→→ Oratorio 5


(……なんで……なんでっ……!)


 逃げる。逃げる。
 兵士達から。予感する恐怖から。


(……どうしてっ……こんなことになっちゃったの?)


 名前と性格が真逆の兄達。掴めない性格の親友。
 四人で、あの屋根の下で過ごした2年間。
 穏やかで、笑ってばかりだったような、幸せだった日々。

 ……何が……いけなかったの?


「えっ……」


 踏み出した時、唐突に、パシャっと水の音が跳ねた。何?と足元を見る頃には、くるぶしの辺りにひんやりとした感覚もした。
 まともに前も見ずに走ってきたからか、正面に川が流れていることに気付かなかったらしい。自分の足は、川の浅瀬の中にあった。
 六香は慌てて川から上がり、水を吸って重たくなったズボンを引きずって水辺に立ち尽くした。

 ――足が、動かない。
 力を入れようとしても、足の裏が地面に貼りついているように微動だにしない。
 まるで、水をかけられて消えてしまった炎のようだった。


(アタシの……せい……?)


 目の前に流れる川を見つめて、六香は不意に思った。
 突然わっと湧き出した涙が、溢れるようにこぼれてくる。力の抜けた膝が地面につき、そのままペタンと座り込んだ。

 アタシは、あのままでよかった。
 春霞兄と、冬芽兄と、海凪と。
 みんなで暮らせられれば、それでよかったのに。
 それなのに、それが壊されたのは、どうして?
 アタシ達が密偵だから?
 じゃあ、原因は、誰?何?
 ………………アタシだ。


(壊したのは、アタシ自身……?壊したかったのは、アタシ自身?! アタシのっ……責任!!)


 軽率な自分の行動が、最悪の事態を招いた。
 それに気付いた途端、ひどい自責の念に襲われた。崩れ落ちるようにしゃがみ込み、顔を覆って、肩を震わせながら、それでも泣き声を必死にこらえた。

 いつも傍にいた兄達と親友が、いない。
 慰めてくれる人が、いない。
 彼らがいないだけで、こんなにも孤独になる。

 涙が止まらない。
 悲哀。
 恐怖。
 悔恨。
 自責。
 ごちゃ混ぜな色の涙は、止まらない。



「―――――また泣いてるの?」



 自分の嗚咽だけが響く世界に響いた、自分以外の声。
 ……ふと、頭を掠めた懐かしさ。無意識に、動きが止まっていた。

 顔を覆っていた濡れた手のひらを除けて、ゆっくり顔を上げると。
 そこに、あの日とまったく変わらない、綺麗な笑顔があった。


 ……………………





  ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪





(……ホントは)


 最初から、わかっていた。
 自分が、「戦力外」だってことを。頭数に入れられていないってことを。
 バルディアが、自分を密偵として数えなかったように。
 今、呆気なく楸に不利にされているように。


(まだ、何処かで……生きてるんじゃないかって)


 そう思う自分は、まだ甘えん坊なんだと自覚している。
 春霞や冬芽、海凪に頼りすぎていたんだって、別れた後に気付いた。


 だから、決めたのだ。


 それらと決別するために。川辺で再会した、2年前の笑顔の主についていくと。
 その時は、ただ自分が昔と決別したいがために、少し困ったふうだった彼に、半ば強制的についていった。

 しかし、今は――変わりたい。
 過去とは、決別しなくてもいい。むしろ、大切にしなければと思う。あの幸せな日々を、あの日の過ちを。
 その代わり、弱虫で甘えん坊な、こんな自分を、変えたい。

 戦力外?それがどうした。
 夕鷹も言った。何かできるとか、できないとか、そんなのどうでもいい。
 アタシは――、


(アタシは……アタシにできることをしたいっ……!!)


 アタシにできるかできないかなんて、やってみなきゃわからない。
 今だって、楸の足止めができるかなんて、やってみなきゃわからない。
 いや――やってみせる。

 銃を握る垂れ下がっていた右手をぎゅっと握り、六香は、首筋の銀の光を認知しておきながら、ばっと迷わず身を引いた。


「!?」
(何だ!?)


