出向いてきて。
 逃げ切れないと感じた親友の兄達に、海凪は親友を任された。二人に言われるまま、親友とともに逃げてきたシーヴァの街。それから親友を逃がし、自分は残って、追ってきたフェルベス兵の相手をしている。が、予想以上に追ってきた兵が多く、鬼ごっことかくれんぼを混ぜたようなやり取りが続いている。このシーヴァの街が入り組んだつくりをしているのが幸いだった。


(さて……どうしようか)


 息を整えながら、思う。いくら親友の兄達の一撃をお見舞いされたとは言え、相手は訓練された兵だ。スタミナは馬鹿じゃない。このままだと、追いつめられるのは自分だ。
 しかし、相手はライフル。コチラは拳銃。構えて発砲するまでは自分の方が早い。命中率は……せめて同等だと思いたい。
 だが、コチラは残り1発。下手に撃てば、今度は丸腰で追いかけられる。コレをどう使おう。

 あの場にいたのは、将軍・昴 祐羽と、小隊くらいありそうな数のフェルベス兵。大きな意味では昴が率いてきたのだろうが、少なくとも、彼とは別に隊長、もしくは副隊長がいるだろう。
 その隊長または副隊長が、今、自分達を追いかける指揮をとっているとしたら?


(……いや)


 その指揮官を残り1発で狙ってやろうかと考えたが、指揮官を失っても、恐らく現状は変わらないだろうと推測する。スパイを捕まえるのは、万国共通の当然の仕事だろう。一人で逃げたスパイを追っていいのかどうか、指示を仰ぐまでもない。何処の国だって、スパイなんて野放しにはしない。
 となると……、


(ココはやっぱり、ひたすら逃げる……しか、ないか……)


 最後の1発は、本当の本当に、命の危険を感じた時に使おう。そう決めて、ある程度、息が整ってきた海凪は、開きっ放しだった弾倉を銃を軽く振って戻した。
 武装した軍人が来て海凪に向かって発砲したことで、銃撃戦になると知ったこの街の人々は、慌てて自分たちの家に引っ込んでしまった。その方が、コチラとしてもやりやすいし、巻き込まなくて済む。静まり返っている通りを、角から覗き込



「―――お前か、この銃撃戦の原因は」


「ッッ!!?」



 真後ろ。
 しばらく風の音しか聞こえていなかった耳に触れた、男の声。額を狙おうと思ったが、下げていた手を上げる動作は、疲れた腕では遅すぎる。後ろを振り返りざま、海凪は瞬間的に照準を男のももに絞り、トリガーを引いた。

 パパンッ!!

 ……銃声にしては変な音。引き金を引いたまま、海凪は愕然と、この細い路地の奥から現れた男を見返していた。

 その男は、20代後半に見えた。後ろで1つに束ねられた、落ち着いた色合いの藍色の髪とは反対に、瞳は目を引く緋色。フェルベスの軍服ではなく、薄茶色のロングコートを着ていた。
 精悍な顔立ちのその男は、ももを押さえることもなく、そこにたたずんだまま、右手を前方ナナメ下にまっすぐ伸ばしていた。その手に握られているのは――拳銃。
 自分の銃口が向いている直線上と、男の銃口が向いている直線上の交点付近に、石に紛れて黒く小さいものが落ちていた。


「…………な……」


 大分、時間が経ってから、海凪が信じられないという表情をして、やっと声をもらした。

 自分が放った銃弾。それを――この男は、自分の銃で撃ち落とした。
 銃弾を、銃弾で。
 だからさっき、銃声が2つ重なって聞こえた。


「肌が白いな……バルディア人か。なるほど、スパイで追われているわけか」


 その格好のまま、離れ技をやってのけた男は、海凪の外見を見て彼女の正体を見破った。呆然としていた海凪は、その言葉を聞いて、ようやく自分が不利に立たされていることを理解した。

 ――恐らく、この男には勝てない。
 さっき見せた離れ技ももちろんだが、疲れていたとは言え、彼が近付くのを察知できなかった。自分では……逃げ切れない。
 この男が、もしかしたら先ほど考えた隊長か?あの昴 祐羽の率いてきた軍隊だ、こんな曲芸じみたことができても不思議じゃないかもしれない。軍服は着ていないが、それだけで彼が軍人ではないという証明にはならない。


「ははっ、どなたさんですかね?フェルベス軍の方ですか?だったら、軍服ちゃんと着ててくれると助かるんですけど」


 焦る本心を隠すように、海凪はいつもの陽気な口調で問いかけた。さっきの男の言葉を、肯定も否定もしない返答。とは言え、否定したところで、街の人々が閉じこもる中、軍人以外で外にいる自分は、すでにその時点でそれを肯定しているようなものだが。


「私は軍属ではない。警護組織リグガースト機動班・追行庇護バルジアーに所属する者だ」
警護組織リグガースト……って言うと、フェルベスとイースルシアの共同国家組織だって言う、アレですか?」
「そうだ」


 追行庇護バルジアーの方は知らなかったが、警護組織リグガースト――その名は、バルディアでも聞いたことがあった。同盟を結んだ二国が、それを深めるために組織した国家組織。軍部では手の届かないところを補佐する、人々の生活を守る機関。
 ――ということは、ほとんど軍と変わらない。軍が小さくなって、身近になっただけだ。人々の生活を脅かす存在――他国のスパイなんて見逃してくれないだろう。


「じゃ、どっちにしろ、アタシの敵ですね」
「敵……か。まぁ、立場上、そうなるんだろうな」


 銃口を向け合ったまま、言葉をかわす二人。


「なら、ココで殺されても文句は言えないな」
「はは、そうですね。こちとら最初から、そういう覚悟で来てるもんですから」
「覚悟?お前のような子供がか?バルディアは、子供もスパイとして使うのか」
「子供だと思って馬鹿にしてると、痛い目見ますよ?結構、バルディアでは名の知れた一族の出なんで」


 子供だと思って油断しているところを突く。そういう心理作戦も考えられたから、自分は今回、密偵として選ばれたのかもしれない。そう頭の隅でぼんやり思った。
 男は、勝気だが冷静に自分の隙を窺っている海凪の態度に感心しながら、言った。


「撃たれた奴らを見ればわかる。ももの動脈を的確に撃つ腕は、うちの部下に欲しいくらいだ」
「お褒めに預かり光栄ですよ。追いかけられたら面倒なんで、足を撃って動けなくしました。ってことで、アタシら密偵は、見つかったら逃げるのが当たり前です。そちらこそ、ココで逃げられても文句は言えませんよね?」
「逃げられるのか?私から」


 男の鋭い目を見る。――恐らく、無理だ。しかし、逃げなければ。親友を一人にするわけにはいかない。

 コチラは、さっき撃った弾丸で最後。だが、それは外からはわからない。このカラの銃を向けているだけでも、牽制の効果は十分ある。
 となると――、自分がとるべき行動は決まった。


「逃げたいところですけど、逃げるのは、ちょーっと無理そうですね。ってことで、捕まることにしようかと思うんですけど」
「賢明な判断だな」
「あ、言っときますけど、アナタが撃った瞬間、どっかの急所に撃ち込みますよ?相打ちになっちゃいますが。アナタが撃たなければ、アタシも撃ちません。仕方ないですし、大人しく捕まりますよ」


 はったりだった。銃弾はやっぱりゼロだし、撃てるはずがない。あったとしても、男が撃った瞬間にこの重い腕を上げて、急所――額や胸を狙える気もしなかった。
 男がコレを信じてくれて、銃口を下ろした瞬間に、角から飛び出る。男の追撃をなんとかかわしながら、シーヴァから出るしかない。完全に賭けだった。

 ――しかし、計算外のことが起きた。


「くそっ……見当たらないな……!」
「そっちはどうだった?」
「いなかった」
「裏路地をくまなく探すしかないな……」
「っ……!」


 通りに、男達の話し声。やけに人数が多い。彼らが発する言葉だけで、フェルベス兵だとすぐわかった。
 まずい。この男から逃げるためには、自分の背後にある通りに出るしかない。しかし、その通りには今、フェルベス兵がいる。――つまり今、自分は、挟み撃ちに遭っている。