 身を引くのと並行して、両手の銃をガシャと構える六香。突然冴えた彼女の動きに楸は動揺しながらも、剣を持ち直してからでは間に合わないと察する。剣先を下ろし前に大きく踏み込んで、自分に照準を合わせようとする右の銃を、下から手を振り上げて弾き上げた。
 上げられるとほぼ同時に、鳴り響く銃声。真上に上がった銃は天井を、残った左手の銃は楸の二の腕を掠めた。楸が小さく表情をしかめたと思った瞬間。


「あうっ!」


 楸の大きな手が六香の細い首を捕らえ、その勢いのまま壁に強く押しつけた。喉が一瞬狭まって、六香は苦しそうに咳をしてから、キッと近距離の楸を睨みつける。


「………………」


 手のひらを通じて、掴んだ首から確かな脈が感じ取れた。自分が手に力を入れれば、確実に六香は死ぬ。
 ――だが、この状況下。力を入れた次の瞬間、死ぬのは自分の方だった。

 首を掴んだ瞬間から、自分の頭の横に突きつけられている、六香の左手に握られた銃。これが発砲されるのと、自分が力を加えるのとでは、恐らく前者の方が早い。
 してやったりというふうな、六香の表情。――六香は最初から、この状況を想定していた。


「これで……アタシの勝ち。……言っとくけど、今度は、撃つわよ……」
「殺せるってのか?てめぇに」
「……後悔は、するかもね……でも今は……早くアンタを倒して、夕鷹のトコに、行かなきゃって……それだけしか、考えて、ないから……」


 肩を上下させながら、六香は何処となく青白い顔で小さく笑った。

 さっきの行動は、賭けにも等しかった。死ぬ可能性、予測が外れる可能性。どちらも、その可能性は否めなかった。
 しかし、その可能性をかわし、やり遂げた今、六香の心の中には静かな達成感が広がっていた。


(……ムカつく)


 ――なぜだか、物凄く、不快だった。
 自分が守りたいと思ったものを、自分のやり方で守ることができた時の、初めて見るその表情。

 守りたいものなんて、何もない。あえて言うなら、自分自身。
 守りたい他者がいる六香。守りたい他者がいない自分。
 だからだろうか?
 今、六香を感情的に嫌うと同時に、憧憬を覚えている自分がいる。

 それに気付いて、自分に呆れかけた時だった。



 ずん、



「「……っ!?!」」


 巨大な何かが全身にのしかかったような、常軌を逸した威圧感。


「な、なに……!?」


 体が重い。腕を上げているのも苦痛になるほどの、その圧倒的な張り詰めた空間の中、六香は冷や汗を浮かべ絞り出すように声を上げた。
 それは楸も同じだったようだ。彼もまた驚いた顔をして、とっさに周囲に気を張り巡らせていた。


「何が起きてやがる……?! おいてめぇ、仲間とか変な能力持ってんじゃねーのか!?」
「し、知らないわよっ!アタシも初めて……、……っ?」


 施設全体を覆っている空間が、おかしい。ガクンと首を揺さ振って問い詰めてくる楸に、六香はとっさにそう返しかけて。――ふと、フィスセリア島のことを思い出した。
 まとっている空気が、別人のように豹変した


(ま……まさか……っ)


「チッ、使えねぇな!コッチか!?」


 楸は、放り投げるように手荒く六香の首から手を離すと、そう言い捨てて威圧感が濃い方へと、黒いコートを翻して走っていった。
 六香は壁に背中を打ちつけて、少し息を詰まらせた後、深呼吸をしてから言った。


「使えないのはアンタもよ……」


 呆れたように呟いてから。六香も、胸の内に溢れる焦燥に押されるように、楸の曲がった角へと駆け出した。





  ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪ * ♭ * ♪





「……っ」


 紫電に揺さ振られ、六香をかばった時の傷が痛んだ。
 右だけほのかに光らせた金瞳をつらそうに細めて肩を押さえ、夕鷹は片膝をついていた。その視線の先では、紫電が火花を放ちながら舞っている。


「わかんないなぁ……何で戻ってきたの?死にに来たようなモンだよ?」


 プロテルシア内の、施設全体を司る動力制御室。その中央に立つ、紫電を操る青年――玲哉。

 六香と別れた後、来た道を戻っていくと、雷のエネルギーを蓄積して施設全体に供給する、この動力制御室の前に玲哉がいるのが見えた。向こうもコチラに気付いたらしく、驚いた顔をしながら部屋の中へ消えた。だが、追ってくるとは思っていなかったようだ。


「大体、俺の前を素通りしたって気にしないよ?君を殺しちゃったら、後々困るから。なのに、何であえて向かってくるの?」
「……気を、そらすため……かな。……俺さえ生きてれば……六香と……梨音は、いらないんだろ……」
「へぇ……俺、君に何も言ってないのに、俺がしようとしてること、わかってるんだ?」
「大体ね……」


 そう答えながら、夕鷹は玲哉の底知れない強さに焦っていた。


(『片方全開、、、、』で、ようやく並んだ感じだ……でもこのままじゃ、俺の方がやばい……)


 今の衰弱した夕鷹を、玲哉はきっと造作もなく殺せる。それなのに今、自分が生きているのは、ほとんど彼の慈悲だ。


「あんたが……椅遊に、あんなに執着するのは……魔王のせいだろ?魔王じゃないと、いけない理由は……あれくらい大きな力が、必要だから。……魔王の、力は……まだまだ、あんなモンじゃないからな……」
「よくわかってるね。そういうこと」
「くだらないなっ……!!」


 そう吐き捨てるなり、夕鷹は悲鳴を上げる体に逆らって、床を蹴って弾けるように玲哉に跳んだ。普段より何倍も速いそのスピードで迫る夕鷹を、玲哉は冷めた目で見つめて、顔の位置で振られた足を一歩引いて避ける。
 目の前を靴底が通り過ぎ、その足が床についてすぐ続けざまに、もう片方の足が流れるような連携で回し蹴りを放ってくる。バックステップしてそれをかわした玲哉は、さらにダッシュをかけようとしていた夕鷹を一瞥し、紫電を放った。うねりながら近付いてくる紫の軌跡に、夕鷹はとっさに身を逸らす。


「うっ……!?」


 傷の上で、紫電がスパークした。
 かすかに避け切れなかったらしく、体の末端から体の上を這って全身を駆け巡った紫電。視界がチカチカして、夕鷹は目を覆い、ぐらりとふらついた。


「あ、イイモノ発見」


 色を取り戻してきた目で玲哉を見た時、彼は、自分の近くにあった机の上から、何か黒いものを手に取っていた。コチラを見ている夕鷹に向かって、彼はそれの中身を確認してから、夕鷹にそれを向けた。
 チャ、と構えられたのは、一丁の拳銃。バチッと音が弾け、その上さえも紫電が這う。


「何て言うか、君とは馬が合わないね。同じ金眼者バルシーラだから、生かしておいてあげようかなって思ってたけど……予定変更。死んじゃえよ」


 その顔から、すっぽり微笑みが抜け落ちた。構えた銃口を紫電がとりまく。


「俺の力って、つくづく便利だよね。この銃、弾丸ゼロなんだ」
「……?」


 そんなものを構えているのかと、夕鷹が訝しげに見つめる前で。玲哉は、まっすぐ夕鷹に向けていた銃口の高度を45度上げ、トリガーを引いた。
 そして響いたのは、カチ、という虚しい音ではなかった。

 バチィッ!!と銃口から放たれた雷弾。弾丸と同じ程度の大きさのそれは、夕鷹の頭上の天井を穿った――と思いきや、そこを中心に、紫電が大きな半円を描き。そして、まるで隕石が落ちたかのように、それは広範囲を破壊した。
 予想外の威力だった。コンクリートと鉄でできた天井に、大きな亀裂が走る。


「っ……!?」


 潰される。そう思った夕鷹が床を蹴ったその直後。

 ガシャーン!!とガラスの音が響いて、すぐ横から、玲哉の紫電とはまた違った強烈な雷撃を浴びた。声にならない悲鳴を上げながら、そういえば自分の横に雷エネルギーを貯蔵した大きなガラス管があったことを思い出す。玲哉がそれを銃で壊したようだ。


「かはっ……」


 ガクンと座り込んだ夕鷹を、ガラガラと上から降ってきたガレキが取り囲む。
 走る力もない。足掻く気力もない。
 やばい――このままじゃ、ホントに死ぬ。










 ……椅遊を。
 椅遊を、助けなきゃいけないのに。
 玲哉を、止めなきゃいけないのに……
 俺じゃないとできないこと……見つけたのに……

 もう……じゃ無理だ。
 じゃ……










 ガレキに埋もれていく夕鷹の姿。そして、一際大きなガレキが夕鷹の頭上から落ちてきた。

 夕鷹は――動かない。

 まるで魂が抜けたかのような彼の真上に、そのガレキは無慈悲に落下した。それでも止まらないガレキの雨。大量の埃が舞い、そこにガレキの山ができあがってから、崩落はようやく沈黙した。


「……殺しちゃったかな」


 ガレキが降り終わっても、起き上がってくるかと思って銃を構えたままだった玲哉は、その言葉とともに銃を下ろし、それを脇に放り捨てた。


「ま、采がいるから、まだ大丈夫か」


 ココに来たのは、施設全体の雷エネルギーを供給するためだったのだが、貯蔵するガラス管を壊してしまったので、もう蓄積はできない。元々捨てる予定のところだったし、と玲哉はガレキの横を通りすぎた。




















―――――  開放ひらけ  ―――――




















 内なる声。





          開け。望むままに。願うままに。



               解き放て。その『瞳』を。



  その奥に鎮座する、哀れな夢幻そんざい



証を―――――










   開眼ひらけ






←Back   ↑Top   Next→