(最悪だ……)


 ……ココまでか。通りに出てこの男の銃撃を逃れても、今度はフェルベス兵の銃撃を受ける。かと言って、ココでぐずぐずしていたら、本当に捕まってしまう。どっちに転んでも、自分は死ぬ。
 その諦観が顔にも出ていたのか、男が言った。


「フェルベス兵の声を聞いた途端、目付きが弱々しくなったな。逃げる算段が崩れたか?」
「うるさいな、もう……そーですよ」


 ズバリ言い当てられ、海凪はふて腐れたように答えた。――ということは、最初からバレていたらしい。


「大方、私がそのはったりを信じて銃を引いた時に、通りに出て逃げるつもりだったんだろう。ついでに言うなら、その銃、銃弾はゼロだ。違うか?」
「なんだ……全部お見通しってわけですか。何でわかったんですか?」
「私が撃ったらどっかの急所に撃ち込むと言っている割に、構えが甘いからな」
「あぁ、確かに……それは盲点でした」


 本当にすべて最初からバレていたと知って、馬鹿らしくなった。海凪が溜息を吐きながら、カラの銃を下ろして聞いてみると、男も銃を下ろし、コートの内側にしまいながら答えてくれた。
 そして、もう抗う気もなく、そこに佇立している海凪に近付いてくる。――と思ったら、その横を通り過ぎた。


「……え?」
「見つけたぞ!!」


 わけがわからず、海凪が思わず男を振り返ると、通りの方から三人のフェルベス兵達が姿を現した。そして、海凪の少し前に立っている男に目を向け、問う。


「なんだ、貴様もバルディアの犬か!?」
「私は追行庇護バルジアーの者だ」


 と、男はコートのポケットから手帳を取り出し、三人に見せつけた。その手帳の表紙についている紋章を見て、三人が顔を見合わせる。


「そ、その手帳は……確かに」
「お前達は、この娘を追っていたのか?」
「そうです」
「なら、帰っていいぞ。コイツを追行庇護バルジアーに引き入れることにした」
「「「「へ!?」」」」


 三人の声と、海凪の声が綺麗にハモった。全然予想もしていなかった言葉に、海凪が男の背中を、目を見開いて見つめる。
 一方、軍の三人は、バラバラの反応を示した。一人は何処か納得した様子、一人はうろたえ、一人は悩み込んだ。


「いえ、しかし、私達は貴方の配下だというわけではありませんので、その指示は……」
「お前、追行庇護バルジアーのルール知らないのか?! しかも相手は幹部だぞ!」
「そ、それはそうだが……だが、将軍の命に反するぞ?」
「将軍が来ているのか?」


 三人の会話から聞き取れたその階級名に、男が初めて驚いたような様子になった。それから、それを利用して、さらに言う。


「なら、将軍に言っておけ。スパイの娘は追行庇護バルジアーに採用した。文句があるなら、警護組織リグガースト本部の私の執務室まで来い、と。まぁ、追行庇護バルジアーのルールを知っている以上、ないと思うが」
「は、はぁ……」
「とにかく下がれ」
「し、失礼します……」


 なんだか丸め込まれたような気がする三人は、軽く一礼して、男の目の前から立ち去った。フェルベス兵相手に、随分偉そうな態度だった男の背中を凝視していた海凪を、男が振り返る。


「ただのスパイ狩りに、将軍がわざわざ出向いてきているのか。お前達、よほどの強豪集団だな」
「……アナタ、何者ですか?追行庇護バルジアーって、軍の兵士に命令できちゃうほど権力あるんですか?っていうか、『追行庇護バルジアーに引き入れる』って、どーゆー意味ですかね?なんかもー、わけわかんないんですけど……」


 状況が目まぐるしく変わって、理解がついていけていない。さっき捕まると思ったのに、今、なぜだか見逃されている。と言うか追行庇護バルジアーに採用するなんて、いきなり話が飛びすぎだ。
 海凪がさっき感じた疑問を一挙にぶつけると、男はフッと笑って答えた。


「私は、フェルベス側の追行庇護バルジアー幹部だ。軍の一兵士に命令できる権力もある。軍で言うなら、中隊長くらいはあるな。と言っても、あくまでも軍属ではないからな、無茶苦茶な注文は通らないが」
「さっきの、無茶苦茶じゃないんですか?バルディアのスパイを捕まえるはずのアナタが、追行庇護バルジアーに採用するとかなんとかって……」
追行庇護バルジアーには、国籍は関係ない。実力がある者なら誰でも採用する。待遇はいいから、辞めたいと思う奴はほぼいない。他の国籍の者は、ある程度、単独行動は制約されるが。まぁ、追行庇護バルジアーに入ってくる他国の人間は、訳ありの連中ばかりだから、ほとんどその心配はないがな。国を追われたとか、行くところがないとか、そういう奴らの掃き溜めだ」


 ――なるほど。疑問が解け、ようやく落ち着いてきた海凪は、頭の中でそれらを軽く整理した。
 追行庇護バルジアーが、国家組織の割に、随分と型破りな組織であることはわかった。だが、しかし……、


「……別にアタシ、入りたいわけじゃないですし。勝手に採用なんて言われても」
「どうだかな。軍に見つかった以上、フェルベスでは自由に動き回れないだろう」
「………………」


 ――男の言う通りだ。ココで逃げ切ったとしても、軍に怯えながら隠れて生活するしかない。とても暗く、息苦しい毎日が待っている。
 それよりなら、その追行庇護バルジアーに入って、堂々と表舞台を歩けた方がいいんじゃないのか?
 追行庇護バルジアーに入れば、身分は保証される。その点では、もう軍には追いかけられる心配はない。


「……そうですねぇ……それも、アリかもしれないですね」


 海凪が初めて、迷ったような様子になった。腕組みをして、考え込む。

 将軍が出向いた犬狩りだ。母国バルディアの耳に届いていないはずがない。となると、バルディアには死んだものだと思われているだろう。――と言うことは、自分はバルディアから解放されたということになる。
 なら……、


「……アタシ、逃がした親友を探さなきゃなんないんですよね」
「なら好都合だな。追行庇護バルジアーは、仕事柄、フェルベス内はアチコチ行く」
「ははっ、なら問題ないですね。じゃ、お望み通り、入っちゃいましょう」
「そうか。なら突然だが、私の補佐官に任命する」


 とか男がサラリと言うもんだから、海凪は一瞬、ポカンとして。それから、盛大に噴き出した。


「ぷははっ!! アナタの言動、ほんっっと予測つかないですね!初めてですよ、アナタみたいな柔軟すぎる人!」
「褒め言葉だろうな?」
「褒めてます褒めてます!あ〜、面白い。いーですよ、アナタの補佐官だったら面白そうだし。謹んでお受けいたします」
「何処か謹んでるんだか」


 海凪が笑いながら、胸に手を当てて冗談っぽく言うと、男も釣られて小さく笑った。それからすっと右手を差し出し。


「国家組織警護組織リグガースト機動班・追行庇護バルジアーフェルベス幹部の鈴桜烙獅だ」
「うわ、長ったらしい肩書きですね〜」
「コレに『補佐』がつくから、お前の方が長くなるぞ?」
「あはは、そりゃいーですね!アタシは秦堂海凪です。よろしくお願いします、鈴桜さん」


 海凪も右手を出し、男――鈴桜と握手を交わした。勝気な青い視線と、冷静な緋の視線が交わる。互いの手が離れると、鈴桜がくるりと背を向けた。


「海凪か。早速だが、今夜から仕事だ」
「あはは!いきなりですか!そーですか! ……あれ、ところで、警護組織リグガーストの活動内容は大体知ってますけど、追行庇護バルジアーは何するんですか?」
「……仕事内容も知らずに加入したのか」
「……まぁ、アタシとしては、身分保証の方が最優先でしたしね〜」


 呆れた顔で振り返る鈴桜に、海凪は自分でも少し軽率だったと思い、苦笑いして頭を掻いた。






↑Top    Next→